ラブソングは君と,  第3章

争奪戦④

Pocket

争奪戦④

 

それから車でおよそ1時間半近く掛けて、俺とニノは箱根の温泉街に来ていた。この辺りの土地勘があるのか、ニノはカーナビも使わずに目的地に向かってる。

「地図、見ないでも分かるんだ?この辺良く来るの?」

「えっ?・・・気になります?」

俺が質問するとすぐこれだよ。

「気になる。」

「えっ、ホントに?俺に興味持ってくれた?」

「うん。凄い興味ある。」

お互い面と向かってないからそういうことが言える。でも、ちゃんと答えようとしないから、本当に気になるんだよ。

「待ってね。後でゆっくり教えてあげるから。あ、もう直ぐ着きますよ。ほら、あそこが今夜俺達が泊る旅館です。」

「へえ・・・。なんか豪華だなぁ。」

「箱根では結構人気の旅館なんですよ。」

車は旅館の敷地内へと到着し、広々とした駐車場に車を停めて玄関へと向かった。

ニノはさっさとロビーに向かい、フロントでチェックインを済ませて部屋の鍵を受け取った。

「こっちです。」

「えっ?あ、うん・・・」

ニノは間違いなくここの旅館は初めてでないとみた。それは、あまりにも慣れた感じで迷う事なく俺の先を歩いてく。

「ね、ここ幾らすんの?めちゃくちゃ高級感有るけど・・・」

「一人1泊28000円くらいかな。二人で6万円弱ってとこ。」

「ちょっとお高くないか?」

「お金の事心配してるの?」

「だ、だって・・・」

「心配しないでいいよ。ここは俺が持ちますから。」

「え?いや、べつにそういう意味で言ってるんじゃないんだ。」

「それじゃどういう意味ですか?」

男二人で温泉旅行に普通そこまで高い旅館とか泊るかな?こんな風に考えるのもあれだけどニノのアパートもどう見たって高級思考だとは思えなかったけど。

「あ、お部屋はここだよ。」

ニノは何食わぬ顔で部屋の鍵を開けた。

マジか・・・俺らみたいな野郎二人で泊るような部屋じゃないぞ。って思うくらい立派な部屋だ。そりゃ1泊28000円のことだけあるわ。窓から見える景色が絶景で、紅葉してる木々が見事にその部屋を演出してる。和室の部屋に靴を脱いで上がると、ニノがいきなり畳の上に寝転んで背伸びをした。

「うーーん、疲れたよぉ。」

「ずっと運転してたもんな。」

「俺あんまり腰が丈夫じゃないの。」

「大丈夫か?」

「ちょっと休憩すれば平気だと思う。」

「電車使えば良かったな。」

「ううん。ホント大丈夫だよ暫くこうしてれば・・・」

そう言って、そのまま左腕で目元を覆うようにして仰向けで寝転んでた。

トントンッ・・・

「失礼します。」

突然仲居さんが現れた。

「ようこそ、いらっしゃいませ。」

「こんにちは。お世話になります。」

「ああっ、和也坊ちゃま!」

「え?あ、雪乃さん。何でここに?」

ニノが慌てて飛び起きた。

「ぼ、坊ちゃま?」

「マジかよ?雪乃さん本館じゃなかったの?」

「先月からこちらの別館に移動になったんですよ。それより、女将さんはご存知なんですか?」

「母さんはまさかこっちじゃないよね?」

「女将さんは本館にいらっしゃいますけど。お坊ちゃん、女将さんがどれだけ心配なさってたか。」

「いいから、母さんにはここに俺が来てる事、絶対内緒だからね。」

「ニノの母ちゃん、死んだんじゃなかったの?」

「えええっ?ちょっと、お坊ちゃん。」

「もう、雪乃さんは出てってよ。話がややこしくなるから!」

「お、お食事はどうなさいます?」

「18時に運んでよ。ねえ、絶対母さんには言わないでよ。言ったら雪乃さんの事一生恨んでやるから。」

「わ、分かってますよ。それじゃ18時に。あ、お連れの方はお友達でいらっしゃいますか?」

「いいからほっといてよ!」

「それじゃあ、ごゆっくり。」

雪乃という仲居さんは、まだ何か言いたそうな顔で部屋を出て行った。というか、ニノが完全に追い出したんだけど。

「ニノ?」

「な、何?」

「俺に嘘付いたね?」

「はっ?何のことでしょう?」

「ご両親って早くに他界したとか言ってなかったっけ?」

「え、ええっ?誰がそんなこと?」

どうやら、ニノはこの旅館の本館の方の女将の息子らしい。どうりで旅館の事詳しいはずだ。料金だって身内だから安く泊まれるんだろう。だけど、何やら深い訳ありのようだ。俺は益々ニノの素性が気になって仕方ない。でも多分色々聞いても素直に話してくれるとは思えない。ここは触れずにそっとしておいてやるか。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

Follow me!

蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。