君への想いを,  愛の証 ,  第24章

愛の証⑥

第24章

愛の証⑥

 

 

 

和 「顔に掛けるなんて、酷いよ!」

智 「ゴメンって謝ってるじゃん。」

和 「もしかしてそれって、若さをアピールしてるんですか?(笑)」

智 「アピールじゃなくて、実際にまだ若いもん。」

和 「若いっていうか、子供じゃん。
何もない所で転んでタンコブなんか作って(笑)」

智 「それ言うなよ・・・」

和 「まだ痛い?・・・よね?」

智 「大丈夫・・・お前のお呪いで大分マシになった。」

和 「でしょう?俺のお呪い効くんだからね(笑)」

智 「念の為にもう1回してよ・・・」

和 「ええっ?(笑)直ぐ甘える。」

鼻の先をくっ付けて、俺の目をじっと見つめる。
・・・で、クスクス笑っちゃって
あんまり笑うからチュー出来ないでいる。
俺もそれにつられて笑ってしまう。

和 「もぉー、笑ったら出来ないよぉ。」

智 「お前が笑うからだろうが。」

和 「だって(笑)絆創膏が目立つし、
なんか情けない顔に見えるから(笑)」

智 「もう、いいよっ」

和 「あれ・・怒っちゃった?冗談だよ。ゴメン・・・」

そう言って優しく唇を重ねた。
また、お腹の真ん中あたりがキュンとなる。

智 「んっ・・・好きっ・・・」

和 「おれも・・・好き。」

智 「もっかいする?」

和 「うん・・・する。」

ニノから好きってあんまり普段聞けないから
嬉しくて何度でも求めたくなる。
だけど、明日の朝はゆっくりも出来ないから
あと1回だけお互いの愛を確認し合って
抱き合ったまま眠りについた。

そして、モーニングコールで飛び起きた俺達は
朝からもう一度シャワーを浴びて二人でジャグジーに浸かり
モーニングを部屋に運んで貰って
身支度を済ませるとチェックアウトして
ホテルを後にした。

和 「だいぶおでこの腫れ治まってるね。」

智 「でも触ると痛い。」

和 「そりゃ、昨日の今日だもの。」

智 「あのさぁ、教会に着いてから言おうと思ってたんだけど。」

和 「え?何ですか?」

智 「うん・・・俺と結婚してくれ。」

和 「はあ?今?なんなのそれ?」

智 「真面目にプロポーズしたんだけど。」

和 「今から挙式挙げる為に教会向かってるのに
今のタイミングでプロポーズとか信じられない。」

智 「だってよーく考えてみたら、
俺ちゃんとしたプロポーズって
したことなかったよなって・・・」

和 「だけど、どう考えてもそれは可笑しいでしょ。」

智 「ええ?やなの?」

和 「やなわけないでしょ。ここまで来ておいて(笑)」

智 「だったら正式に返事しろ・・・」

和 「もう~何なのよ?面倒くさいなぁ。」

智 「どうして?イエスかノーだけ言えばいいんじゃん。」

和 「不束者ですが・・・末永く宜しくお願いします(笑)」

智 「んふふふ・・・照れんなや。」

和 「照れますよ。改まってそんなこと言われても。」

智 「俺がお前の事、世界一幸せにしてやるから。」

和 「フフフッ、カッコイイなぁ・・・」

智 「へへっ・・・だろう?」

和 「あ、見えてきた。あそこだよね?教会・・・」

智 「うん、多分あれだよ。」

俺達が到着した頃、2台の車が停まってて
恐らく翔ちゃん達の乗ってきた車だろう。
俺達は車から降りて、その社内を覗き込んだら
翔ちゃんのマネと目が合った。
1台の車から翔ちゃん、松潤、マネージャーが降りて来て
もう1台からは相葉ちゃんが降りて来た。

智 「おはよう・・・。今日はわざわざ有難うね。」

翔 「おめでとう。大野さん、ニノ・・・」

潤 「おめでとう。あら?大野さんどうしたの?それ・・・」

和 「夕べ転んじゃってさ(笑)」

雅 「リーダー大丈夫?あ・・・本日はおめでとうございます。」

智 「ん、ああ。おいらは大丈夫・・・」

和 「触ると痛いんだって・・・」

潤 「マジで取っ組み合いの喧嘩でもしたのかと思った。」

和 「挙式の前に?まっさかぁ(笑)」

智 「みんな時間無いのにホント有難うね。
俺達これから着替えてくるから・・・」

雅 「俺は仕事の途中で抜け出して来たんだ。直ぐに戻るけど
二人の晴れ姿だけは見ときたいから・・・」

和 「晴れ姿って・・・着替えてくるけど笑うなよ。」

俺達は教会の牧師に挨拶をして
控え室でタキシードとウエディングドレスに着替えた。
最後まで恥ずかしがってたニノだけど
皆の前に出て行ったら
似合うって皆から絶賛されて
ちょっとホッとしてたみたい。

5人で先に記念撮影をして。
ツーショットも沢山撮ってもらって
急遽ニノのエスコート役を翔ちゃんがしてくれる事になり
ニノよりも翔ちゃんの方が明らかに緊張してて
歩きがガチガチで不自然になってる。
ニノが翔ちゃんのぎこちないエスコートで
俺の方に向かってゆっくりと歩いてくる。

ステンドグラスから射し込む日差しが
キラキラとニノに降り注いで
それはまるで天使でも見てるようだった。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。