初めての危機,  君への想いを,  第11章

初めての危機②

第11章

初めての危機②

 

 

ニノ?ごめんねって何なんだよ?
時間は18時半過ぎ。
もうロケ自体は終わってる筈・・・。

俺はニノに電話を直接掛けてみた。
だけど応答は無かった。
とりあえず俺は仕事も終わったので
迎えの車に乗って家に向かった。
帰り道、もう既に東京都内も雪が降り始めていた。

智 『これって、前以て予測出来なかったの?』

マ 『えっ?ああ・・・ニ宮さんの事ですか?』

智 『この状況が分かってたら今日のロケ中止とか出来た筈じゃん。』

マ 『松本さんはたまたま明日はオフだったみたいで・・・』

智 『松潤は知んないけど、ニノは仕事入ってただろ?』

マ 『ニ宮さんはCM撮影が入ってましたけど
延期は可能だと聞いてますが・・・』

智 『雪が止まなかったら明日も戻って来れないんじゃないの?』

マ 『明日は午後から回復すると言ってますし』

智 『あ~もういいよ。何言っても一緒だなっ』

マ 『あのぉ・・・ニ宮さんが外泊なさるとそんなにマズイんですか?』

智 『べつに・・・マズくはないけど・・・』

マ 『心配いらないですよ。松本さんもご一緒ですし。
今夜は金沢の有名なホテルでゆっくりなさってるでしょうし。』

智 『それが一番心配なんだよっ』

駄目だっ。
マネージャーは何も分かってない。
絶対松潤はニノを自分の部屋に呼んで
一緒に飲もうとか言って・・・
そんで・・・
そんで・・・
酔った勢いで・・・

智 『はぁーっ』

俺は一人で落ち込んで
大きな溜息を着いた。
家に着いてから
俺はもう一度ニノに電話を入れてみた。
数回コールを聞いて諦めかけてたら、ようやくニノが電話に出た。

和 『リーダー?ごめん、さっきは電話出れなくて。』

智 『仕事とっくに終わってるんだろ?』

和 『Jが一緒だったから、あなたから電話ってのはマズイでしょ。』

智 『今は?』

和 『ホテルの大浴場に風呂入りに行ってるんだ。』

智 『ふっ・・風呂お??』

和 『リーダー、落ち着いて(笑)』

智 『お前、LINEのごめんってなんだよ?』

和 『えっ?ああ(笑)帰れなくなったから・・・』

智 『今すぐ戻って来い』

和 『ええ?無理だよ・・・』

智 『お前、風呂とか誰とも一緒に入るんじゃねえぞっ』

和 『何言ってるの?(笑)』

智 『だから俺は最初から反対だったんだよ。』

和 『あのね、いいですか?よく聞いて。俺は遊びで来てるんじゃ
ないんですよ。』

智 『そんなの言われなくても分かってるよ』

和 『だったら、そんなイライラしないで下さいよ。』

智 『やっぱり行かせるんじゃなかった・・・』

和 『今夜一晩だけだから、我慢してよ。』

智 『ニノぉ・・・』

和 『情けない声出さないでよ(笑)』

智 『だって・・・』

和 『そっちも雪降ってる?』

智 『うん、こっちもこれから積もるらしい。』

和 『何も心配しないで。俺は浮気とか絶対しないから。』

智 『ん、信じてるから・・・』

和 『リーダー、お土産買ってくるね。』

智 『いいよ。お前さえ早く帰って来てくれれば。』

和 『うん。それじゃ、明日ね・・・』

声聴いたからちょっとは安心したけど余計に逢いたくなった。
信じるとか言ったけど
今夜は俺、眠れそうにないや・・・。
やっぱり、心配で落ち着けるわけない。
あんな広いベッドに
一人寂しく寝ることなんて
今まで考えたことも無かったもんな。

どちらかが先に寝たとしても
目が覚めた時には
必ずニノが俺にぴったり寄り添って
可愛い寝顔を見れるのに・・・
一晩居ないだけで
こんなに寂しいって、何なんだよ?

仕方なく俺は眠くなるまで
アトリエ部屋に篭もって絵を描く事にした。
そういえばここんとこ
ゆっくり絵を描くって事も無かったな。
そう考えると、こういう一人の時間も
俺にとっても大事な時間には違いないんだけど
こんな不安な気持ちを抱えていても筆が進むわけもなく・・・

真っサラのキャンバスを見つめて
何を描こうかと考えるけど
浮かんでくるのは、ニノの顔ばかり。
こりゃもう重症だな。
俺は結局、頭の中に浮かぶニノを
題材にして描く事にした。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。