二度目の家庭内別居,  君への想いを,  第14章

二度目の家庭内別居⑤

第14章

二度目の家庭内別居⑤

 

 

ニノが目にいっぱい涙浮かべて
俺の胸に飛び込んで
ギューッと力一杯俺の事を抱き締めた。

それはまるで、ずっと心の奥が苦しくて
溜まってる膿を吐き出すかのような
悲痛な叫びにも思えて・・・
俺も、そんなニノに対して
思わず熱いものが込み上げてきた。

なんて言葉を掛けてあげたらいいのかも分からず
そんなニノをただ優しく包み込むように
俺も抱き締めた。

俺は浮気とか疚しい事は何もしていない。
だけど、彼に俺とこういう関係になった事を
後悔してると言わせた自分がとにかく許せなくて・・・
自分で自分をボコボコにしてやりたいとさえ思った。

智 『ニノ・・・俺の事、もううんざりか?』

ぶんぶん首を横に振るニノ。

智 『俺の事、もう信じられない?』

和 『違うの・・・』

智 『違うって・・・何が?』

和 『あなたのことは、死んでも嫌いにはなれない。
俺、あなたのことを信じてあげようとしない自分がやなの。
自分自身に嫌気がさしてるの。』

ううっ。泣かせやがる・・・
俺、今の言葉で完全にノックアウト喰らったぞ。

智 『うっ・・・うっ・・・ニノぉ・・・』

もう、とにかく俺はボロボロだ。

和 『はあ?ちょっ、どうしてあなたが泣くの?』

智 『おいら・・・こういうの、ダメなんだって・・・』

和 『泣きたいのはこっちなのに、
いい年しておっさんが、泣くなよ(笑)』

ようやくニノがそんな俺を見て笑ってくれた。

和 『ネックレス、返して貰ったんだ?』

俺の胸元を観てそう言った。
あ・・・相葉ちゃんから聞いてるのか?
聞いてるよな?

和 『伊野尾と飲んでたんでしょ。』

智 『ん、相葉ちゃんに聞いた?』

和 『伊野尾とリーダー、絶対付き合ってるよって言ってた(笑)』

智 『マジで?ホント勘弁して欲しいわ。』

和 『付き合ってるんですか?』

智 『昨日は伊野尾もだけど八乙女も一緒だったんだから。
そこは信じてくれ!』

和 『でしょうね・・・見られたの、相葉さんで良かったですね。
俺、他の人から聞いてたら、間違いなく今夜ここには
居なかったですよ。』

智 『マジで?』

和 『わたしは相葉さんからの情報は基本二割程度も信じませんから(笑)』

まあ、それは確かに分かる気がする。
勘違いしやすいヤツからの情報なんて
頭から信じちゃうと
後から事実とはズレてる事が多いからな。

だから、

*伊野尾くんが俺の所に来た。
*俺のネックレスを届けに来た。
*なんかタダならぬ雰囲気だった。

おそらく最後の情報は
かなり盛ってるな・・・と判断されるってことだ。
これをもしも翔君からニノへ伝達されていたら
また状況が変わってたかもしれない。
怖っ・・・
そういう意味ではあそこに相葉ちゃんが
いてくれて本当に助かったって事だ。

智 『ニノ、俺のことそこまで想ってくれてたの?』

和 『えっ?』

智 『苦しかったんだろ?』

和 『そりゃね・・・』

智 『それじゃ、もう疑いは晴れたでしょ?』

和 『完全にそうも言えないけど』

智 『ねえ・・・もう今夜は寝室戻ってくれるだろ?』

和 『うーん、どうしようかなぁ。』

智 『頼むよ。もう今回みたいな事、二度としないからさ。』

和 『言っとくけど、あなたも相葉さんと一緒だからね。』

智 『えっ?どういう意味?』

和 『あなたの言うこと、俺は二割程度しか信じないって事です。』

智 『そ、そりゃないだろ?、おいら嘘は全く言ってないから。
昨日お前に話したこと1%も作ってねえし。』

和 『ま、確かに俺も正直疲れちゃった。』

智 『え?それって俺と一緒に居る事に?』

和 『ううん、この家庭内別居だよ・・・』

智 『だけど、結局そうなった原因は俺に有るもんな。
本当に悪かったよ。』

和 『そうね、暫くは猛反省してよね。』

智 『うん、するする!』

和 『それじゃ、さとし?コーヒー淹れて(笑)』

智 『おお、任せとけ!めっちゃ美味いの淹れてやる。』

こうして、俺の浮気の疑惑は晴れて、なんとか終結した。

ただ、今回の事で
本当にお互いの気持ちとか
大切な事が色々見えたような気がする。
喧嘩ってエネルギー沢山使うし
疲れる事ではあるけれど・・・
もしかすると
時には必要な事なのかもしれないって
思ったりした。
傍から見たら、これが喧嘩というかは分かんないけど・・・

智 『ほら、コーヒー淹れたぞ。』

和 『ん、ありがと』

ニノが俺の手からマグカップを受け取りながら
御礼の意味込めて軽く頬にキスをした。
俺はそのマグカップを
もう一度ニノの手から奪い取り
テーブルの上に置いた。

和 『え?何するんだよ・・・せっかく・・・』

確か最後にしたのが
喧嘩する前の日以来だから
およそ3日振りなんだよ。
その可愛くて色っぽいニノの唇が
どんだけ恋しかったことか。
俺はニノの言葉なんて無視。
本気のキスを迫った。

和 『んんっ・・コーヒーが・・・冷めちゃうよ・・・』

智 『そんなもん・・・また淹れればいいじゃん・・・』

コーヒーなんか冷めちゃってもいいんだ。
俺達の熱が永久に冷めなきゃそれでいいんだよ。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。