リアル復活ラブ,  君への想いを,  第21章

リアル復活ラブ⑧

第21章

リアル復活ラブ⑧

 

 

 
和 「俺さ・・・思い出したから」

ニノがとうとう俺のところに
帰って来てくれた・・・。
おそらく、今日、昼間翔ちゃんが来てた筈だから
何か助言でもしてくれたんだろうって思った。

智 「思い出した?」

和 「そう、全部思い出したの・・・」

智 「そうか・・・」

和 「うん。あなたに沢山迷惑掛けちゃったね・・・」

智 「ううん・・・。いいんだ。それよりさ・・・」

和 「うん、何?」

智 「俺の事さ、思い出したら嫌になった?」

和 「どうしてよ?」

智 「嫌いにならなかった?」

和 「なるわけないでしょ(笑)」

智 「良かった・・・」

和 「逆だよ。俺にはあなたが居ない人生なんて
   やっぱり考えられないって思った。」

智 「ニノ・・・」

和 「冷めないうちに食べてよ。特製カレー。」

智 「ニノ・・・」

和 「なんだよ(笑)」

智 「チューしたい・・・」

和 「あ・・・それは後から幾らでもしてあげるよ(笑)」

智 「本当に?」

和 「はははっ・・・我慢してたんだ?」

智 「笑いごとじゃねえし・・・」

和 「ゴメンね・・・サトシ」

俺は、久し振りにニノからサトシって呼ばれて
嬉しくて泣けてきた・・・。

和 「やだ、なに泣いてるの?(笑)」

智 「だって・・・お前・・・大野さん、大野さんて・・・
   めっちゃ他人行儀だったじゃん。」

和 「あはは・・・ゴメン、ゴメン・・・」

ニノのカレーを腹一杯食べて
俺は今夜もニノと風呂に入った。
まだ傷跡が生々しくて
肩や背中の傷に優しく口付けた。

和 「だいぶ治ってきたでしょ。
   あなたが毎日手当てしてくれたお陰です・・・」

智 「明後日のロケにはもう復帰するって本当か?」

和 「え?何でそれ知ってるの?」

智 「んふふ、スタッフに聞いた。」

ニノはそこで自分のミスに気が付いたみたい。
自分でスタッフに電話したことをスッカリ忘れてたようだ。
左手で口元を覆って目配せしてマズイって顔をした。
俺はその手を握って
笑いながらニノの顔を覗き込んだ。

和 「知ってたの?」

智 「んふふっ。」

和 「どうしてその時に何も言わなかったの?」

智 「ニノには考えがあっての芝居だったんだろう?」

和 「そりゃそうですけど・・・」

智 「俺にお前の事責める資格なんて何処にも無いよ。
   お前がここに帰って来てくれただけで、俺は嬉しかったの。
   でもね・・・一つだけ俺にも誤算はあったよ。」

和 「誤算?」

智 「お前の裸毎日見ても、何にも出来ないなんて
   死ねと言われてるのと同じだったってこと・・・」

和 「あっ///」

智 「お前はよく平気だったな。」

和 「平気なんかじゃなかったよ。」

智 「そうか?それじゃお前も我慢してたのか?」

和 「まあね・・・」

智 「意味わかんねえけど・・・ま、いいや・・・」

俺はニノ唇を荒々しく貪るように口付けた。

智 「あーもう、限界だわ。早く風呂出よう・・・。」

まだ、消毒やら包帯しなくちゃなんなくて
そっちの方が先だもの・・・。
いつものように丁寧に消毒を済ませて
数箇所に包帯捲いてあげて。
髪の毛をドライヤーで乾かしてあげたら
ニノの手を握って・・・

智 「早く・・・しよ。」

って2階の寝室に連れてった。
バスタオル1枚腰に捲きつけてた俺は
それをさっさと剥ぎ取って
素っ裸でニノをベッドに押し倒した。

俺の下半身を見て大笑いしながら

和 「もう、どんんだけスタンバイしてんの?(笑)」

って、俺の首に腕を捲きつけてキスを誘った。
そういうニノだって我慢してたくせに・・・。

智 「ニノ・・・今日はお前全然動かなくていいからな。」

和 「え?」

智 「まだ、あちこち痛いだろ?」

和 「あ、うん・・・」

まだ傷が生々しいニノを
優しく労る様に愛撫してあげると

和 「ンッ・・・サトシ・・・スキッ・・・」

って甘い溜息みたいな吐息を漏らしながら
俺にそう囁いた・・・。

智 「お帰り・・・カズ・・・」

もう二度と何処へも行くなよ。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。