君への想いを,  恋人が妊娠?,  第19章

恋人が妊娠?⑦

第19章

恋人が妊娠?⑦

 

 

 

智 「いいから、やってみるぞ。」

和 「ちょっ、待ってよ・・・」

俺はニノの言葉を無視して
テレビの電源消して、2階の寝室に上がる。

智 「いいから、早くっ」

渋々ニノも2階に上がってくる。
寝室のエアコンを入れて俺は洋服を全部脱ぐと
ソファーの上に投げ捨てた。

そのままベッドに潜り込んで
ニノが来るのを待つ・・・。
本当は、いつもと逆って違和感有るけど
俺のせいでこんな事になったんだもの。
ニノの事、助ける為だ・・・。
何だって俺はする。

ニノが寝室のドアを開けて
ゆっくりとベッドに近寄って、
上から俺を見下ろすと

和 「ねえ、サトシやめようよ。」

智 「え?どうして?俺はやるって言ったらやるよ」

和 「だって・・・」

智 「迷ってる暇なんてないじゃん。」

和 「そりゃ、そうだけど・・・」

智 「こうなったのは俺の責任なんだ。
心配するな。お前の事は俺が助ける・・・」

和 「でも・・・」

智 「いいから、お前も早く脱いでこっち来い。」

俺はベッドの横の空いた場所をポンポンッと叩いた。
はあっ・・・て大きく溜息をついて
ニノが服を1枚ずつ脱ぎ始めた。
ニノが裸になってくの見てるだけで
俺のソコは元気になる・・・。

やっぱ・・・どうしてもそうなる。
これは仕方ないことだ。
俺が今日はやられなきゃいけないのに。
動物的本能というか、どうしてもニノを征服したい
自分のモノにしたいという
欲情のほうが前に出てしまう。

ニノが布団の中に入って来たから
俺は彼を抱き寄せて
まずは何時もと変わらず
舌と舌を絡ませて濃厚なキスをした。
唇を離してニノを見つめたら
戸惑い隠せない表情で俺を見る。

智 「そんな顔すんな・・・」

和 「だって・・・やっぱりよそうよ。」

智 「なんで?治りたくないの?」

和 「治りたいよ。治りたいけど・・・やっぱり無理だって。」

智 「それじゃどうすんの?」

和 「何時もどおりでいいよ。」

智 「駄目だ。違和感とかこの際関係ない。」

和 「もしも、もしもだよ?俺が逆の方に目覚めて
もう二度とあなたにやらせなくなったらどうする?(笑)」

あ・・・そう言われると・・・
確かにニノも男だから
そっちがイイって思うかもしんないよな。

智 「そりゃ困るな・・・」

和 「でしょ?(笑)」

智 「んじゃ、どうするんだよ?」

和 「だから催眠療法を受けようよ。
無意識にならきっと抵抗無く出来るだろ?」

智 「でも、それって1回で済むんか?
何回も受けないと駄目なんだろ?」

和 「うーん、どうかな?もしかすると長期の治療法なのかもね」

智 「だったら面倒だよ。さっさと今からやろうよ。
お前が治るまでなら、付き合うからさ・・・」

和 「本気で言ってるの?」

智 「もう、覚悟は出来てるぞ。」

和 「そうか・・・分かった。あなたがそこまで言うなら。」

智 「あっ・・・待って・・・」

和 「なんだよ(笑)覚悟出来てるんじゃないの?」

智 「前儀まで逆にならなくてもいいじゃん・・・」

和 「はあ?」

智 「最後だけ代わればいい。」

和 「そういう問題なの?」

智 「そこは大事なの・・・」

ってか、ちゃんと出来んのかな?
ちょっと心配だけど・・・

俺は覚悟を決めた。
いつもの様にニノの感じる場所を丁寧に攻めていく。

膨らんだ胸と敏感になってる突起を
集中して弄ぶと
ニノの下半身はあっという間にその容を変える。
少しだけ膨らんだお腹を優しく撫でて
お臍の周りにキスをした。

ここに本当の赤ちゃんが居てくれたら
どんなに幸せな事だろうって
頭の中で思うと、胸がキュンとして切なくなった。
それは俺なんかよりニノの方が数倍も辛いんだって
思ったら、そんな事考えちゃいけないって
自分に言い聞かせた。

そしていつものように
口内でニノの張り詰めたそれを慰めると、
まずはニノが最初の絶頂を迎える。
ニノにもう一度口付けると
凄く欲しそうな目をして俺を見る。

智 「駄目だよ。ここからはお前が頑張らないと。」

和 「う・・ん・・・」

俺だってニノが欲しいけど・・・
今日は我慢するって決めたんだ。
まだまだニノは躊躇いの表情を隠せない。

それでも俺と上下を入れ替わり
俺の身体の上に跨って俺を見下ろして
眉を顰めた。
その顔が何時もは見せない表情というか・・・
ゾクッとするほど男前に見えて
俺に一瞬だけ緊張感が走った。

そして、ニノの方から荒々しく俺に口付ける。
ゴクゴクとニノの喉が鳴って
たちまちもう一人のニノが元気を取り戻して行く。

ああ・・・どうしよ。
いよいよじゃん・・・。
覚悟したとか言いながら
俺はちょっとビビッてた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。