君への想いを,  新生活,  第10章

第10章 新生活①

第10章

新生活①

 

 

和 『もうさ・・・ちょっと回数減らさない?』

俺の下でニノが半笑いでそう言った。

智 『何でさ?』

和 『だって、幾らなんでも飽きちゃうと思うけど』

智 『えっ?お前、もう飽きたの?』

俺はニノの思いもかけないその言葉に
身体を離して思わずそう聞いてみた。

和 『いや、誰もそうは言ってないよ。』

智 『じゃあ、何で突然そういう事言うんだよ?』

和 『だって考えてもみてよ。
急に俺があなたから今みたいに
求められなくなったらさ、
あれっ?飽きちゃったのかな?って
そう思わなくもないわけじゃん(笑)
それってプレッシャーにならないの?』

智 『全然ならないね』

和 『真面目に考えてから答えろやっ(笑)』

智 『ならないもんはならないからそう答えるしかないじゃん。』

和 『駄目だね(笑)話になんないよ。』

智 『本当はお前が飽きてきてんじゃないの?』

和 『今はそうじゃないにしても、ゆくゆくはわかんないですよ(笑)』

智 『えええーっ?』

和 『あはははっ。はいっ、もうこの話終わりぃ・・・』

だいたい、なんでそんな事言うんだよ。
もしかしてマジでもう飽きちゃってんじゃないの?
やり方変えっかな?
・・・って他にどんなやり方あんだよ?

道具か?体位か?
何なんだよ・・・モヤモヤするじゃん。

智 『教えろよっ』

和 『もう、何?』

智 『何が気に入らないからそんな事言うんだよ?』

和 『だからもうその話は終わりだってば(笑)』

智 『じゃあ、回数減らすとか言うなよ・・・』

和 『俺はあなたの為を思って言ったのに。
俺の優しさだって事がどうして分かんないんだろうね。』

智 『おいらの為なら、もっとしたいって言えよ。』

和 『なんだよ、それ(笑)めっちゃ上からだね。』

智 『それが本当の優しさだ。』

和 『ん、じゃあ・・・してっ・・・さとしっ(笑)』

ふざけてる。
だけど、言われなくても俺はする・・・

可愛くて色っぽくて
常に俺を煽るような仕草をするくせに。
俺がそんなニノの事飽きるなんて事はまず無いよ。

俺はふざけて笑い転げてるニノに
身体を多い被せて
たっぷり濃厚なキスを繰り返した。

ニノだって俺とのキスだけで感じちゃって
直ぐに容を変えるくせに・・・。
飽きるなんて当分そんな心配はないだろ。

智 『ニノはどうしてあげたら俺に飽きない?』

ニノの首筋に舌を這わせながら
そう聞くと

和 『んふっ・・ハァ・・・あのね・・・』

智 『うん・・・どうして欲しいの?』

和 『やっぱ怒るから・・・言わないっ・・・ンァッ』

智 『え?おいらが怒るようなこと?』

俺はそう言いながら手を休めることなく
ニノのズボンのベルトを緩めに掛かる。
ニノもそれを脱がせ易いように自ら腰を浮かせた。

和 『んっ・・・たぶん・・・』

そう言いながら笑いを必死で噛み殺してる。

智 『何だよ?気になるから言えよ。』

和 『フフフッ、あのね・・・俺が満足しなかったら・・・ね・・・』

智 『うん・・・満足しなかったら?』

和 『俺の・・・貯金箱に・・・お金入れるの(笑)』

智 『はあ?』

和 『ほらぁ・・・怒るでしょ(笑)』

智 『なんだそれ?でも、満足しなかったら・・・だろう?』

和 『そう・・・』

智 『だったら満足させればいいだけのことじゃん?』

俺はそう言いながらとっくに張り詰めちゃった
ニノのそれに直接触れた。

和 『んっ・・・んあぁ・・』

智 『んふっ。もう、十分過ぎるくらい満足しちゃってるじゃん。』

和 『ンッ・・・ずるぃっ・・・』

智 『おいらの勝ちだな。』

本当は風呂を先に済ませてからって思ってたけど
こうなると、もう俺も我慢出来るはずもなく
新居へ引越して、初のエッチごとを無事に済ませた。

智 『ハァハァハァッ・・・酸欠するっ・・・』

和 『ハァハァ・・・んもう・・どんだけ張り切ってるの?(笑)』

智 『だって罰金制とか・・・いうから・・・』

和 『真に受けたの?冗談に決まってるでしょ。』

智 『だけど・・・満足出来ただろう?』

和 『ぜーんぜん(笑)』

智 『マジか・・・(笑)』

和 『さっ、風呂入って寝よう。もう疲れた・・・』

智 『全然とか、疲れたとか、どっちなんだか意味わかんねえわ。』

俺達は一緒に風呂に入り
俺もさすがに今日は引越しで疲れちゃってたから
その日はそのまま結局大人しく何もせず
ただ何時もの様に
ぴったりと身体を寄り添って
お互いの温もりを感じながら
あっという間に幸せな夢の世界へと堕ちていった。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。