君への想いを,  新生活,  第10章

新生活④

第10章

新生活④

 

 

松潤のヤツ・・・。
遂に仕掛けてきやがったな。
仕事を利用するなんて汚すぎるだろ。

絶対俺のニノと二人で旅行なんて行かせない。
ニノは俺だけのもんだ。
他の誰にも指1本たりとも触れさせやしない。

和 『ンハッ・・・ハッ・・ンンッ・・・』

智 『ンンッ・・・かずっ・・・ンッ・・・』

和 『ちょっと・・・待ってって・・・ハァ・・ハァ・・・』

俺はキスをやめない。
だけど、ニノが俺の下で必死に抵抗してもがいてる。
何で?いつも抵抗なんてしないじゃん。

俺はニノの唇を解放して
ニノの顔を見下ろすと
不満そうな顔をして俺を睨んでる。

智 『な・・・何だよっ』

和 『ちゃんと話聞いてってば!』

智 『話なんか聞かない・・・』

またそう言って唇を近付ける。
そしたらニノが両手で俺の顔を捕まえて
力一杯それを阻止したから、
俺はもの凄い不細工な顔になったのか
ニノがそんな俺を見て大笑いし出す。
なんか凄くシラケてしまい俺はニノから
身体を離して、ソファーにキチンと座りなおした。

和 『なぁ、聞いてよ・・・』

智 『やだっ』

和 『いい大人が駄々捏ねてるんじゃないよ。』

智 『松潤はわざとニノを指名したんだぞ。』

和 『そうでしょうね(笑)』

智 『そうでしょうねって・・・』

和 『だから、Jは俺とあなたの関係、もう分かってるんでしょ。』

智 『勘付いてるよ。』

和 『だから、あなたのことおちょくってるだけですよ(笑)』

智 『なんでそんな事しなきゃなんねえんだよ?』

和 『ハッキリ聞けないから、逆に面白がってるだけだよ。』

智 『だからって旅番組をわざわざお前と行くか?』

和 『あなたがそうやってヤキモチ妬くのも想定内なんですよ。』

智 『お前は平気なの?違う男と旅行だなんて・・・』

和 『その言い方やめろよ(笑)』

智 『浮気じゃねえかっ』

和 『はぁ?メンバーと二人で仕事する事が浮気なの?』

智 『旅行だし・・・』

和 『仕事じゃん』

智 『やだっ』

和 『じゃあ、聞くけど、あなたも今後メンバーと二人でロケとか
行った場合は浮気なわけね?』

智 『おいらは違う。絶対浮気なんてしない。』

和 『それなら俺も一緒だよ』

智 『やだっ。松潤は信用出来ないっ』

和 『何だよっ。もう俺、了解しちゃったんだから、そんなに言うなら
あなたがなんとかして撤回でも何でもすれば?』

智 『ニノぉ・・・』

和 『知らないっ。もうリーダーとは話になんないっ』

智 『だって心配じゃん・・・』

和 『俺の事信用出来ないんだろ?』

智 『うっ・・・』

和 『ほらねっ。』

何でかな?
好きで好きで仕方ないのに
信用してるのか?と聞かれたら答えられない。

それは・・・多分・・・
俺が自分に自信が無いからなんだ。
こんなに一緒に居ても
俺の事本当に好きなんだろうか?って
いつも不安で仕方ないんだ。

そういえば
一度も聞いたこと無いんだよな。
どうして俺の事好きなのか?

智 『あのさ・・・』

和 『俺、風呂入るね・・・』

智 『おいらも・・・』

和 『いい。今夜は一人で入る・・・』

怒らせちゃった・・・。
こんなつまんないことで
俺たち喧嘩なんかしてて大丈夫なのか?
まだ、新生活はスタートしたばかりなのに。

やっぱり、ここは俺が折れるしかないのかな。
松潤は俺をからかってるだけなのか?
それが本当なら安心して送り出せるのか?
そういう問題じゃないような気もするけど。

俺は一人寂しくリビングに取り残され
暫くその事を冷静に考えてた。

和 『お先しました。リーダーも入って来なよ』

智 『うん・・・』

ニノは俺の目を見ようとしない。
まだ怒ってる?

はぁ・・・何なんだよ?くそっ・・・

俺は風呂に入ってもずっとその事を考えた。
一人で入ってもつまんねえな・・・。

せっかく何時もより早く帰って来たっていうのに。
なんでこんな目に遭わなきゃなんねえの?

風呂から出ると
ニノの姿が見当たらない。
多分寝室に先に上がっちまったんだな。

俺は冷蔵庫からビールを取り出し二階へ上がった。

部屋は既に真っ暗。
ニノはベッドに潜り込んでる。

智 『ねえ・・・まだ怒ってるの?』

和 『・・・・』

智 『ニノってば・・・一緒に飲もうよ』

和 『・・・・』

マジか・・・。

ハァッ・・・て俺は大きく溜息付いた。

智 『もう分かったよ。謝るよ。俺が悪かったから許してよ』

和 『・・・・』

智 『おいらさ、お前の事マジで好きだから心配なんだよ。
頼むからそれは分かってよ。お前の事誰にも取られたくないんだ。』

和 『本当に?』

ようやく布団からチラッと顔を出した。
俺は立て篭もり強盗を説得してる刑事か?
やれやれ・・・
俺はそのまま布団に潜り込んで
ニノの身体を抱き寄せた。

ニノも俺の身体に抱き付いてギューと力を込めた。
俺の方から謝るの待ってたな?
全く持って知能犯め!

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。