二度目の家庭内別居,  君への想いを,  第14章

二度目の家庭内別居④

第14章

二度目の家庭内別居④

 

 

俺は仕事の打ち合わせで
テレビ局に来ていた。
その日は同じ仕事ではなかったけど
相葉ちゃんも同じ局内に居た。

雅 『おおちゃん、おはよう。今日は?あードラマの打ち合わせね?』

智 『あ、相葉ちゃん、おはよう。そうそう、打ち合わせだよ。』

雅 『おおちゃんも忙しくなるからさ、その前に銀座に飲みに
行っとかないと、暫くまた行けなくなるよねえ。』

智 『ああ・・・飲みは暫く無理だわ・・・』

雅 『ん?なんか元気ないね?体調でも悪いの?』

智 『ううん、そんなことないよ。』

雅 『本当?それならいいけどぉ』

二人でそんなこと話していたら伊野尾君がやってきた。

伊 『あれ?相葉先輩、お久し振りです。』

雅 『あ、お疲れ?伊野尾ちゃんもドラマ?』

伊 『やっ・・・僕は違いますよ。』

智 『あ、すまないな。持って来てくれた?』

伊 『こっちこそ、すみませんでした。そんな大事だって知らなくて』

雅 『なになに?何か有ったの?』

伊 『昨日先輩と飲みに行ったんですよ。その時に・・・』

智 『いいから、早く返してくれよ。』

伊 『あ、僕着けて上げますよ。』

と、いきなり伊野尾くんが俺の首に腕を回し
持ってきたネックレスを着けてくれたんだけど
その様子を何も知らない相葉ちゃんが横で見てて

雅 『えっ///二人って、もしかしてそういう関係だったの?』

伊 『違います、違いますって』

智 『相葉ちゃん、違うんだって』

雅 『ごめん、俺お邪魔だったね。いけない、これから俺、
ニノと雑誌の撮影なんだわ・・・それじゃ、またねっ』

何だって?ニノと?
そりゃ、絶対マズイだろ。

智 『あっ、相葉ちゃん・・・』

俺は慌てて相葉ちゃんを呼び止めた。

雅 『え?何?』

智 『今の・・・頼むから誰にも言わないでくれるかな。』

雅 『あはっ。やっぱりそうなんだ?大丈夫。言わないから(笑)』

智 『やっぱりそう、じゃないんだって!』

雅 『分かってるって。いひひひっ』

いやいやいや。
あれは間違いなくニノに話すな。
最悪だわ・・・。

伊 『それじゃ、僕もマネージャー待たせてるから行きますね。
先輩、それよりまた誘って下さいよ。

智 『あ、ああ・・・ありがとな。』

拗れた話はとことん拗れるんだな。
もう、こうなると修復は直ぐには無理かも。
相葉ちゃんは、多分見たままをニノに話すだろうから
自動的に俺の疑いはニノの中で確定されて
その怒りは倍増してしまうんだ。

元々俺が悪いんだ。
ニノと約束した通りの20時であの時帰ってれば
こんな事にはならなかった。

もう、今更何を言っても手遅れでしかない。
ニノが俺の事をもう一度信じてみようと
思ってくれるまで、大人しく待つ以外に
方法はないのかも・・・。

俺は打ち合わせに入り
夕方6時にはそれも終わって自宅へと戻った。

ニノもそろそろ戻る時間。
俺はとにかく普通に振舞おうと
キッチンで夕飯の支度を始めた。
今夜は鍋にでもすっかな。
鍋なら一緒に仲良く突けるし。
・・・てなわけないか?

ガチャッ・・・。
ニノが戻って来た。
何も言わずにゲストルームに上がろうとしてるから
至って普通を振る舞いながら
さりげなく彼に話し掛けてみた。

智 『お帰り、ニノ。今夜鍋にしたから一緒に食べるぞ!』

って声を掛けた。
ニノは俯いたまま返事もせずに
ゲストルームに入って行った。
そりゃ、やっぱ無理だよな。
そんな簡単に機嫌が直るもんではないよな。

ところが、数分経って
ニノがリビングに降りて来た。
決して俺の目は見ないけど
俺の目の前に腰掛けて

和 『頂きます・・・』

と、鍋を食べ始めた。
俺は嬉しくて思わずニノに話し掛けた。

智 『キムチ鍋、辛くない?大丈夫か?』

和 『・・・』

智 『あ、ビール飲むか?』

和 『・・・』

完全シカトされてる。
もしかすると、相葉ちゃんに聞いてるかもしれないし。
ここはやたら刺激しない方がイイかも。
二人で食べてるのに
一言も会話をしない夕食。
これは地獄だな・・・。

智 『なあ、ニノ?まだ怒ってる?』

和 『ご馳走様でした。』

本題に触れようとするなら
さっさと立ち上がり食器を片付けに入る。

話し合いも断固拒否するのか。
俺はシンクで洗いものしてるニノの背中に
淡々と話し掛けた。

智 『あのさ、これだけは信じてくれない?
ニノの事、好きで好きで仕方がないんだ。
お前が俺の事信じてくれなくても、俺はニノが
俺の事信じてくれるまで、ずっと待ってるよ。』

和 『もうさ・・・』

智 『え・・・』

和 『こんな事になるんだったら・・・
一緒に暮らすなんて・・・言わなきゃ良かった。』

智 『ニノ・・・?』

和 『苦しいんだ・・・あなたの事好きになんて・・・
ならなければ良かった。』

智 『ニノ・・・』

ニノは振り返ると大粒の涙を零して
震えながら俺の胸に飛び込んできた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。