初めての危機,  君への想いを,  第11章

初めての危機④

第11章

初めての危機④

 

家に帰り着くと同じタイミングで
ニノからの連絡が入り
今日も家に帰れないって知らされた。

もう、状況が状況だしな・・・。
この大雪の中で無理して帰ろうとして
事故にでも遭ったら、そっちの方が困る。

完全に諦めた俺は一人寂しく飯を食って
風呂を溜めて入ることにした。
その後でゆっくりニノと電話で話そうって思った。
さすがに二晩連続で眠らないわけにもいかない。

風呂から出て
時計を見たら夜の9時を回ってた。
俺はニノに電話を掛けてみた。
風呂にでも入ってるのかな?応答がない。

着信履歴を見れば向こうから掛けてくれるだろう。
ところが、30分経っても電話は掛かっては来なかった。
もう一度電話を入れてみる。
やっぱり出ない・・・。

松潤と一緒なのか?
この時間に?
だとしたらやっぱり二人で飲んでる?
マジかよ。
まさか部屋に二人っきりとか勘弁してくれよ。
ニノのヤツ、どうして電話に出ないんだ?
どんな状況だろうが
折り返し掛ける事は可能なはずなのに。

ついでにLINEも入れておく。

=なんで電話出ないんだよ?=

夜11時を廻っても連絡が無い。

あんまりしつこく着信履歴残すものなら
後からストーカー呼ばわりされるのもしゃくだから、
このLINEで最後にしようと思ってLINEを開くも
さっきの文章が未読のままだった。

=ニノ、何かあったの?=

俺が心配してる事はこれで十分伝わるだろう。
とにかく俺は夕べ一睡もしてないから
さすがに今夜も眠れないのはマズイ。
強めの酒を飲んで
寝室のベッドに横になった。

広いダブルベッドが余計に広く感じる。
ニノとこういう関係になる前は
一人で寝るのなんて
寂しいとか思ったことも無かったのに。
だけど今は違う・・・
横にニノが居ないとなんか落ち着かない。

俺は右に左に寝返りを繰り返し
仕舞にはうつ伏せの状態でなんとか落ち着き
スマホを枕元に置いて
いつの間にか眠ってた。

けれど、その日の夢見は最悪だった。
俺の心配がそのまま夢になって
映像化されてしまったんだ。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚

{智の夢の中}

そこはホテルの一室。
多分松潤の部屋の中・・・。

和 『お邪魔しまーす』

潤 『ニノは何飲む?』

和 『あ、俺ビールで・・・』

潤 『ニノは大野さんと仲イイけど、付き合ってるの?』

和 『まさかぁ。俺達プライベートで会った事もないよ。』

潤 『そうなの?俺テッキリ二人はそういう関係なのかと思ってた。』

和 『ないない。絶対それは無いよ(笑)私にも選ぶ権利は有りますよ。』

潤 『俺さぁ、昔からニノは可愛いって思ってたんだよね。』

和 『ええっ?』

潤 『俺はニノから選んで貰えないのかな?』

和 『えっ、それはどういう意味?』

潤 『そんなの言わなくても分かれよ・・・』

松潤の手がニノの両肩をガッツリ掴み
ゆっくりと顔が近付いて
その大きな瞳で見つめられたニノは
身動きが取れなくなって
遂にその唇が・・・・

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

智 『うわああああっ・・・やめろぉー!』

俺は自分の悲鳴と同時に目が覚め
ベッドから身体を起こして暫く呆然としてた。

あ・・・夢・・・?
何なんだ?この夢・・・最悪。
めっちゃ悪夢じゃん。
俺は両手で頭を抱え込んだ。

俺はふとスマホに視線を落す。
時計は深夜3時過ぎ。
着信は入ってないけど
LINEが既読になっていた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。