君への想いを,  最優秀主演男優賞の恋人,  第23章

最優秀主演男優賞の恋人③

第23章

最優秀主演男優賞の恋人③

 

 

 

智 「ニノ・・・」

和 「ああ・・・サトシただいまあ・・・」

智 「どうしたの?こんなに酔っ払うなんて。」

和 「もうね~嬉しくってえ・・・えへへへっ」

智 「うん・・・とにかく靴脱いで・・・」

玄関で自力で立てないくらいヘロヘロなニノ。

和 「あっ・・・もうついでに服も脱いじゃおっと。」

智 「おいおい・・・ダメだって、こんなとこで。ほら、立てるか?」

和 「やだっ・・・立てないっ・・・」

智 「ほら、掴まれよ。」

和 「なんだよ?嬉しくないの?俺、最優秀取ったんだよ?」

智 「嬉しいに決まってるじゃん。もう、誰だよこんなになるまで
飲ませてさ・・・」

和 「岡田っちい(笑)岡田っちは優しいんだよ。」

智 「おいらと岡田っち、どっちが優しいんだよっ?」

和 「そりゃあ・・・フフフッ。」

ふらふら泥酔のニノを抱えて
リビングのソファーに座らせた。
キッチンでグラスに水を汲んでニノに飲ませた。

和 「やーだ・・・ビールがいいよお。」

智 「もう、明日二日酔いになっても知んないからな。」

和 「やっぱり岡田っちの方が優しいから好きぃ。」

智 「そ、そんなに岡田っちがいいなら岡田っちと一緒になれば!」

和 「言われなくてもそうしますぅだ!
あん・・・俺ね、岡田っちとチューしたよぉ・・・」

智 「うそ・・・」

和 「だって、あの人俺の事可愛い、可愛いってね・・・フフッ」

智 「もう俺寝るわ・・・」

何だよ・・・。
幾ら酔ってるからって酷すぎるだろ?
違う男にキスとかするかな、普通?

俺は酔い潰れたニノをリビングにほったらかして
寝室に上がった。
深夜1時・・・
ニノはそのまま寝てしまったのか?
俺はもう一度リビングに降りて
ニノの様子をみに行った。

ソファーでだらしなく寝てる寝顔は
悔しいけどめちゃめちゃ可愛い。
小さくひとつ溜息をついて
俺は酔い潰れたニノを抱き上げて
寝室に運び、服を脱がせて
ベッドに静かに寝かせた。
俺の大切な恋人・・・
お願いだから、俺を不安にさせないでくれよ。
すやすや眠ってるニノの前髪をかき上げるように
優しく撫でたら、それに気付いたのか?
俺の手を握って、またむにゃむにゃと
何か言いたそう・・・。

智 「ニノ・・・」

和 「んー岡田っちぃ・・・むにゃむにゃ・・・」

何なんだ?コイツ・・・
岡田の夢でも見てるのか?
許せないっ。
俺は酔っ払いと分かっていても
他の奴の寝言言うやつとは一緒に寝れないって
ゲストルームで寝る事にした。

俺が朝から居なかったら
さすがに驚くかな?
まあ、ちょっとは反省させよう。
俺にばっかいつもヤキモチ妬いてるんだ。
俺の気持ちもたまには分からせよう。

だけど、俺はその時のニノの心情に
ちっとも気付いてやれなかったんだ。
何も理由無しにニノは酔い潰れるまで
酒を飲んでしまうようなヤツじゃないのに。

ニノの恋人失格だなって
実際に俺が気付いたのは・・・
それから数日経ってからの事だった。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。