二度目の家庭内別居,  君への想いを,  第14章

第14章 二度目の家庭内別居①

第14章

二度目の家庭内別居①

 

 

 

俺の突発的な風邪の発熱は
ニノの手厚い看病のお陰でみるみる回復していった。

それから数日後、ニノが久々の休日で
俺は雑誌の仕事とか入ってて夕方まで仕事だった。

和 『さとし、今日帰り早いよね?』

智 『多分17時頃には終わると思う。』

和 『久々になんか外に食べ行かない?』

智 『あ、ごめん・・・おいら今日ちょっと誘われててさ。』

和 『ええ?誰に?先輩とか?』

智 『違うの。後輩の子。』

和 『信じられない・・・後輩なら断れよ。』

智 『ずっと断ってきたから、いい加減行かないと怪しまれる。』

和 『そっ、じゃあ勝手にどうぞ!』

智 『そんなに遅くならないようにするからさ。』

和 『・・・・』

怒っちゃうよな・・・。そりゃそうだよな。

ずっと一緒に暮らしてるんだから
必ずこういう事はこれからも有るんだよ。

これは俺に関してだけではなく
ニノだって付き合いはある訳だし・・・。

二人の間に信頼関係が無いわけじゃない。
だけど、俺達のスケジュール上
二人の時間といえば本当に限られていて
一緒に住んでるお陰で
一日一度はなんとか会話も出来て
例え時間がすれ違っても
毎日一緒のベッドの上で眠ることも出来る。

それでも、オフ日となると
片方が仕事でも、終わり次第
ずっとそこから一緒に居れる訳だから
楽しみにしてたのは俺にも分からなくもない。

智 『大丈夫、絶対20時までには戻るから。』

和 『いいですよ。どうせ出来もしない約束なんかしなくても。』

智 『いや・・・絶対に帰るよ!』

こんな事を言ってしまった俺も俺だけど。
この時は本当に付き合いなんて
2時間もあれば十分だって思ってたんだ。

それから、俺は仕事を終わらせ
約束してた後輩と待ち合わせて
その後輩の行きつけの店とかに
連れてこられて、調子よく飲んでいた。

後輩2人と飲んでんだけど
思った以上に話が盛り上がり
酒もどんどん進んでいった。

後 『先輩、カラオケ行きましょうよ~』

智 『ええ~今だいたい何時なのよ?』

後 『まだ8時ですよ。全然大丈夫でしょ?』

智 『はぁ?マジか?やべえな。俺そろそろ帰るわ。』

後 『冗談はやめて下さいよ。小学生じゃあるまいし。
俺先輩の生歌が聞きたいなぁ。カラオケ行きましょうよ。』

智 『いや・・・ちょっと今夜はこの後、おいら約束が・・・』

後 『えええ?あと1時間で良いですから、お願いしますよ~』

どうしよう。
ヤバイな。
ニノ、怒ってるだろうな。
だけど、約束の時間はとっくに過ぎてる。
1時間も2時間も怒られるのは一緒だよな。

智 『よしっ。ならあと1時間だけだぞ?』

後 『やったー。それじゃ早速行きましょ。』

酒が回ってる勢いというか、素面なら絶対そんなことしないんだけど
俺は勢いでついそのままカラオケに向かってしまったんだ。
そこでも強い酒を飲みながら
ひたすら嵐の曲を唄わされた。

後 『あー!先輩、いいネックレスしてますね。』

智 『え?これ?んふふ・・・いいだろう。』

後 『いいなぁ。お洒落だな。俺に下さいよ』

智 『ダメダメ・・・。これはダメ・・・』

そのネックレスはニノとお揃いで買った物だった。

後 『それじゃちょっとだけ見せて下さいよ。』

智 『ふんじゃ、見るだけだぞ』

俺はネックレスを外してその後輩に渡して
その後直ぐトイレに行った。

相当飲んだから一気に酔いが回る。
フラフラと部屋に戻り
時計を見たら一時間が経過してた。

智 『やばっ・・俺、もう帰らないと・・・』

後 『ええ?マジで?これから盛り上がるっていうのに』

智 『ごめん、また今度な・・・』

俺はなんとか引き止める後輩を振り払い
会計を済ませて店を出た。

表に止まってるタクシーに乗り込み
急いで家に帰った。
時間は22時半・・・。
約束の時間から2時間半もオーバーしていた。

怒ってるだろうなぁ。
とにかくひたすら謝るしかないな・・・。

俺は恐る恐る家の鍵を開けた。
リビングの電気は点いてるけど
そこにニノの姿はなかった。

俺は慌てて2階の寝室に駆け上がる。

智 『ニノ・・・ごめん・・・』

もぬけの殻だ・・・。
念のため布団も捲ったけど姿が見当たらない。
あ・・・ゲストルームだな?
ゲストルームのドアを開けようとするけど
内側から鍵がしっかりと掛けられてた。

智 『ニ、ニノ・・・開けてっ!』

和 『知らないっ』

智 『ゴメン、俺が悪かったよ・・・』

和 『知りません』

智 『頼むよ。開けてよ・・・』

和 『約束破ったくせに』

智 『だから謝るよ・・・』

和 『謝って済む問題かよ!』

智 『それじゃ、どうしたら許してくれるの?』

和 『暫く俺はこっちで寝るから!』

智 『ええええっ?』

だって俺そんなに悪い事してないぞ。
遅くなったと言ってもまだ22時半って
全然早い時間じゃん。

智 『俺、お前と一緒じゃないと眠れない。』

和 『・・・』

智 『お願いだから、顔見せてよ・・・』

和 『・・・』

俺は扉の前にへたり込んだ。
そしたら、次の瞬間ゆっくりとそのドアが開いた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。