君への想いを,  心の扉開くとき,  第2章

心の扉開くとき②

第二章

心の扉開くとき②

 

 

 

智 「帰るって・・・今から?」

和 「そう、だって大野さん迷惑そうだし・・・」

智 「迷惑だなんて、おいら一言も言ってないじゃん。」

和 「怒ってるみたいだし。」

違うんだ。俺は本当は内心ドキドキしてんだよ。
それに気付かれないように必死だから機嫌悪く聞こえたのかも。

和 「それじゃ、本当に泊めてくれる?」

智 「ああ、だから帰るなんて言うなよ。」

和 「それじゃ、あと1本貰っていい?」

智 「まだ飲むの?」

和 「さっきも言ったじゃない。俺、最近寝付きが悪くて・・・」

智 「そうか、それじゃ俺もちょっとだけ付き合うよ。」

俺は貰いもののワインを空けてグラスに注いだ。
眠れない時は少し強めの方がぐっすり眠れるだろうと思ったから。

和 「え?ワインとか有ったの?」

智 「うん、こっちの方が効けるから多分爆睡出来るよ。」

和 「大野さん?ひょっとして(笑)」

智 「な、なんだよ?」

和 「俺の事酔わせて、何かしようと思ってるでしょ?」

智 「そうだな。それもいいな・・・うふふふっ。」

和 「なっ///」

あれ?ニノが真っ赤になった。
なんで?今の冗談のお返しだったんだけど。
こっちの方が急に恥ずかしくなって、俺はグラスの中のワインを一気に飲み干した。

智 「さっ、そろそろ寝ないと明日寝坊しちゃうぞ。」

俺はソファーの上のクッションを枕代わりに
頭の下に敷いてさっさと寝転んだ。

和 「ホントにそこで寝るんだ?」

智 「うん、お前は俺のベッド使っていいから。」

ニノは暫くソファーに腰掛けたままボーっと何か
考え事するように一点を見つめてた。
それから立ち上がると俺の方にゆっくり近付いてきて

和 「ねぇ・・・本当に寝ちゃうの?」

智 「なんだよ?眠くならないの?」

和 「うん。あのさ、大野さん。俺に何か言い忘れてない?」

智 「え?あっ・・・おやすみ。」

和 「そうじゃなくて。」

智 「何かって・・・」

和 「だってJはさ・・・何も無くて今日みたいなことわざわざするかな?」

智 「あ、その事?」

俺はソファーから起き上がって再びそこに腰掛けた。
ニノも俺の横に座った。

智 「おいらは松潤が何考えてるのかはわかんないや。」

和 「俺はなんとなくわかるんですけど・・・」

それって、つまり俺がニノに特別な感情を抱いてるって事に
ニノ自身も気が付いてるって事?
まさか・・・だよな。

和 「俺ね、回りくどいの苦手だから単刀直入に聞くけど・・・
大野さん、俺の事どう思ってる?」

智 「えっ?」

和 「俺はただの仕事仲間ですか?」

智 「ニノ?酔っちゃった?」

和 「うん。酔ってるかもしんない。」

智 「ほら・・・寝室はあっちだよ。」

俺はニノの手を掴んで立ち上がった。
そしたら、その手をぐっと掴まれて
俺はソファーに再び引き戻された。

和 「逃げないでちゃんと答えろよ!」

智 「こ、答えるも何も・・・」

和 「何も?」

智 「おいらは昔っからニノの事好きだよ。」

和 「うん、それは知ってる。」

智 「ええ?」

和 「知ってるけど」

智 「そうか。それじゃもう答えたから寝よう。」

和 「ん、待って。好きだから俺とどうしたいの?」

智 「やっぱ酔ってるね。」

和 「俺とさ、こうしたいんじゃないの?」

ニノはそう言うと、俺の顎を片手で引き上げて
目を細めてなんとも色っぽく近付いてきた。

そして・・・
ゆっくりとその唇が俺に重ねられた。

 

 

 

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。