君への想いを,  第13章,  風邪に効く薬

風邪に効く薬④

第13章

風邪に効く薬④

 

 

 

 
家にようやく帰り着いた。
身体が辛いせいなのか
今日1日が凄く長く感じた。

和 『あなたは今日は風呂は止めた方がいいね。
   寝室暖めておくから、着替えだけしといて。』

智 『うん・・・悪りぃな。』

ニノは家に帰ってから休む暇も無く
バタバタと何かやってる。
多分俺がこんなだから、
色んな事一人でやってくれてるんだと思う。

和 『ね、さとし。俺は風呂入るからさ、先に寝てていいよ。』

智 『本当に寝室、別々なの?』

和 『あ、うん。今夜俺はゲストルームで寝るよ。』

智 『そんなぁ・・・』

和 『いい年して寂しいから寝れないとか言わないで下さいよ?』

智 『寂しいから寝れないっ!』

和 『とにかく、寝室暖めといたから、さっさと寝ろよ。』

智 『うん・・・待ってるから。』

和 『待ってくれなくていいです(笑)』

智 『ニノぉ・・・』

そんな俺の事を無視してニノは風呂に入った。

なんで喧嘩もしてないのに
家庭内別居しなくちゃならないんだ?
俺は渋々2階の寝室に上がった。

やっぱりまだ熱が下がらなくて
昼間貰ってきた解熱剤を飲んで布団に入った。

寒くて関節も痛くて眠れない・・・。
暫くして階段を登ってくるニノの足音が
ゲストルームの方に向かって消えた。

本当に一人で寝る気かよ?
そしたら、数分もしないうちに
またニノの足音・・・。
今度は寝室に向かって来るのが分かった。
ガチャッ・・・扉が静かに開いた。
俺はそのまま寝たフリしてた。

ドサッ・・・

枕をベッドに放り投げる音。
ゴソゴソと布団に潜るニノ・・・。
何も言わずにそっと俺の額に手を当てて
また体温をチェックしてる。

ひんやり冷たい冷却シートの様なものが
俺の額に貼り付けられた。
あ・・・冷たくて気持いい・・・。

そして、俺の身体にピッタリくっ付いて
ぎゅーっと抱き締めた。
あ・・・断然こっちの方が気持いいや。

智 『んふふ・・・お前も一人じゃ寂しかったんだろ。』

和 『あっ・・・起きてたの?』

智 『だって寝れないもん。』

和 『勘違いするなよ。お前が夜中にそのままあの世に行くと
   困るから、様子見に来ただけだよ』

智 『嘘つけ。だったら普通枕なんて持ってこねえんじゃないの?』

和 『フフッ、バレました?(笑)』

智 『おいらにはどんな薬よりもニノが一番の解熱剤なんだって。』

そう言って俺もぎゅーっとニノの身体を抱き締めた。

智 『さすがに移るかな?』

和 『分かんない。でも、移ったら移ったでちゃんと看病してくれるだろ?』

智 『うん。そりゃもちろん。』

ニノの片足が俺の足に乗っかって
大事なところが容を変えて
俺の腰の所に当たっちゃってる。

智 『ごめんな。今夜は勘弁してくれ・・・』

和 『うん・・・分かってるよ。いいから早く治せよ・・・』

智 『治ったら寝かさないくらい、頑張るよ。』

和 『それなら・・・一生治んなくていいです(笑)』

それから間もなくすると、すぅすぅと
ニノの寝息が聞こえてきた。
暖かくて、心地良くて
俺も熱が下がってきたのか
そのまま朝までグッスリ眠った。

和 『さとし・・・さとし、起きて』

智 『んっ・・・』

和 『もう、熱も下がったみたいだね。お粥作ってみたから
   朝飯食べて支度して・・・』

熱が平熱に戻ってた。
やっぱり、俺にはニノが一番の特効薬なんだよ。
一人で寝てたら、多分まだ熱にうなされてただろう。

智 『へえ。お粥とか作ってくれたんだ?』

和 『やり方分かんないから、ネットで頑張って調べたの。』

智 『感激すぎる・・・泣きそう。』

和 『あははっ。オーバーなんだよ。いいからさっさと食べちゃいなよ。』

ニノってこんなに頑張るキャラじゃなかったよな。
俺と居ることで、こんなに変ったのか?
だったら愛の力ってマジですげーよな。

和 『何ニヤニヤしてんの?気持ち悪りいな』

智 『んふふふ・・・何でもないよ』

和 『おじさん、スウェットもさっさと脱いじゃってよ。
   一緒に洗濯するから・・・』

智 『え?あ・・・分かった・・・』

病気はもう懲り懲りだけど
こんなに優しくして貰えるんなら
たまには熱出すのも悪くないかな・・・

俺はニノが作ったお粥を全部たいらげて
出掛ける服に着替えて身支度を整えた。

智 『ニノ・・・』

和 『なに?』

智 『ありがとうな・・・』

ニノの腕を引き寄せて
身体を力一杯抱き締め
その柔らかい唇に軽く口付けたら
バッチリ回復して何時もの俺に戻ったのを認識してか
ニノが本当に嬉しそうに微笑んだ。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。