君への想いを,  我慢の限界って何処までなのか,  第12章

我慢の限界って何処までなのか④

第12章

我慢の限界って何処までなのか④

 

 

 

先に俺が洗い場で洗ってると
ニノが湯船に大人しく浸かって
真横からじいっと俺の事を見てる。

智 『何だよ・・・。観んなよ。エッチ(笑)』

和 『えっ?だってほら・・・
Jのとどっちが素晴らしいか確認してるの(笑)』

智 『馬鹿か。デカけりゃイイってもんじゃねえだろっ!』

和 『別に誰も大きさとか言ってないですけど(笑)』

もう・・・そんなこと言うから
みるみるうちに俺のが
立派になっちゃってるじゃねえか・・・。

智 『はぁっ・・・もう俺駄目だわ・・・』

和 『(笑)・・何?どうかしました?』

智 『俺さぁ・・お前の声聞いただけで反応しちまうの。』

和 『それがどうして駄目なの?』

智 『駄目じゃん・・・おいでっ、ニノ・・・』

和 『あ、駄目だよ。今夜は寒いから・・・』

確かに風呂場でするのは危険なくらい今夜は冷える。

智 『そりゃ確かに風邪引くな・・・。だけど、完全においら
スタンバイ出来てるんだけど。どうしてくれんだ?』

和 『どうもしないよ。我慢しろ(笑)』

智 『えええ~っ』

和 『冗談抜きで、早く温もって出なよ。風邪引いても知らないよ』

俺は口を尖らせて仕方なく湯船に浸かる。
交代でニノが身体を洗い始めた。
今度は俺がニノの身体をじっと見た。

ニノは肌がとにかく綺麗。
色んなところにホクロ有るのも
知ってるのはこの俺だけなんだよな・・・。

智 『んー、やっぱ俺が洗いたいっ』

和 『煩いよっ、いいから100数えてから出な。』

俺は子供かよ?

智 『いーち、じゅうー、ひゃーくっ』

和 『何?そのふざけた数え方・・・』

智 『俺一人でそんなに長く温もってられないもん。』

和 『だからって、それはあんまりだろ(笑)』

智 『いいからお前も早く上がれよ。おいらもう限界だ。』

和 『しょうがないなぁ。
今度アヒルの浮くヤツとか買ってきてあげるよ。ウフフッ。』

ニノの身体観てたら、ちょっと逆上せてきた。
俺は風呂から出て暫くクールダウンしてた。

和 『まだ裸で居たの?完全に冷えちゃってるじゃん。』

智 『どうせまた裸になるんだから、これでいいの。』

和 『湯冷めしたらどうすんのさ?』

智 『大丈夫だってば!』

和 『もう一度温もってきたら?』

智 『大丈夫だって。』

和 『ホント、あなたっていうこと聞かない人だなぁ。』

智 『ちゃんとそれ以外は聞いてやるよ。』

和 『風邪引いて熱出しても俺は看病してあげませんからね!』

俺の嫁さんはいつからこんなに
口煩くなったんだ?
ま、そんなニノも可愛くて俺は好きだけど。

ニノの温まった肌から白い湯気が出てる。
茹でたての卵みたい。早く食べたい・・・。

智 『ねっ早くっ・・・』

俺はタオル1枚を腰に捲いたニノを引っ張って
2階の寝室へ行こうと急かす。

和 『待ってよ。俺まで風邪引かす気?』

智 『だって・・・』

和 『そんなに焦らなくても俺は逃げませんって。』

智 『チェッ・・・』

俺が拗ねて舌打ちすると
呆れ顔で髪を乾かしてる。
仕方なく俺は冷蔵庫にビールを取りに行った。

智 『ハッ・・・クションッ!』

和 『ほらっ、言わんこっちゃないでしょ。』

智 『風邪じゃねえし・・・』

でも、今夜はマジで冷える。
ヤバイかも。

和 『いつまで裸でいるつもり?いい加減に着ないと
ホント風邪引くぞ。』

智 『どうせ脱ぐし、面倒じゃん。』

和 『どんだけ楽しみにしてるんだよ(笑)』

その後、さすがに冗談抜きで寒くなって
スウェットに着替えて髪を乾かした。
だけど、ニノの言う事を直ぐに聞かなかった
俺が高熱で寝込むことになろうとは
この時思いもしなかった。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。