君への想いを,  第13章,  風邪に効く薬

風邪に効く薬③

第13章

風邪に効く薬③

 

 

 

俺がマスクして時々咳き込んでるの見て
メンバー達が、直ぐに風邪だと気付き
皆俺の事を心配してくれる。

雅 『おおちゃん、大丈夫なの?』

智 『うん、ここに来る前に病院寄って点滴受けてきたから。』

翔 『ここんとこ寒かったからなァ・・・』

雅 『おおちゃん、裸で寝てたんでしょう?うひひひっ』

智 『ゲホッ・・・ゴホッ・・・ゴホッ・・・』

俺が咳き込んでるの見て
相葉ちゃんが的を得てるのを聞いてウケたんだろう、
ニノが大笑いした。
真実を知ってるのはニノだけだもんな。
それにしても随分今朝よりはマシになってる。
解熱剤も効いてるのかも。
薬のせいで若干眠くてぼんやりしてるけど
それはいつもの事だからな。

潤 『踊れるの?』

智 『うん、大丈夫』

和 『カメラ割りを少し考えてもらったら?』

潤 『そうだね。咳き込んだりしてるとこは映るのマズイだろうから。』

雅 『インタビューもおおちゃんは今日は大人しくしといたら?』

翔 『俺達でとにかく今夜はあなたの事は全面フォローするよ。』

智 『うん、すまない・・・』

皆が俺に優しくしてくれる。
そして誰よりもニノが俺の心配してるのが分かる。
リハーサル終わって楽屋に戻って来ると

和 『リーダー、平気?』

と顔を覗き込んで心配してくれる。

和 『夕飯どうする?普通に食べれないよね?』

智 『うどんとかがいいかも。』

和 『そうだね。消化にはいいよね。出前、うどんにしよっか。』

もう、ほんとビックリするくらい
俺の世話を焼いてくれる。
ニノってこんなに優しかったっけ?

たまには病気もしてみるもんだなって思ったりした。
本人にそんな事思ってるのバレたりしたら
確実に引っ叩かれるだろうけどね。

本番30分前、俺達は衣装に着替えて
スタンバイを始める。
ニノがまた俺の額に手のひらを当てて
体温チェックする。

和 『やっぱりまだ完全じゃないね。1時間だから
なんとか頑張ってよね。』

智 『だーいじょうぶだって・・・。ゴホッ・・・』

和 『無理することないからね。』

そしてようやく本番が始まって
メンバーのフォローでなんとか最後まで乗り切った。
だけど、終わって楽屋に戻った時は
もう薬の効果も切れかけてまた発熱し出した。

潤 『大野さん、顔が赤いけど・・・』

和 『またぶり返してるんだ。』

翔 『明日も仕事入ってるんでしょ?』

雅 『もう急いで帰って寝た方がいいよ。』

智 『うん・・・そうするわ。皆、今日はありがとうね。』

潤 『お大事に・・・』

和 『それじゃ、俺もお先に。』

俺は私服に着替えると
ニノと急いで送迎の車に乗り込んだ。

再び寒気がしてガタガタと震え出した俺を見て
ニノがおでこをくっ付けた。

和 『また酷くなってるな。解熱剤飲んだ方がいいかも。』

智 『なんで?せっかく調子戻ってたのに・・・』

和 『普通は安静に寝てると治りも早いだろうけど
俺達の場合寝てられないからな・・・。』

智 『久々だわ・・・こんな酷いの。』

和 『これでもう十分懲りましたよね?』

智 『えっ・・・』

和 『風呂上りにさっさと服着ないからこういう事になるんだよ。』

智 『分かってるよ。言われなくても・・・』

和 『自己管理が足りないって思われるの嫌でしょ?』

智 『分かってるよ・・・』

和 『それじゃ、治るまでは寝室は別々で・・・』

智 『ええええっ?』

マ 『大野さん、ニ宮さんの言うとおりですよ(笑)
ニ宮さんにまで移したら大変ですから。自粛してください。』

智 『だっ、だって・・・』

そんなぁ。
俺にとって一番の特効薬はニノなのに・・・。

ううっ・・・
こうなったら何が何でも速攻で治してやる。

だけど、一緒に寝れないのかと思ったら
俺のテンションは一気に下がり
それとは真逆に俺の熱はグングン上がっていった。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。