君への想いを,  最優秀主演男優賞の恋人,  第23章

最優秀主演男優賞の恋人⑥

第23章

最優秀主演男優賞の恋人⑥

 

 

 

俺は仕事で着ていた衣装がたまたま
スーツでネクタイってスタイルだったんで
そのまま丸ごとその衣装を買い取って
約束の場所へ向かった。

丁度サラリーマンの帰宅時間とガチあってるから
あまり目立った場所には立っていられない。
ニノに取り合えずLINEして、待ち合わせのビルの1階の
コーヒーショップの隅の方でニノを待つ事にした。
ガラス張りの店のテーブルから
道行く人と目が会わないように
ひたすら存在を消して
ニノの姿を人ごみの中から探す。

10分位してから
猫背気味にこちらに向かって歩いてくる
可愛らしい恋人の姿を見付けた。
なかなかニノにしてはお洒落な服で決めてる。
ちゃんと言われたとおりにしてくるって
どんだけ可愛いんだよ。

俺は席を立って
ニノに向かって手を振ったけど
気付かないわな・・・。
俺は朝出掛けた時の格好とは違って
スーツ姿だから。

俺は急いでニノが立ってる場所へ向かう。
ニノはキョロキョロと俺を探してる感じ。
俺は後に回って
背後からからふざけた声を掛けた。

智 「お兄ちゃん、俺と遊ばない?」

和 「え?あっ・・・」

智 「あはははっ。ビックリした?」

和 「何?その格好・・・仕事から直接来たの?」

智 「そう・・・ニノと大事なデートだから(笑)」

和 「なんか企んでるだろ?」

智 「んふふっ。いいから行こう・・・」

和 「行くって何処に?」

智 「俺達の大事な想い出の場所だよ。」

ニノは首を傾げて俺の横を歩いた。
そのビルの近くまで来たら
さすがに思い出したみたいで

和 「あ・・・ここってもしかして?」

智 「うん、思い出した?」

和 「うん・・・。へえ・・・そうだったの。」

智 「ええ?」

和 「お洒落して来いって、そういうことね・・・」

智 「そうそう。ここはさすがにパーカーとサンダルじゃマズイだろ。」

和 「そうですね・・・」

ニノはちょっと俯いて
嬉しそうに笑った・・・。

店 「いらっしゃいませ・・・ご予約の大野様ですね?」

智 「窓際、空いてます?」

店 「はい・・・ご用意しております。」

そう・・・その席はあの日と同じ
ガラス越しの夜景を見渡せる最高の席。
俺達はそこに並んで腰を降ろした。

俺はジントニック、ニノは連日だから
飲まないってノンアルコールビールを頼んだ。

智 「1杯ぐらい付き合えよ」

和 「ダメだよ。車で来ちゃったもの。」

智 「そうなの?なーんだ・・・」

和 「心配しないで、あなたが潰れたらおいて帰るから(笑)」

智 「マジか・・・それなら好きなもん食えよ。」

和 「うん・・・サトシ、有難うね」

智 「違う違う・・・今日は受賞のお祝いのつもりなの。」

和 「あ、そうなんだ。」

運ばれて来たグラスを傾けて乾杯をした。

智 「良かったな。おめでとうニノ・・・」

和 「うん、ゴメンね。夕べは・・・」

智 「今日はその話はもう止めとこうよ。」

和 「うん、でも・・・。あのね、俺ね、今日気になって
岡田君に電話してみたの・・・」

智 「ええ?」

和 「だって酔っ払って失礼な事したかもしんないじゃん。」

智 「まあな・・・」

和 「俺、何も覚えてないって言ったら、凄い笑われて・・・
でもね・・・その、言ってたみたいな事は
何もしてないって・・・」

智 「うん・・・。そうか。」

和 「怒ってない?」

智 「怒んないよ。」

和 「どうして?俺ね・・・」

智 「俺がお前の事全然分かってなくて、今朝あんな事言って
悪かったって思ってる。ゴメン・・・」

和 「俺、どうしてあんなになるまで飲んじゃったのか・・・
正直自分でも分かんなくってね。」

智 「凄いプレッシャーだったんだよな。お前が取るって分かってても
俺だって吐きそうなくらい緊張したもの。」

和 「もしかして、これってJの提案?」

智 「え?何で分かったの?」

和 「ええ?そりゃ分かるよ。それでも嬉しいけど・・・」

智 「それじゃ、ついでにもう1個喜んでくれるか?」

和 「え?何?」

俺は上着のポケットから
さっき松潤と買った指輪を取り出すと
ニノに箱ごと渡した。

智 「開けてみて・・・」

和 「こ、これってもしかして?」

ニノの瞳がキラキラに輝いて俺を見つめた。

和 「これって、結婚指輪?」

智 「手・・・貸してみ?」

俺はニノの可愛らしい手を取り
薬指にそっとその指輪を嵌めてあげた。
ついでに俺のもニノに渡して嵌めて貰った。

智 「結婚してくれるよね?」

和 「勿論・・・ていうか、もうしてるのと一緒でしょ?」

智 「教会行くのも話だけで終わってるから、
今度お互いの休みが合う時に行こうな。」

和 「何か最高のご褒美だな・・・」

智 「お前は一人で何でも背負い込もうとするからな。
これからは、二人で全部分かち合っていくんだぞ。
嬉しいことも、しんどいことも・・・」

和 「うん・・・」

ニノは感激だったみたいでずっと目がウルウルに潤んでた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。