お揃いへの拘り,  君への想いを,  第22章

第22章 お揃いへの拘り①

第22章

お揃いへの拘り①

 

 

ニノの事故で負ってしまった傷も
時間と共に徐々に回復して
仕事にも復帰できるまでになった。

俺達はというと
今回の事でまた更に愛情が深まった気がする。
俺は、仕事やニノの事があって
翔ちゃんの誕生日のプレゼントの事を
すっかり忘れていた・・・。

智 「やばい・・・もうどんだけ遅れちゃったんだ?」

和 「何?どうしたの?」

智 「翔ちゃんに、俺誕生日のお返ししてないんだ。」

和 「マジで?今からでもちゃんと贈ってあげなよ。
翔ちゃんには俺達いつもお世話になりっ放しなんだから。」

智 「だよな・・・」

和 「あなた明日休みだよね?
俺も明日は早く終わると思うから
なんなら一緒に買いに行きましょうか?」

智 「マジで?そうしてくれる?」

和 「近くのアウトレットとかでいいよね?」

智 「うん・・・」

俺とニノは翌日約束通り、
家からそう遠くないアウトレットモールへ出掛けた。
とはいえ、何にするかを全然決めてなくて
ニノとぶらぶらとモールの中を歩き回る。

俺とニノはニット帽にマスクって
似たような普段着スタイルで
これって二人で話し合ってるわけじゃないけど
不思議と背格好も似てるから
意識しなくてもペアルックみたいになってしまう。

ふっと足元まで目をやったら
俺達はスタイリストさんに以前プレゼントで貰った
茶色いルームシューズを外履きにしてるから
同じくらいボロボロに履き込んじゃって
そろそろ替え時か・・・。

智 「あ・・・そうだ。」

和 「何?」

智 「翔ちゃんのプレゼント、ルームシューズにするっ。」

和 「ああ・・・いいかもね。」

智 「なあ、ついでに俺達のも買い換えない?」

和 「え?俺はこのシューズ気に入ってるからいいよ。」

智 「駄目っ。お揃いにするの・・・」

俺はニノの手を繋ぐと
こっちって雑貨屋に入って行った。

和 「翔ちゃんにはちょっとお洒落なデザインのにしたら?
あの人、俺達みたいに外履きにはしないと思いますよ。」

智 「だよね・・・。部屋履きなら派手なのでも大丈夫か。」

和 「ちょっと質感がイイやつにしてあげなさいよ。
あ・・・これなんてどう?」

赤ベースに鹿の模様・・・
いかにも翔ちゃんらしくて、二人で顔を見合わせて笑った。

智 「うん。これにする。で?俺らはどれがいい?」

和 「買ってくれるの?」

智 「いいよ。好きなの選べよ・・・」

和 「こんなに有ったら選べないよ。サトシが好きなのにして。」

智 「俺らは外履きにするからなぁ・・・。
そうだ、黒無地がいいね。上の洋服を選ばないから。」

和 「履き心地がよければ私はどれでも構わないです。」

智 「じゃ、黒無地で・・・あ、今のこの靴もさ
目印が無いからよく間違えてお前のを
履いて仕事行っちゃってたんだよな。」

和 「だったら色違いにする?」

智 「いやだ・・・お揃いがいいの!」

和 「頑固だな(笑)それじゃ、このタグ付いてるのと
何も付いてないのとにしたら?」

智 「あ、これなら間違えないね」

早速それに決めて
俺はレジで支払いをして
翔ちゃんのルームシューズだけ
プレゼント用にきちんと包装してもらった。

それから自分達のは
簡易な包装で受け取り、ニノに持たせた。
表のベンチに腰掛けて、ニノが
早速その黒のルームシューズを履いてみせた。

和 「ふふっ・・・これいいよ。茶色より外履きっぽいね」

智 「だろう?」

和 「有難う。なんか翔ちゃんの買いに来たのに悪いね(笑)」

智 「んふふ・・・次はお前の誕生日の時に
新しいサンダル買ってあげるよ。その時は
俺もお揃いのヤツ買うわ・・・」

和 「なんだかんだ言って、あなたも欲しいんじゃないの?」

智 「お揃いじゃないと駄目なの」

和 「何だよ・・・変なところに拘る人だね(笑)」

智 「だって、世間に公表出来ないんなら、せめてお揃いくらい
楽しまないとね・・・。」

お揃いの靴履いていたって言っても
多分、仲イイね・・・くらいしか思われないんだから。

和 「ちょっと、ここで待ってて。直ぐに戻るから・・・」

智 「何だよ?トイレか?」

和 「いいから、ここに居て・・・」

ニノが何かを思い出したように
雑貨屋に走って行った。
数分後に、その店から何かを購入したみたいで
ニヤニヤしながら袋を片手に俺の元に戻って来た。

智 「何?随分嬉しそうじゃん。」

和 「あのねっ、シューズの御礼を買ってきたの。」

智 「ええ?いいのに・・・御礼なんて。」

和 「そうはいかないよ」

智 「なになに?気になるな・・・」

和 「あ・・・ここではちょっと(笑)」

何だろう?
あ、分かった。下着とかか?
多分物凄く恥ずかしい感じの下着とかだな?

和 「さ、帰りましょうか。俺が買ったのは戻ってからの
お楽しみって事で・・・」

凄い気になるけど、まあとりあえず
ニノが喜んでくれたから
俺はそれで満足だ。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。