君への想いを,  恋人を信じたい,  第25章

恋人を信じたい④

第25章

恋人を信じたい④

 

 

 
(sido nino)

そして次の日
やっぱり俺の事が心配なのか?
リーダーは朝からどうもテンションが低いまま。
身体の関係があるからってそれが全てじゃなくて・・・
やっぱり心がちゃんと結ばれてないと
不安は拭いきれないんだなって
俺は思った・・・。

和 「サトシ・・・ごめんね。今夜は食事一緒に出来ないけど。」

智 「あ・・・うん。」

和 「心配しないで、話が終わったら直ぐに帰るから。」

智 「うん・・・」

そんなの気休めの言葉にもなんないだろうと
わかってはいるけど・・・
少しでもリーダーが不安にならないように
俺は俺なりに気を使ってるつもりだった。

そして仕事へ出掛けて
仕事先で夕方頃に山田から俺に電話が入った。

山 「あ、先輩?俺です・・・。今日良かったら俺の家に来ませんか?」

和 「え?何で?外で飯じゃなかったっけ?」

山 「ちょっと今日仕事早く終わったんで、
   先輩の好きなハンバーグ作ってみたんですよ。
   他にも色々と・・・」

和 「へえ・・・」

それは・・・幾らなんでもマズイかな。
山田はただの後輩の一人とは言え、
自宅で1対1ってのは流石にな。
でもせっかく作ってくれたのに頭ごなしに断れないよな。

和 「あまりゆっくりは出来ないけど・・・分かった。
   俺もう直ぐ終わるから、もうちょっとだけ待っててくれる?」

山 「終わったらまた連絡下さい。俺、迎えに行きますよ。」

和 「え?あ・・・うん。」

何なの?アイツ・・・
随分声が弾んでたな。
まるで恋人にでも約束してる女の子みたいだ。

これって・・・まさかだよね?
嵐の中でも女子力だけが高い俺の事なんか
そういう視点で後輩達は見ていない筈だもの。
そうだよ。俺にはだいいち、リーダーが居るし。
ちょっと俺も考え過ぎだよな。

それから、仕事を終わらせて山田に電話すると
もう、既に現場の駐車場まで来てるらしくって
ちょっと俺は引いてしまった。
待ちきれなかったとか?
なんだよ、もう~・・・。

とにかく自分のペースを崩されないようにしないと。

山 「あ、先輩・・・お疲れ様です」

和 「え?何、待っててくれたの?」

山 「さっき着いたところですよ。それじゃ、行きましょうか?」

和 「あ、うん・・・」

山田の車でマンションに向かう。

和 「で?話って?」

山 「あ、後で話しますよ。」

今じゃ駄目なのかよ?

山 「話もだけど、ちょっとギターとか教えて欲しくて。」

和 「へえ・・・ギターやるの?」

山 「後々やりたいなって・・・先輩の事見てたら・・・」

和 「ふうん・・・でも俺は我流だよ。」

山 「それであれだけ弾けるとか凄いですよね」

そんな話とかしていたら
車は山田のマンションに到着した。

山 「あ、ここです・・・狭いけどビックリしないで下さいよ。」

和 「俺んちより立派だよ(笑)それじゃ、お邪魔します。」

部屋に上がると・・・
テーブルの上に凄いご馳走が並んでた。

和 「うわっ・・・これ、お前が作ったの?」

山 「下手糞ですけどね(笑)」

和 「ビジュアルも良い、ルックスも良い、料理も出来る、
   芝居もできる・・・涼介って何でも出来るじゃん。
   凄いな・・・」

山 「そんなこと・・・先輩こそ凄いじゃないですか・・・」

和 「俺はなんも凄くなんかないよ」

山 「俺は先輩みたいにトークとかうまく出来ないし。」

和 「今からじゃない?若いしさ・・・」

山 「あ・・・ビールでいいですか?」

和 「うん、ありがと・・・」

山 「それじゃ、今日はようこそ・・・かんぱ~い」

俺は山田と二人で乾杯した。

山 「沢山食べて下さい。残しても仕方ないんで」

和 「それじゃ、遠慮なく頂きます・・・あっ、旨い。」

山 「本当ですか?良かったぁ・・・」

和 「でさ・・・俺に話って?」

山 「ああ、実は・・・相談なんですけど・・・」

和 「うん、何?」

山 「俺、実は付き合ってる子が居たんですよね。」

和 「ええっ?女の子?誰?芸能人?」

山 「一般の・・・人です・・・」

なんだ・・・そうか・・・恋愛相談だったのか。
俺は正直ホッとした・・・。
だって、もしかすると告られるんじゃないかって
少なからず思ったりしちゃってたから・・・

和 「だけど、この仕事してたらそれはマズイでしょ?」

山 「実は、ある週刊誌にマークされてしまって。
   今はもうその子とは逢っていないんです。」

和 「そうなんだ。別れたの?」

山 「ええ・・・上の人から凄い叱られたんで・・・」

和 「まだ若いしさ、これからだもんなぁ。」

山 「それで・・・二宮先輩に協力して貰いたい事が・・・」

和 「え?俺に?」

山 「これ・・見てもらえます?」

俺が山田に手渡されたメモ・・・。
そこには信じられない計画が
こと細かに記されていた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。