君への想いを,  恋人が妊娠?,  第19章

恋人が妊娠?④

第19章

恋人が妊娠?④

 

 

 

あれから数日が過ぎて
今日は5人で収録の日だった。
収録後に皆がうちに飲みに来る事になってる。

ニノはというと、相変わらず
その『つわり』の症状みたいなのはが治まらなくて
胸の膨らみも薄めの服からは
なんとなく分かっちゃうみたいで
厚めのトレーナーみたいなのを
わざわざ選んで着ていた。

家飲みも本当は断ろうかと言ったんだけど
ニノが、約束は守らないとって言うから、
収録が終わると皆が真っ直ぐ我が家へと集合した。

雅 「へえ・・・すげー広いね。」

翔 「これマジ凄くない?二人で住むには贅沢すぎるだろ。」

潤 「いいねえ。ここ敷地相当あるよね。」

智 「んふふっ。俺達も最初ビックリしたもん。」

翔 「あれれ?ニノは?」

智 「あ~直ぐに戻るよ」

スタジオを出てから
いつもの吐き気をもよおして
先に戻っておいてと言うから
心配だったけど、俺はメンバーと先に戻ってきてた。

持ち寄ったビールやツマミを
リビングのテーブルの上に広げ
飲み会の準備を皆でしていたら
そのうちニノも遅れて帰って来た。

和 「ただいまぁ・・・」

雅 「遅かったね。もう始めるところだったよ。」

和 「ちょっと寄り道してたの。リーダー、ちょっといい?」

俺はニノから呼ばれて寝室へ上がった。

智 「どうした?吐き気は治まった?」

和 「うん・・・なんとかね。それがね・・・」

智 「ん?」

和 「ちょっと触ってくんない?」

ニノが俺の手を握ってお腹に当てた。
俺は驚いてニノの顔を観た。

和 「マズイよね。お腹まで膨らんで来たの。
ね、どうしたらいい?」

智 「これって、マジで生まれるんじゃないの?」

和 「まさか・・・」

智 「ねぇ、やっぱり医者に診せようよ。」

和 「もう、限界だよね。こうなると・・・」

智 「そうだよ。恥ずかしいとか言ってらんねえぞ。」

和 「はあ・・・なんであなたじゃなくて俺なんだよ?」

そりゃ・・・
俺がそういうことしてるからだよ。
と、言ったら怒られるから言えないけど。

智 「この話は皆が帰ってからまたしよう。」

和 「うん・・・」

俺達はとりあえずリビングに戻った。

雅 「ちょっとー、イチャイチャすんのは俺達が居ない時にやってよぉ。」

潤 「そうだよっ、早く飲もうぜ!」

智 「ごめん、ごめん・・・」

それぞれのグラスにビールを注いだ。

翔 「あれ?ニノは飲まないのか?」

雅 「本当だ、どうして自分だけオレンジジュースなの?」

智 「ニノ、最近体調良くないんだよ。」

雅 「そうなの?それじゃ仕方ないか・・・」

和 「うん、俺の事は気にしないで。」

潤 「それじゃ、二人の門出に?乾杯~」

皆 「かんぱーい」

翔 「なんか最初は驚いちゃったけどさ、こうやって
皆でメンバーの家で飲むこともそうそう無かったわけじゃん。
外飲みだと人の目とか気にしちゃうし、そういう意味では
マジで有難いよね・・・。」

潤 「本当だよね。しかもここ広くていいよなぁ。」

智 「時々集まって飲もうよ。」

雅 「だけど、二人の生活感が溢れちゃってさ・・・
なんかこっちが恥ずかしくなんない?いひひひっ」

翔 「相葉さんが言うとなんかやらしく聞こえるよなぁ(笑)」

和 「なんも溢れちゃいないだろ?(笑)」

智 「そうだよ。おいらの前のマンションの家具とか丸ごと
持って来てるから、どちらかというと、前の俺んちだよな。」

和 「そうそう・・・ホント、俺の荷物なんてゲーム機くらいだもん。」

雅 「だけどさデビュー前から考えても相当俺達って
一緒に居るわけじゃん?
毎日さ、顔見てても嫌になんないの?(笑)」

潤 「そりゃ、愚問だわ、相葉さん。」

雅 「そうか・・・そうだよね。愛し合ってるから
一緒にいるんだもんね。ゴメン、ゴメン。」

翔 「それよりさ・・・さっきからニノ、どうしてレモンとか
平気でかじってるの?
もう、俺見てるだけで生唾半端ないんですけど(笑)」

雅 「本当だよ。オレンジジュースとかレモンとかさ、なんか
妊婦さんみたいだよね~(笑)え?あああっ?」

その言葉で一瞬皆が固まった・・・。
そして、最悪のタイミングでニノが口元を両手で覆って
洗面所に走り込む。

やっべぇ。これは完全にバレちゃうな。
ニノがその場に居ないから
3人が一斉に俺の顔を覗き込む。

智 「なっ・・・何だよ?」

潤 「リーダー、なんか俺達に隠してるでしょ?」

智 「えっ?」

相葉ちゃんが立ち上がってニノの様子を見に行こうとしてる。
俺は慌ててその相葉ちゃんの腕を捕まえた。

雅 「ちょっと、リーダー?」

智 「ニノは大丈夫だから・・・座っててよ。」

翔 「ごめん・・・まさか?とは思うよ。
思うんだけども、当たってたらごめんなさい。
もしかして本当にニノっておめでたなの?」

翔ちゃんがストレートに俺にそう聞いた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。