リアル復活ラブ,  君への想いを,  第21章

リアル復活ラブ③

第21章

リアル復活ラブ③

 

 

 

 

 

俺は駄目もとでニノの携帯に電話を入れた。
運転中だから出ないかな?

おそらくまた実家にでも戻ってるんだろう。
10回位コールしたら
思いもよらずニノが電話に出た。

智 「もしもし?ニノ・・・」

和 「ごめん、後でかけ直す。」

智 「う、うん・・・」

出ると思ってなかったから
逆に俺はビックリした。
しかも自分からかけ直してくれるらしい。
もしかして、家出したと思ったのは
俺の勘違い?
コンビニとか何か買い物しに行ったのか?
だけど、それならちゃんとその旨を伝えてから行くだろう。

それから20分位してから
ニノが電話をかけて来た。

和 「もしもし・・・」

智 「ニノ?何処に居るの?コンビニか?」

和 「ゴメン・・・暫く1人になりたい・・・」

智 「ど、どうして?あの事、怒ってるの?」

和 「べつに俺はあなたに怒ってるんじゃないよ。
俺さ・・・なんか自分に腹が立ってるの。
仕事だし、あの事も事故だって分かってる。
だけどどうしても許せないの・・・」

智 「ニノ・・・ニノの気が済むんなら
俺の事殴ってくれても・・・
何したって全然構わないよ?絶対怒んないから!
だけど、出て行くのだけはやめろよ。
そんなことしても何の解決にもならないよ。」

和 「あなたは優しすぎるんだよ。
それに引き換え俺は・・・
あなたの仕事を理解しようともしてあげられない。
きっとあなたに俺はふさわしくないのかも。」

智 「んもう!何バカなこと言ってるの?
いいからとにかく早く戻っておいでよ。」

和 「ゴメン・・・」

智 「ゴメンじゃないよ。いいな?絶対戻って来いよ。」

和 「ゴメン・・・」

智 「ま、待って・・・ニノ?まさか俺と別れたいの?」

和 「・・・また、気持ちの整理がついたら連絡する。」

智 「えっ?ニノ・・・ちょっと待ってって・・・」

そこで電話は途切れてしまった。。
マズイな・・・。
ちょっと、この前の喧嘩とは質が違うっていうか。
思い詰めちゃってるのが分かる。

あんなドラマの仕事なんか引き受けなければ良かった。
何がアイドルだ・・・
何がタレントだ・・・
どうして仕事で自分の私生活まで
めちゃくちゃになんなきゃならないんだ?

まさか、このまま別れる方向で
考えちゃうとかないよな?
嫌だ、嫌だ、嫌だ!
せっかく二人でちょっとずつ積み重ねてここまで来れたのに。
今更ニノが居ない生活なんて俺には考えられないよ。
俺は、成すすべもなくそれから夜中まで
1人で不安を打ち消す為に酒を飲んでいたら
スマホに着信が入った。

ん?またニノからか?

智 「もしもし?」

翔 「あっ・・・大野さん?俺だけど。」

智 「翔ちゃん?どうしたの?こんな時間に・・・」

翔 「急いで来て・・・。ニノが大変なんだよ。」

智 「えっ?ニノどうかしたの?」

翔 「交通事故に遭ったんだ。今救急医療に来てる。」

智 「事故?う、嘘だろ?」

翔 「突然俺に話が有るって電話してきたからさ、
待ち合わせしてその場所に向かってたんだけど、
そしたら通り掛かった近くの交差点で騒動になってて
ニノが・・・・とにかく直接話すから
あなたも今すぐ病院へ来てよ。」

俺は頭の中が真っ白になった。
とにかく直ぐにタクシーを呼んで
俺は教えられた病院へ急いだ。
ニノ・・・俺のせいだ。
俺のせいでニノが・・・

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。