君への想いを,  最優秀主演男優賞の恋人,  第23章

最優秀主演男優賞の恋人④

第23章

最優秀主演男優賞の恋人④

 

 

翌朝、目が覚めたニノは
俺の事を探してゲストルームを覗きに来る。

ガチャッ・・・

和 「サトシ・・・?」

智 「・・・」

俺は布団の中に潜ってニノの呼びかけを無視する。

和 「ねえ・・・サトシ・・・何でここで寝てんの?」

智 「・・・」

和 「俺さ・・・夕べ何か言ってた?」

智 「・・・覚えてねえのか?」

和 「どうやって帰って来たのかも覚えてなくて」

智 「ふーん・・・」

和 「ねえ・・・俺、何かあなたを怒らせるような事した?」

智 「べつに・・・」

俺はベッドから起き上がると、
ぐしゃぐしゃの寝癖のままリビングに降りた。

俺は朝から仕事だから着替えて顔を洗って
身支度を整える・・・。
ニノがコーヒーを淹れてマグカップを持って
俺に差し出して

和 「俺、何かあなたが気に入らない事したんだね。
ゴメンね。何も覚えてなくて。」

俺は岡田とキスした、その事が頭から離れなくて

智  「お前、酔ったら誰とでもチューするのか?」

和  「えっ?」

智  「お前は人には色々言うけどさ、自分の事は
やりたい放題なんだな・・・。」

和  「どういうこと?」

智  「もういいよ。俺仕事だから・・・」

和  「ね、待って。俺そんな事したって言ったの?」

俺の腕を掴んで泣きそうな顔で
俺を引き止めるニノ。

智  「・・・行ってくるわ。」

ちょっと、言い方キツかったかな?
でも、俺だって気持ちの整理が着かないから仕方ないんだ。

ニノは覚えてないって言ってるし
酔っ払った勢いの事故みたいな出来事を
これ以上責める気も無いけど
せめて、少しは俺の気持ちも分かって欲しかったから
今日1日くらい反省させてもいいかなって
そのくらいの気持ちだったんだ。

俺はCMの撮影で相葉ちゃんと松潤と同じ現場だった。

雅 「リーダー、おはよう。夕べはニノご機嫌だった?」

智 「う・・・うん・・・」

雅 「どうしたの?ご機嫌じゃなかったの?」

智 「夕べさ・・・戻って来たの12時回ってた」

雅 「ああ、もしかして祝賀会かなんかあの後に有ったの?」

智 「岡田と飲みに行ったらしい。」

雅 「へえ・・・真っ直ぐ帰るかと思ってた。」

智 「おいらもだよ。それがもうベロベロに酔っててさ。」

雅 「珍しいね、外であまりそこまで飲まないニノが?」

潤 「かなりのプレッシャーだったんじゃない?
本当にあの賞狙ってたみたいだし・・・」

雅 「ああ、それで一気に気が緩んじゃったのか・・・」

智 「それにしたって・・・」

潤 「まさか、あなたそれでニノに冷たく当たった
とかじゃないですよね?」

智 「いや・・・そのまさか・・・」

潤 「マジで?最悪だな。」

智 「だってニノのヤツ、岡田っちにチューしたとか
言いやがったから・・・」

雅 「えええっ?それホント?」

潤 「泥酔してからの事でしょ?正気だったらしないよ。」

智 「そりゃ分かるけど・・・でも・・・」

潤 「ねえ、大野さん。どうしてあのニノがさ、そこまで
賞を取りたかったか分かる?」

智 「それは・・・自分の演技を認めて欲しいからだろ」

潤 「それだけ?」

智 「違うの?」

潤 「恐らくね。あなたとの同棲認めて貰ってから
仕事に身が入らなくなったとか、人気が落ちたとか
上の人間にそう思われるのが嫌だったんじゃないの?
あなたと暮らすようになって、前よりも状態が良くなったって
上から思われたいから、その為に形になるものが欲しかった
んだと思うけど。そもそもニノは賞なんか本気で欲しがるような
ヤツじゃないよね?違います?」

智 「あ・・・」

潤 「リーダーとの生活を守る為だと思うよ。
だから、絶対にニノは昨日の最優秀賞が欲しかった。
そのプレッシャーったら、多分もの凄かったと思うよ。」

雅 「なるほど・・・ニノらしいよね」

智 「そ・・・そうか・・・」

潤 「その重圧から開放された時に酒なんか飲んでみなよ。
誰だって、そんな風に飲んじゃうと思うけど?」

雅 「嬉しかったし、ホッとしちゃったんだねぇ。分かるなぁ。」

智 「俺・・・酷い言い方しちゃったかも・・・」

潤 「あなたって、本当に馬鹿だよね(笑)」

智 「ねえ・・・どうしたらいい?」

雅 「簡単じゃん、ゴメンねって謝ればいいんだよ(笑)」

潤 「ま・・・今夜もそのままなら気まずいでしょうね(笑)」

智 「ええっ・・・どうしたら許してくれるかな?」

潤 「ニノが好きなもんでも買って帰れば・・・」

智 「ニノは食に拘りがないんだよ。俺と一緒でさ・・・」

雅 「ニノは食べ物なんかでは釣れないよ。」

潤 「そうだ!ロマンチックな所にデートにでも誘ったらどう?」

雅 「さすが、MJだね(笑)」

智 「ええ?例えば?」

潤 「二人の思い出の場所とかないの?あっ・・・あるじゃん!」

智 「何処何処?」

潤 「ってか、何で俺が二人の思い出の場所あなたより知ってるの?」

松潤は腹を抱えて笑った。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。