リアル復活ラブ,  君への想いを,  第21章

リアル復活ラブ⑤

第21章

リアル復活ラブ⑤

 

 

 

俺はニノの手を掴んだまま
ベッドの縁に伏せた状態でそのまま眠ってた。
もぞもぞと、手元が動いて俺は目が覚めた。

頭を起こしてニノの事を見たら
意識が戻ったみたいで
ボーッと天井を見つめてた。

智 「ニノ・・・?」

和 「・・・ここって・・・病院・・・ですよね?」

智 「うん、昨日事故に遭って、そのままここに運ばれたんだ。」

和 「・・・そうか。それで・・・失礼ですけど、あなたは?」

智 「えっ?」

和 「どちら様でしたっけ?」

智 「え?俺だよ・・・覚えてないの?」

和 「・・・はぁ。」

智 「嵐・・・大野だよ。本当にわかんないの?」

和 「・・・」

なんてことだ。ニノは記憶を失ってるのか?

智 「嵐は?自分の名前は?」

和 「・・・あらし?」

智 「わかんないの?」

和 「・・・すみません」

無表情なニノ。
笑いもしなければ、悲しい顔もしない。
俺にはそんなニノがまるで別人みたいに見えた。

智 「何処か痛いところは?」

和 「あちこち・・・痛いです。」

智 「待ってて、先生を呼んでくるから・・・」

俺はナースステーションに行き
担当医を呼んでもらう。
ニノは、痛み止めの注射を受けて
暫くまた眠った。
俺は担当医に記憶が失われてる事を伝えた。

医 「頭を少し打ってる可能性が有るので
とりあえず今日検査はしますが、CT検査では
特に外傷は見付からなかったので、おそらく一過性の
記憶障害だと思います。心配要りませんよ。」

智 「一過性?そ、そうですか・・・」

直ぐに思い出すってことだよね?
俺にはとてもそんなふうには見えなかったけどな。

それからニノの事故の事で
俺は事務所の幹部に呼び出され
病院を出て事務所に向かい、ニノの病状を説明した。

とにかく、ニノは暫く仕事どころではないので
代わりにメンバーが交代で仕事を引き受けることになった。
夕方過ぎに仕事を終えた俺は
再び病院に戻った・・・。

ニノの検査結果が出ていて
俺は担当医から説明を受けた。

車のガラスが割れて
至るところにそれが刺さった傷はあるものの
軽い打撲程度の怪我で
骨や頭部に全く異常がみられなかったらしい。
明日にも退院出来ると言われた。

問題は記憶障害だ。
俺の事を覚えてないのに
家に連れて帰っても大丈夫なのかな?
そんな事考えていたら
松潤と相葉ちゃんが見舞いにやってきた。

雅 「あっ、リーダー・・・ニノは?」

潤 「驚いたよ・・・。交通事故だって?」

智 「あ、うん。でも大した事ないって。
明日にも退院出来るらしいよ」

雅 「そうか・・・良かったね。たいした事なくて」

智 「うん・・・でもさ・・・」

潤 「どうかしたの?」

智 「記憶が無いみたいでさ。」

雅 「ええ?記憶喪失?」

智 「うん。一過性だろうって先生は言ってるんだけど
嵐のことも、俺の事も、全く覚えてないみたいなの。」

潤 「マジで?」

雅 「それって大変じゃない・・・」

智 「大変だよね・・・」

潤 「嵐のこと覚えてないんじゃ、踊りも歌も全然って事だよね?」

智 「たぶん・・・」

潤 「ニノと話せる?」

智 「話せるのは話せるけど・・・誰なのか分かんないと思う。」

雅 「それショックだな。」

潤 「でもちょっとだけ顔見てくるわ・・・」

雅 「あ・・・俺も・・・」

二人とはロビーで話してたんだけど
ニノにひと目逢って来るからと病室へ向かった。
俺は、マネージャーにも明日の退院について
説明しなくてはならなくて
ロビーでマネージャーが到着するのを待ってた。

****ニノの病室****

雅 「ニノ~大丈夫か?・・・」

和 「あ・・・相葉さん、Jも来てくれたの?」

潤 「え?あれ?ニノ、俺達の事は分かるの?」

雅 「記憶喪失じゃなかったの?」

和 「えっ・・・ああ・・・(笑)」

潤 「リーダーのヤツ騙しやがったなぁ・・・」

和 「そうじゃないですよ。ちょっと演技してるんです。」

雅 「演技?」

和 「これ、内緒にしてくれるって約束して貰えます?」

雅 「うん、誰にも言わない・・・」

和 「悪いけど少しの間だけ協力して貰えるかな?」

潤 「ニノが記憶喪失だと聞いて焦ったけど、フリだったって
聞いてホッとした(笑)いいよ、何時まで協力すればいいの?」

和 「退院しても俺2週間程まともに仕事行けないんです。
だからせめてその2週間だけ・・・」

雅 「リーダーにだけは記憶なくなった事にするのね?」

和 「まぁ、そういう事です・・・」

潤 「例のドラマのお仕置きかぁ・・・。こええなぁ(笑)」

和 「お仕置きなんかじゃないですよ。俺、家出してから
こんな事になっちゃったでしょ。だから色んな事を
リセットするのに丁度いいかと思って・・・」

潤 「まさかリーダーと別れる気なの?」

和 「いや、まさか(笑)」

潤 「それならいいけど。」

雅 「仲直りする為のお芝居なら、喜んで付き合うよ。」

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。