初めての危機,  君への想いを,  第11章

第11章 初めての危機①

第11章

初めての危機①

 

そして数日が過ぎ
俺達の新生活にもだいぶ慣れて来た頃
二人にちょっとした事件が起きた。

和 『今日、ちょっと遅くなるかもぉ』

智 『飯は一緒には無理だな。ロケって何処なの?』

和 『金沢だって』

智 『気をつけろよ』

和 『大丈夫だってば。俺の事信じてるんでしょ?』

智 『泊まりでなかっただけ安心だよ』

和 『泊まりなわけないでしょ(笑)
それじゃ、行ってくるね。』

智 『待って、ニノ』

マネージャーを待たせてるから
バタバタと慌てて出て行こうとしてる
ニノを呼び止めた。

和 『えっ?何?急いでるんだけど。』

智 『何か忘れてる・・・』

俺は人差し指で自分の唇をトントンって指して
キスを要求する。

和 『んもぉー・・・』

面倒臭そうに俺の前に立って
両手で俺の頬を包んで唇を重ねた。

和 『はいっ、じゃお利口に待ってて下さいよ(笑)』

智 『やだっ。そんな適当なの。ちゃんともう一回・・・』

和 『もう、時間無いんだって。朝からふざけないでよ。』

ニノは拗ねた俺を残して
足早に家を出て行った。

そう・・・
今日はニノと松潤が番組の旅レポという企画で
ロケに出掛ける日だったんだ。

関東地方は朝から雨・・・。
ちょっと何時もより気温が低くて寒い。
俺も今日は仕事だけど
半日掛からない仕事だから
暫くご無沙汰していたジークンドーでも帰りに寄るかな。

ニノと松潤の事は確かに気掛かりでは有るけど
まぁ、撮影のスタッフが総勢15人位は着いて行くらしいんで
皆の前で下手にニノに手出しも出来ないだろうし。
これは仕事なんだって
心の中で何百回と言い聞かせたことか。

俺はレギュラー番組の新企画の打ち合わせで
昼過ぎ頃にテレビ局のミーティングルームに居た。

スタッフと2時間程打ち合わせして
雑誌の撮影の為の次の現場へ向かう。
マネージャーの車に乗り込んだら
マネージャーから予期せぬ言葉を聞くことに。

マ 『大野さん、今夜から東京も大雪らしいですよ。』

智 『えっ、マジか・・・。』

マ 『今日はこのお仕事終わったら真っ直ぐ帰宅なさって下さい。』

智 『ええ?おいらジークンドー行こうと思ってたのに。』

マ 『交通規制になると身動き取れないんで、明日の移動の件で
私達も緊急に打ち合わせが入ってるんですよ。』

智 『ええ?そんなに?』

マ 『あっ・・それでニ宮さんと松本さんも恐らく今夜は
お帰りになるのは無理じゃないかと・・・』

智 『えええっ?なんで?』

マ 『北陸の方は、もう既に大雪らしくて交通機関に影響が出てる
らしいんですよ・・・』

智 『そっ、それじゃ、ニノ達は今夜は泊まりって事?』

マ 『先ほど、事務所にもスタッフから連絡があって、
急遽そういう事になったらしいですよ。』

智 『えーっ?マジか・・・』

冗談だろ?
ニノと松潤が泊まり?
日帰りって話だったから、ある意味安心して送り出したってのに。
俺はすぐさまスマホを取り出して
LINEを確認するけど、特に何も連絡は入って無かった。
恐らく、今本人達は仕事中?

とりあえず

=今日、泊まりなの?=

とLINEを入れておいた。
どうしよう・・・。ニノが俺以外の男と外泊。
しかも、相手は松潤。

まあ、でも・・・
元々松潤は俺とニノを疑ってて
お膳立てまでしてくれたヤツだしさ
人の恋人であろう相手に手を出すような人間じゃないだろう。

でも・・・
それでも松潤だもんな。

どうしよう・・・。

俺の頭の中は
好からぬ想像で一杯になる・・。
雑誌の撮影も笑うに笑えない俺・・・。
俺はカメラマンに

『もうちょっと自然に笑って頂けますか?』

と駄目出しを喰らい何度もNGになってしまう。
くそっ・・・
こんな時に幾ら仕事だからって
アホ面して笑えるかってえの。

結局その撮影に
何時もの倍近く時間を掛けてしまう事になった。
それでもなんとか仕事を終わらせ
ポケットのスマホを確認したら

=リーダー、ごめんね。=

って、一言だけニノから返事が入ってた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。