ラブソングは君と,  第3章

争奪戦14

Pocket

争奪戦14

 

カタカタ・・・カタカタカタ・・・

その後、俺と奈緒ちゃんは仕事場でいつも通り仕事を始めた。奈緒ちゃんのキーボード叩く音だけが部屋に響いてて、奈緒ちゃんは口を一文字に結んで何も喋らない。

「な、奈緒ちゃん?」

「何でしょうか?」

「えっ・・・あ、やっぱいいや。」

「二宮さんの事ですか?」

「あ、う、うん。」

「先生、私お相手の方が女性だとしたら、潔く諦めるかもしれません。だけど、あの人男性ですよ?どう考えても可笑しいですよね。」

「お、おかしいかな?」

「おかしいに決まってるじゃないですか。どんな事情が有るのかは知りませんけど、私、あの人に負けたなんて絶対に認めたくありません。」

「おいら、好きな人が居るってことは話したよね?」

「それがあの人だっていうんですか?」

「そ、そうだけど。」

「そんな作り話に私が引っ掛かるとでも?いい加減にして下さい。」

「ねえ、頼むよ。奈緒ちゃんもニノと仲良くやってよ。」

「お断りします。」

「奈緒ちゃん・・・」

「そうだ。お洗濯しなきゃ。」

「奈緒ちゃん、そういうの、ホント大丈夫だから。」

「えっ?」

「もう、全部ニノがやってくれるんだ。だから奈緒ちゃんは仕事に集中して。」

「そ、そんな。いいえ、私頂いたお仕事はちゃんと期限前に済ませてますからご心配なく。」

「な、奈緒ちゃん・・・」

奈緒ちゃんは、俺が止めるのも聞かずに再び自宅の扉を開けて入って行った。

 

 

「何?今仕事中でしょ?」

「あなたこそ何?」

「何って、見れば分かるでしょ?洗濯物干してるんだけど。」

「どいて。あたしがやるから。」

「は?いいよ。俺がやるんだから。」

「これは私の仕事みたいなものなの。勝手な事しないで!」

「ちょっと、いい加減にしろよ。あんた、何を人のプライベートにまで首突っ込んでるんだよ?そんなこと智に頼まれたわけでもないだろ?」

「あなたには関係ありません。」

「有るよ。だって俺は智の恋人だもの。」

「だから、何が目的で先生に近付いたの?」

「はぁ?」

「いいからどいて。私がやります。」

「やだ。どかない。あんたは仕事に戻りなよ。」

「どいてってば。」

ベランダで揉めてる二人を見つけて俺は慌てて間に割って入った。

「ちょっと、何やってんの?喧嘩とかやめてって!」

「だってこの人が勝手にあーだこーだ言って、俺に突っ掛かって来るんだ」

「お洗濯は私の仕事です。」

「奈緒ちゃん、洗濯も家事もおいら最初からお願いした覚えないよね?」

「ほら、やっぱそうじゃん。何勝手な事ばっか言ってんだよ。さっさと仕事に戻ればっ。」

「うううっ・・・酷い!」

奈緒ちゃんが突然泣き出してしまった。

「に、ニノもいい加減にしてくれ。」

「はぁ?あなたどっちの味方なの?」

「敵とか味方とかじゃないよ。どうして仲良く出来ないの?」

「はあ??」

「ゴメンね、奈緒ちゃん、何も泣かせようと思って言った訳じゃないんだ。でも、ここはニノに任せて仕事に戻ってくれるかな?」

奈緒ちゃんはようやく納得してくれて、仕事部屋に戻って行った。

「呆れた・・・」

「えっ?」

「呆れて開いた口が塞がりませんよ。」

「な、何で?」

「二兎を追うものは一兎をも得ずってことわざ知ってます?」

「な、何それ?」

「あなた、一体何がしたいんですか?」

「何がって・・・」

「あの子と公私キチンと別けたいんじゃないのかよ?」

「そ、そうだけど。」

「だったら、さっさと新しい人採用して、あの子をクビにしなよ。」

「く、クビって・・・」

「何で俺があの子と仲良くしなきゃならないんだよ?意味が分かんない。」

「と、とにかく奈緒ちゃんには自宅へ入らないように忠告しておくから。」

「当然です。言っておくけど、あなたがそんなんじゃ、あの子何時まで経っても何も変わらないと思うよ。優しくすればするほど勘違いされるんだ。」

「わ、分かってるよ。」

奈緒ちゃんは泣いちゃうし、ニノは凄い怒ってるし・・・こういうのを板挟みとでもいうのだろうか?

ニノの言う事も分からなくもないけど、俺は喧嘩や揉め事が苦手なだけなんだ。

だけど、新しい人材は確かに必要だ。俺はその後すぐに人材センターに電話をして、従業員の募集の手配をした。

 

 

つづく

 

Follow me!

蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。