ラブソングは君と,  第2章

急接近④

Pocket

急接近④

 

「奈緒ちゃんって誰?」

ニノが潤君の話を聞いて、直ぐに俺に質問してきた。

「えっ・・・」

「大野さんの彼女だよ。」

「ちょっと、潤君、やめてよ。」

「へえ。あなたって彼女は居るんだ?」

「違う、違う。奈緒ちゃんってのは、うちのアシスタント。従業員さんだよ。」

「確定だな。」

潤君が、そう訳の分からないことを言ってクスクスと笑った。

「はぁ?」

「ううん、気にしないで。俺の独り言だから。」

そんなデカい声で独り言言うヤツが何処にいるんだよ?まったく・・・

「ニノごめん。今のは俺のジョークね。奈緒さんは本当にただのアシスタントさんなんだ。大野さんは完全にフリーだと思うよ。」

「だから、そういう余計な事言わないでいいよ。」

「松本さんは大野さんのお友達ですか?」

「いや、俺は大野さんとは仕事上の知り合い。」

「大野さんってどんな仕事してるの?」

「え?それも知らないの?」

「おいらとニノはまだ逢って3度目だもん。」

「へえ・・・。ここの常連客同士の知り合いだと思ってた。」

「おいらはイラストレーターの仕事してるんだ。潤君はファッション雑誌編集部の人。」

「へえ。だからオシャレなんだ。」

「本当だよな。潤君、自分でモデルも出来るんじゃない?」

「よく言われるけど、俺は裏方の仕事の方が好きだから。」

「言うことまでオシャレだな。」

「ニノは?何の仕事してるの?あ、シンガーソングライターだっけ?」

「でも、デビューしてないから、今はただのユーチューバーかな。」

「ユーチューバー?」

「おっ、凄いね。良かったらアカウント教えてよ。」

「あ、うん。たいしたことはないけどね。」

「ねえ、ユーチューバーってアレだろ?動画で色々やるやつ。」

「ハハッ、大野さんも流石にYouTubeは知ってるんだ。」

「それくらい知ってるよ。あ、潤君って、マスコミに顔利くよね?なんとか力になってあげれない?」

「えっ?ファッションモデルならあっせん可能だけど・・・ニノって幾つなの?」

「俺、29歳。」

「ええ?俺とタメ?もっと若いと思った。」

「マジか。おいらも22,3かと思ってた。」

「そんなに若くないですよ。」

「いやぁ、デビューするにはちょっと遅咲きすぎるかな。」

「でも、見た目は若いからなんとかなりそうな気はするけど、無理なのか?」

「モデルならピンキリだから、それだけ見た目が若けりゃ行けそうな気がするけどな。彼、可愛いし。大野さん、タイプでしょ?」

「えええっ?だから、タイプってニノが勘違いするじゃんか。」

「まあ、モデルから芸能界入るヤツも沢山居るし、本気でやる気あるなら口利いてあげてもいいよ。」

「マジか?ニノ、お願いしてみたら?」

「えっ?モデルとか俺出来ないよ。」

「何もファッションショーに出るようなモデルでなくても良いんだからさ。今は読者モデルってのも沢山居るしね。」

「うーん、でも・・・」

「やってみるべきだよ。でないと、この前みたいなオッサンにまた騙されちゃうよ。」

「騙されたの?」

「世の中悪い奴等ばっかだからな。潤君は間違いなく裏切らないから。」

「あ、うん。良かったら名刺あげとくから、その気になったら連絡くれていいよ。グラビア担当に直ぐに話してあげられるから。」

ニノは潤君から名刺を受け取って、それをシッカリと確認してた。

「ホント、凄いね。大きな出版社なんだ・・・でも、どうして初対面の俺にそこまでしてくれるの?」

「あ、そりゃあ、君の信用うんぬんより、俺は大野さんって人に厚い信頼を寄せてるからね。仕事でも散々お世話になってるし。」

「そ、そうなんだ。あなたも何か凄い人なんだね?」

「ええっ?もぉ、潤君の言い方が大袈裟だから、ニノが引いてるじゃんよ。」

「大袈裟なもんですか。俺はあなたとはフリーになる前からの付き合いだからね。大野さんにはとにかく幸せになって貰いたい。それだけですよ。」

「ゴメンね、ニノ。潤君ちょっと酔っ払ってるの。いつもはこんなこと言わないんだけどね。軽く流して聞いといて。」

「あ、酒は飲んでるけど、俺そこまで酔ってはいないからね。そのモデルの話はちゃんと覚えてるから。」

「う、うん。ありがとう。」

「あっ、大野さん、俺そろそろ帰ります。」

「ええ?今来たばっかりじゃん。」

「あなたは明日から4連休だろうけど、俺は明日も仕事なんで。」

「そうかぁ。それじゃ引き留められないね。」

「邪魔者は消えますからお二人はどうぞごゆっくり。」

意味深にニヤリと笑う潤君。

「邪魔者?」

「いいの、いいの。潤君の言う事は聞き流して。」

「それじゃ、お先に。ニノ、連絡待ってるから。またね・・・」

「あ、なんかすみませんでした。」

潤君が店を出て行った後、店内は俺とニノの二人っきりになった。

「・・・それじゃ、俺もそろそろ帰ろうかなぁ。」

「え?もう帰っちゃうの?」

「だって、俺スマホを取りに来ただけだし・・・」

「いいじゃん、おいら明日から休みなんだ。奢るからもうちょっと付き合ってよ。」

「い、いいけど・・・」

どうして引き留めたかっていうと、ニノはマスターに俺の事を根堀り葉堀り聞いていたというから、それがどうしてなのかがずっと気になってた。

 

 

つづく

Follow me!

蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。