君への想いを,  恋人が妊娠?,  第19章

恋人が妊娠?⑤

第19章

恋人が妊娠?⑤

 

 

智 「嫌だなぁ・・・。翔ちゃん、ニノは男だよ。
そんなことあるわけ無いでしょ?」

翔 「だよねー。ゴメンゴメン、今のは忘れて(笑)」

潤 「あんま大野さんが子供欲しいとか言うから、想像妊娠させた
とかじゃないよね?」

智 「う・・・」

雅 「想像妊娠??」

潤 「男でもそれなら俺も聞いたことあるから。まさかとは思うけど。」

翔 「ええええっ?」

雅 「そ、そうなの?」

智 「いや・・・あの・・・」

俺が皆から責め立てられてたら
ニノが気まずそうにリビングに戻って来た。

和 「もおー。リーダーのお喋りっ」

智 「ちっ、違うよっ。俺は何も言ってないぞ!」

和 「もうバレちゃってるのと一緒じゃないの。」

雅 「ねえ、ニノ?今のまさか本当なの?」

和 「違いますって言っても、もう誰も信じないよね。」

翔 「そ、それってどういうこと?」

和 「想像だから実際は子供なんか産めないよ。」

翔 「そりゃそうだろうけど、今のって、いわゆる妊婦さんとかが
経験する’つわり’だよね?」

和 「多分ね・・・///」

潤 「吐き気だけ?」

和 「いや・・・だいぶ身体に異変が起きてる。」

雅 「例えば?」

和 「喰いつくな(笑)」

雅 「だって、俺自分の周りで初めてだもん。」

和 「俺だって初めてだよ。」

翔 「嘔吐以外に何が起きてるの?」

潤 「女性ホルモンが分泌されるんじゃない?」

翔 「ええええっ?」

和 「胸が若干膨らんで来た。あと、この頃はお腹も・・・」

雅 「そういえば、以前よりもふっくらしてきてるね。」

潤 「放っておくとどうなるのかな?マズイんじゃない?」

和 「だよね・・・でも病院とか恥ずかしくて行きたくないんだよ。」

雅 「それって産婦人科ってこと?」

翔 「俺の大学の友達で医者になったやつが居るから
聞いてあげようか?」

智 「本当?それ、助かるよな・・・」

和 「うん、お願いしてもいいかな?」

雅 「コンサートも控えてるから、早くなんとかしないと
大変な事になっちゃうよね。」

潤 「身体、相当辛いの?」

和 「なんかもう慣れてきちゃってる(笑)」

雅 「どうせなら、本当に産めるならいいのにね。」

翔ちゃんが、席を離れてその友達とやらに
電話をし始めた・・・。

翔 「あ、もしもし久し振り。元気にしてた?
うん、俺は相変わらず。
悪い、ちょっと聞きたいことあるんだけど・・・」

さすがに翔ちゃんは広範囲に知り合い多いから
頼もしいよな。
逆に皆にバレて正解だったかも。
だって、恥ずかしいとか言ってられないもの。

翔 「あ、そう・・・。うん、分かったわ。有難うな。
また連絡するよ。はーい、それじゃまた・・・」

翔ちゃんが電話を終わらせて
元の場所に戻って話しを始めた。

翔 「あのさ、ニノ・・・」

和 「何か分かった?」

翔 「それは婦人科に診せても駄目らしいよ。」

和 「そうか、そうだよね。」

翔 「ただ、放っておいてもなかなか治らないんだそうだ。」

智 「ええ?それじゃニノはこれからどうなるの?」

翔 「俺の友達が医者の知り合いに治療法を尋ねておいてくれるって
そう言ってたから、また連絡が入ると思う。」

智 「治療法はあるんだね?」

翔 「そりゃ、それって病気は病気だからね。」

雅 「なんか大変そう・・・」

和 「お腹が膨らむのはさすがにマズイものね。
テレビで隠せなくなったら大変だもの。」

智 「参ったな・・・」

潤 「あなたが参ることないでしょ?」

和 「そうだよ。大体なんで俺なんだよ?
元々はリーダーが欲しいとか言ってたんだから、
リーダーが妊娠するのが普通なのに・・・」

翔 「まぁまぁ、落ち着いて。興奮するとお腹の赤ちゃんに響くよ。」

雅 「翔ちゃん、赤ちゃんはいないんだってば(笑)」

翔 「あっ・・・それもそうだな。だけどちょっぴり残念だな。
どうせなら見たいよな。二人の子供・・・」

潤 「めっちゃ悪そうだな(笑)」

雅 「絶対俺も男だと思う・・・」

翔 「あ・・・それは俺も思う。」

智 「ちょっと・・・皆勘弁してよ。ニノにこれ以上
想像させる様なこと言わないでよ」

潤 「そうだったね、ごめん(笑)」

和 「本当にいっその事リアルに出来てくれた方がイイのに・・・」

智 「ニノ・・・」

雅 「あー、もうゴメンだって。とにかく早く治療法が分かるといいね。」

翔 「電話有ったら、直ぐに連絡入れるよ。」

智 「宜しくね。翔ちゃん」

ニノがそれからすっかり元気無くなっちゃって
これも妊娠特有のマタニティブルーっていうヤツらしいけど
こんなに大変なら俺が代わりにそうなれば良かったって
この時ほど思った事はなかった。

新居へのメンバー招待の飲み会は
結局、ニノの想像妊娠騒動の話題だけで
終わってしまった。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。