君への想いを,  恋人が妊娠?,  第19章

恋人が妊娠?②

第19章

恋人が妊娠?②

 

 

ええっ?マジかぁ?

ニノがおめでた?妊娠?赤ちゃん?何で?

いやいや・・・それは無いよな。
幾らなんでも・・・。
だけど、あの苺とかもそうだけど
妊娠したら酸っぱいの欲しくなるとか
どっかで聞いたことあるぞ。

もしもだよ・・・
もしもそうだとしたら俺とニノの子供だよね?
どうしよう。めっちゃ嬉しいんだけど。

智 『ニノ?』

和 『ううっ・・・待って・・・おえっ・・・』

智 『大丈夫かよ?』

和 『ふぅ・・・ハァ・・・疲れるっ・・・』

智 『ね、何時から?』

和 『え・・・昨日からだけど。』

だとしたら
逆算しても俺とそういう関係になっちゃってから
3ヵ月半くらいだから
妊娠してるとしたら3ヵ月くらいか?

智 『ニノ、ニノってば!』

和 『何だよ。人が苦しんでるのにどんだけ嬉しそうな顔してんの?』

智 『違うってば。それってさ、もしかしてつわりじゃないの?」

和 『はああ?』

智 『だって、あの苺とかキウィとか
お前が買って来て食べたんでしょ?』

和 『そ、そうだけど、それと何の関係が有るんだよ?』

もう、ニノが何て言ったって
俺は嬉しくて舞い上がってた。
ニノを後ろから抱き締めて
いっぱい彼に頬擦りをした。

和 『ちょっと(笑)落ち着いてよ。』

智 『いいから明日一緒に産婦人科に行くぞ!』

和 『俺の話を聞けってば。』

ニノにしては珍しく声を荒げた。
そして俺は腕を掴まれて
リビングに引き戻された。

和 『はぁ、もう・・・ちょっと、いいから座って!』

俺は言われるとおり
何時もの場所に腰を下ろした。

和 『ねえ、サトシ?俺も実はつわりは疑ってる。』

智 『うん、だろうっ?』

和 『この前から冗談では言ってたけどさ・・・
あなたから妊娠って言葉を1万回とか聞かせれて
意識してなかった訳じゃないよ。
でもね、冷静に考えてもみろよ。
俺はあなたと同じ男だよ。子宮だってなければ
生理だってこない。馬鹿でも考えたら分かるだろ?』

智 『ううっ・・・そっか・・・』

和 『俺だってあなたの子供生めるものなら生みたいよ。
だけど、どんなに世の中がひっくり返ったって
それは不可能な話だもん・・・』

智 『そんじゃ、どうしてつわりとか?』

和 『だから・・・多分・・・想像妊娠ってヤツ?』

智 『ええええっ?』

和 『俺もハッキリとは分かんないけどね。』

智 『男でもそういう事有るの?』

和 『有るらしいよ。例えば奥さんが妊娠してるのに旦那が
つわりになるとかは有るらしい』

智 『マジか・・・』

和 『実際俺も困ってるの。もしそうだとしたら体調悪いからって
病院で診てもらうわけにもいかないだろ?』

智 『何でだよ?普通に診て貰えばいいんじゃないの?』

和 『症状聞かれてつわりみたいですって言えっていうの?』

智 『あ・・・確かに・・・』

和 『恥ずかしくて言えないよ。そんなこと。』

智 『だったら産婦人科で診て貰えば?』

和 『冗談言うなよ。想像妊娠に効く薬なんてそもそも存在するの?』

智 『分かんない・・・』

和 『これはリーダーの責任でもあるんだからね?』

智 『責任って・・・』

和 『ね、ちょっと手、貸してみ。』

智 『えっ?』

和 『いいからっ///』

ニノがそう言って俺の手を捕まえて
自分の胸に運んだ。

智 『ええっ?な、なにこれ?』

和 『なっ。可笑しいだろ?間違いないよ。
俺はきっと想像妊娠してるんだよ。』

俺の手の感触が間違いなければ
ニノの胸がふんわりと少しだけ膨らみを帯びていた。

どうするんだ?
これってどうなるんだ?
もしかして女性ホルモンが分泌されてるって事?
だけど、赤ちゃんはニノが言うみたいに
有り得ないんだったら・・・
ニノは一体どうなっちゃうの?

ニノは口を尖らせて
どうしてくれんだ?って俺を睨みつけるけど
目の前の苺をモグモグとツマミながら
また気分悪くなったみたいで
洗面所に駆け込んでく。

困った事になったな。
これ放っておいて治るんだろうか?

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。