初めての危機,  君への想いを,  第11章

初めての危機③

第11章

初めての危機③

 

俺は結局一睡もせずにアトリエで絵を描いてた。
何もしないでいるよりはこうしていた方が心が静まるんだ。
夢中で描いていたらいつの間にか辺りが明るくなって
カーテンを開けて外を見てみると
雪が真っ白に積もってた。

これって、ニノ帰れるのか?
リビングに降りてテレビのリモコンのスイッチを入れる。
何処の局も大雪関連の情報を流してる。
どうやら今日は全国的に大雪らしい。
交通機関も麻痺してるみたいで
JRや飛行機の運休や見合わせの情報が流れてた。

俺は予定では朝から仕事が入ってる。
迎えの時間までまだたっぷり有るんだけど
マネージャー、この様子だと時間通りには
無理だろう・・・。

暫く経ってマネージャーから電話が入った。
今日は午前中から新曲のレコーディングだったんだけど
交通規制が掛かってて、遠回りするルートで
迎えに行くから予定より遅くなる、との連絡だった。

俺は朝飯を軽く食べて
ちょっとだけソファーの上に横になった。
うとうとと眠りかけてたらまたスマホに着信。

あ・・・ニノからだ。

和 『おはよう。起きてた?』

智 『ん?ああ・・・』

和 『寝てたでしょ(笑)』

智 『お前、一人で寝た?』

和 『当たり前じゃないの。何馬鹿なこと言ってるの(笑)』

智 『おいら眠れなかった・・・』

和 『ええっ?俺が居なかったから?』

智 『そう』

和 『もう、子供じゃないんだから(笑)
仕事中眠くなったらどうするの?』

智 『いいよ。どうせいつも眠たそうに言われるし。』

和 『いやぁ、それはマズイでしょ。』

智 『おいってば。』

和 『はい?』

智 『今夜も帰れないとかないよな?』

和 『うーん、まだ何とも言えない・・・』

智 『新幹線も見合わせしてるみたいだな。』

和 『困るよね。仕事も有るのに・・・』

智 『仕事かよ?』

和 『あっ・・・(笑)』

智 『俺に逢いたいとかじゃねえのかよ?』

和 『ははっ・・・ごめん、そっちが重要だよね。』

智 『なんだよ。こっちは眠れなかったってのに。』

和 『ちゃんと帰ったらさ、一杯いい事してやるよっ』

小声でニノがそんな事言うもんだから
勝手に下半身が疼いてしまった。

智 『絶対今夜帰って来いよ。』

和 『あはははっ・・俺はそのつもりですけどね。』

智 『そっち出るときLINEしろ。』

和 『うん、あ・・・Jが来たから切るねっ』

智 『ええっ?』

和 『また連絡するから・・・』

これじゃ、なんだか
どっちが本命なのかわかんねえじゃん。
見方によっては俺の方が浮気相手みたいだ。
何でコソコソしなきゃなんないんだよ。

リビングの窓の外の庭が
一面雪に覆われてて今もまだ降り続いてる。
ちょっとこれじゃ、今夜もわかんねえぞ・・・
クソッ。
マジで行かせるんじゃなかった。
2日もニノに逢えなかったら
俺はきっと干乾びて死ぬわ。

それから結局マネージャーが俺を迎えに来たのが
昼前だった。
めちゃくちゃ渋滞に巻き込まれたようで
疲労困憊しまくってた。

マ 『すみません。遅くなってしまって』

智 『いやいや、大変だよね。こんな日でも休めないんだから。』

マ 『大野さん、お昼何処かで済ませてから行きましょうか?』

智 『そうだな。どうせスタジオ入るの午後からだしな。』

マ 『何か食べたいもの有りますか?』

智 『ラーメンとかでいいや。』

マ 『分かりました。それじゃラーメンで・・・』

俺はマネージャーとスタジオの近くのラーメン屋に入って
昼食を食べた。

智 『ニノ、今夜帰れそう?』

マ 『はぁ、まだ様子みてるところだと思いますよ。』

智 『この様子だと厳しいだろうな。』

マ 『何十年振りの大寒波だそうですよ。』

智 『帰らないと仕事もさすがにマズイだろ?』

マ 『そうですね。これ以上の予定変更はスケジュール上厳しいかと・・・』

智 『新幹線で帰る予定なんだよね?』

マ 『そうなんですが、昨日帰れなかった乗客が
駅にごった返してるみたいで、多分大騒ぎになるの避けるために
車で迎えに行くんだと思うんですけど・・・』

智 『この雪じゃ無理だろ・・・』

マ 『はい。恐らくもう1泊して頂くんじゃないでしょうか?』

最悪じゃん・・・。
今夜もニノに逢えないと思うと
完全にテンション下がる俺。
またよりによって何でニノがロケに行くという時に限って
こんな天気なんだよ?
俺は雨男だけどニノは雪男だな。

俺は食事を済ませてレコーディングに入った。

その間も、雪は降りやまず
俺は予定の2曲を仕上げる事無く
帰りの交通規制を警戒して、
その日のレコーディングも早めに切り上げて家に戻った。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。