君への想いを,  最優秀主演男優賞の恋人,  第23章

最優秀主演男優賞の恋人⑤

第23章

最優秀主演男優賞の恋人⑤

 

 

潤 「待って!なんで俺の方があなた達の思い出の場所とか知ってるんだよ(笑)」

智 「確かに・・・」

雅 「だけど、そもそも松潤はさぁ、
二人のキューピット役だったんでしょう?」

潤 「まあね。だから、大野さん、最初に俺が引き合わせた
あの店にまた誘えば?」

智 「おっ、なるほど・・・」

雅 「そこでちゃんと結婚を申し込んだら?」

智 「俺達もう、結婚してるのと一緒だよ・・・」

潤 「それじゃ、指輪とかあげたの?挙式は何処かで済ませた?」

智 「あ・・・そういえば想像妊娠騒動で忘れてたわ。」

雅 「ほらねっ。頑張らないと、リーダー。うひひひっ」

智 「う・・・うん・・・」

潤 「この撮影終わったらちょっとだけ時間が空くけど、
指輪買いに行くなら付き合うけど・・・」

智 「そうしてくれる?おいらそういうのさっぱり分かんないから。」

雅 「俺達だって結婚してないから分かんないよな(笑)
あ・・・でも松潤はセンス良いから着いて来て貰ったほうが
いいかもね・・・」

潤 「それじゃ、早速リーダーはニノに連絡入れて。
今夜は仕事は?」

智 「うん、もうこれ終わったら何もない・・・」

潤 「了解・・・それじゃ、あの店19時に予約でいいかな」

智 「うん、多分ニノも今日は夕方には終わると思うから。」

俺はニノに電話をしてみた。
仕事中かな?数回コールして出ないから
俺は仕事に戻った。

夕方に撮影が終わって
着替えを済ませると
俺は松潤とアクセサリー専門店へ指輪を買いに行く事に。

潤 「あのさ、教会で式も挙げたら?
二人のスケジュールが分かるなら俺、
それも予約しといてあげるから・・・」

智 「ありがとう、松潤。ホント助かるよ・・・」

潤 「大野さんはタキシードでいいけどさ、ニノはどうすんの?」

智 「二人共タキシードじゃマズイ?」

潤 「あなたドレス着たら?昔さ、番組で女装した時、
結構イケてたよね(笑)」

智 「おいら、がに股だから無理だよぉ。」

潤 「それじゃ、やっぱりニノか。」

そんな時、ニノから着信が入る。

智 「あ・・・もしもし、ニノ?」

和 「うん・・・電話した?」

ニノの声はやっぱり朝の事が有ったからか、元気が無かった。
そりゃ、俺から今朝あんな言い方されてるから
自分が何言ったのか思い出せないだろうし
不安なんだと思う。

智 「あのさ、今夜ちょっと二人で飲みに行かない?」

和 「え?どうしたの?急に・・・」

松潤が色々言うなって、隣で俺にシーッて
人差し指を唇の前に立てて合図した。

智 「うん・・・いいから、とにかく〇ビルの前に
19時ちょっと前に待ってるから。」

和 「あ・・・うん。なんか分かんないけど、行けばいいのね?」

智 「ちょっとはお洒落して来いよ。」

和 「え?どうして?」

智 「いいから、たまにはお洒落しろっ(笑)」

電話を切ると、松潤がそんな俺の電話の会話を聞いて
ゲラゲラ笑ってる。
そりゃ、そうだよな。
松潤は言わなくても出掛けるとなると
とことんお洒落な普段着を決め込むけど
俺らはそういうの全く無頓着だから
出掛ける、外飯・・・といっても
せいぜいラーメン屋がいいところだから
お洒落なんて一切考えないからな。

潤 「ハハハッ、とりあえず指輪見ますか?」

智 「うん・・・」

ジュエリーショップの店員と
昔からかお馴染みなんじゃねえの?
ってなくらい、親しげに話をする松潤。
俺はわけが分かんなくて、まるで親の買い物に着いて来た
子供みたいに松潤の後ろにピッタリとくっ付いて
店内を物珍しげに見て回った。

潤 「結婚指輪が欲しいんだけど・・・あ、俺じゃないよ(笑)」

店員 「ビックリした。松本さんかと思いましたよ・・・」

潤 「俺もそのうちお世話になりますよ(笑)
そうだなあ・・・シンプルなのが良いと思うけど。」

店員 「それじゃ、こちらなんかいかがですか?」

潤 「どう?大野さん・・・これシンプルでいいんじゃない?」

店員 「え?大野さんの・・・ですか?」

潤 「それも近いけど違うよ(笑)」

智 「俺、分かんないから任せるよ」

潤 「値段とか勝手に決められないから、ちゃんと見てよ。」

智 「うわっ・・・結構高いな・・・」

潤 「女の子なら婚約指輪だけでも家が買えるよ。
この位稼いでるから安いもんでしょ(笑)」

智 「むう・・・なんで俺が出さなきゃなんないの?
ニノだって男じゃん・・・」

潤 「他のヤツならニノに買ってやるんじゃない?
例えば・・・岡田君だとか(笑)」

智 「わ、分かった。買うよ。買えばいいんでしょ?」

潤 「それじゃ、決まりねっ。」

俺は店員にイニシャルと日付を伝えて
指輪の裏に彫って貰う・・・。
カードで支払いを済ませると
松潤とはお別れ。

智 「色々と有難うね。」

潤 「今夜は岡田君の話は絶対にしちゃダメだよ。」

それじゃねって俺を残して
松潤は次の仕事に戻って行った。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。