君への想いを,  恋人を信じたい,  第25章

恋人を信じたい②

第25章

恋人を信じたい②

 

 

 
(nino side)

なんかリーダーの様子が変だとは思った。
俺が聞いても何も答えようとしないし
いつも以上に俺に優しくするから
絶対何か企んでるとしか思えない。

数日後、レギュラー番組の収録で
メンバー全員と顔を合わせた時のこと。
俺はスタジオに向かおうと控え室から出ようとしたら
突然相葉さんに呼び止められた。

雅 「ニノってば。」

和 「何ですか?」

雅 「リーダーとうまくやってる?」

和 「うん。お陰様で・・・どうして?」

雅 「いや、それならいいんだよ。」

和 「なんだよ?何か言いたそうじゃん。」

雅 「あのさ、最近山ちゃんとご飯食べに行ったりしてるよね?」

和 「ああ~そのこと?映画でね、一緒になってから
   やたらと誘ってくるのよ。変に断れないからたまに行くけど。
   どうしてそれを相葉さんが知ってるの?」

雅 「うん、ちょっと色々回りまわって小耳に挟んだりしたからさ。」

和 「ああっ!もしかしてそれ、あの人にも話したでしょ?」

雅 「ええ?何の事?俺知らないよぉ。」

和 「やっぱり・・・」

雅 「話しちゃまずかった?」

和 「変な言い方しないでもらえます?」

雅 「俺は心配だから忠告してあげたんだよ。」

和 「忠告?」

雅 「そう、忠告だよ。」

翔 「ちょっと、何時まで話してるの?収録始まるよ。」

和 「あ・・・今行きます。」

雅 「またこの話は今度ね・・・」

翔 「何の話してたの?」

雅 「またゆっくり翔ちゃんには話すよ。」

和 「もう、やめてよ相葉さん。翔ちゃん、聞かなくていいからね。」

リーダーの様子がおかしい理由・・・
ようやくこれでハッキリした。
んもう・・・どんな言い方したんだろう?
きっと心配してるよね。俺のこと・・・

ところがその日、収録が終わり、
リーダーと帰ろうとしてるところに
山田から電話が入ったんだ。

和 「あ、もしもし?うん、どうした?」

山 「あ、お疲れ様です。先輩、
   ちょっと聞いて貰いたい事あるんですけど。」

和 「え?何?仕事のこと?」

山 「いえ・・・ちょっとプライベートな話なんです。」

和 「うん、何?」

山 「ちょっと電話では・・・」

和 「あ・・・そうなの?どうしよう、俺もうこれから帰るんだけど。」

山 「先輩の家にお邪魔してもいいですか?」

和 「え?や・・・それはちょっと・・・。
   明日仕事早く終われるから、どっかでまた飯でも食べながら
   話さない?」

山 「そうですか。分かりました。明日何時頃ですか?」

和 「19時頃かな?」

山 「それじゃ、その位にまた連絡してもいいですか?」

和 「うん・・・」

山 「それじゃ、約束ですよ?」

和 「分かった」

俺が電話を切ると
すかさずリーダーが俺の顔を覗き込んだ。

智 「誰から?」

和 「あ・・・JUMPの山田・・・」

智 「ええ?」

和 「どうかしました?」

智 「えっ・・・ニノ?・・・そのさ・・・」

和 「どうしたの?」

智 「いやっ・・・何でもない・・・」

和 「明日、山田が話有るとか言うから一緒に飯に行って来るよ。」

智 「そ、そうなの?」

リーダーの顔色が一瞬変わった。
マズイな・・・。

和 「心配なんですか?」

智 「・・・」

和 「俺、あなた以外のヤツ好きになんてならないよ?」

そう言ってリーダーの手を握った。
そのまま送迎の車に乗り込んだけど
リーダーのテンションはずっと下がりっぱなしで
俺と全然会話が続かなかった・・・。

多分、相葉さんがおかしな言い方して
リーダーの不安を煽ってるんだ。
俺は直ぐに分かったけど
ここは変に気を使ったりしない方がいいなって思って
あえていつもの様に普通に振舞った。

和 「今日は収録早く終わったし、
   たまにはゆっくり二人で飲もうよ。」
   
山田の話っていうのもなんか気になったけど
今はリーダーの不安を取り除いてあげる方が先だ。
俺は自分の気持ちがブレない自信が有った。

山田の話というのを聞くまでは。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。