君への想いを,  恋人を信じたい,  第25章

恋人を信じたい⑥

第25章

恋人を信じたい⑥

 

 

 

 
(side nino)

俺が家に帰りついて
重い気持ちのままリビングに入ると
リーダーの姿が見当たらない。
俺は2階に上がりアトリエ部屋を覗いた。
リーダーは何か夢中で絵を描いていて
俺が帰って来たことも気付かない。

和 「ただいまぁ・・・」

智 「うぉ~びっくりしたぁ・・・何?随分早いじゃん。」

和 「あなたが心配するといけないからね・・・」

智 「おいら、お前の事信じてるから。」

リーダーが絵を描く手を止めて立ち上がった。
俺は走り寄ってリーダーの胸の中に飛び込んだ。

智 「ん?どうかした?」

和 「ううん・・・どうもしない・・・」

リーダーが俺の顔を覗き込む。
何も知らないこの人に・・・
いったいどうやってこの話を切り出そうか・・・。

和 「リーダー、何か食べました?」

智 「うん・・・テキトーにある物で・・・」

和 「ちゃんと栄養あるもの食べないと駄目だよ」

智 「いいの・・・俺、最近またちょっと丸くなってるから。」

和 「そう?そんなことないと思うけど・・・」

智 「ドラマの時体重落としたからリバウンドかな?」

和 「あれはちょっと絞り過ぎだもの。
   そのくらいでちょうどいいですよ。」

智 「それで?山ちゃん、話って何だったの?」

和 「ああ・・・俺の事が好きですって(笑)」

智 「ええっ?本当にぃ?」

和 「冗談だよ(笑)」

智 「じょ、冗談キツイぞ・・・」

和 「ごめん、ごめん(笑)その事でちょっと話が有るんだけど・・・」

智 「え?俺に・・・?」

和 「うん、リーダーにも聞いておいて欲しいんだ。」

智 「それじゃ、ここ片付けるから待ってて。」

和 「あ、別に今じゃなくてもいいけど・・・」

智 「お前が帰って来たのに、絵なんか描いてる場合じゃないよ。
   直ぐ行くから、下で待っててよ・・・」

和 「あ・・・わかった。」

ここは、正直に何もかも話して
事態を把握してもらうかしかないよな。
俺はリビングに降りて
ソファーに寝そべってリーダーを待った。

智 「はい、お待たせ・・・」

寝転んだ俺の顔をリーダーが真上から見下ろした。
俺はきちんと起き上がってリーダーを横に座らせた。

和 「今から話すことは、絶対誰にも言わないでね・・・」

智 「え?何なの?」

和 「あのね、涼介のヤツ・・・
   女性スキャンダル起こしちゃったらしいの。」

智 「ええっ?ホント?」

山田に女の存在を知ったリーダーは
とりあえずそこで安心したのか
ビックリした顔した直後、フニャッと笑い

智 「アイツもやるなぁ・・・」

和 「それで記者にマークされてて、上に相当叱られたらしいんだ。」

智 「そりゃそうだろうなぁ・・・」

和 「それでね・・・ここからが大事なんだけど・・・」

智 「えっ?大事って・・・それだけじゃないの?」

和 「彼女が居たましたって俺に打ち明けるだけで、
   わざわざ相談とかしないだろ・・・」

智 「あ・・・それもそうだな。・・・で?」

和 「事務所が出した結論がこうだよ・・・
   女性問題を揉み消して、ファンからの視点を逸らすのに
   俺と涼介が付き合ってる・・・みたいなお芝居をさせることを
   上が企んでるみたいなの」

智 「え?まさか・・・だって、ニノは俺と同棲してる事も
   事務所は了解してくれてるんだぞ・・・なのにどうして?
   タレントは他にも居るじゃん。」

和 「ゴメンね・・・俺もちょっとは悪いんだ。
   若いときさ、俺も女性問題では事務所に散々叱られて
   色々と迷惑掛けた事があるでしょ。
   まぁ、たまたま映画とかで共演したりとか、
   番組で一緒になる事が多かっただろ。
   それで俺の名前が出たみたいなんだけど。」

智 「それでもおかしいよ。ニノには俺が居るって分かってるのに。」

和 「うん・・・それもね逆にペナルティなんじゃない?」

智 「そんな・・・マジかよ・・・」

和 「さすがに嫌ですって断れないよね・・・。」

智 「ずるいよ。そこは公約にはなかった話じゃん。」

和 「これも仕事なんだよ、俺達の・・・」

智 「そんな・・・。」

和 「一芝居打てばいいだけでしょ。」

智 「でもそれは山ちゃんだけが騒がれるんじゃなくてさ
   お前も一緒に疑惑を背負うことになるんだろ?
   冗談じゃないよ・・・」

和 「俺は誰に疑われたとしても、あなたが信用してくれてたら
   それでいいけど・・・」

智 「ニノ・・・」

当然なんだろうけど
リーダーは納得いかない様子。
唇を引き結んで膝の上の拳を力一杯握り締めてた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。