君への想いを,  恋人を信じたい,  第25章

恋人を信じたい⑨

第25章

恋人を信じたい⑨

 

 

 
(side nino)

それから、リーダーとの電話を終わらせて部屋に戻ると、
山田はシャワーを浴びてバスローブ姿で
ミネラルウォーターを飲んでいた。

なんだ?それ・・・

山 「あ・・・先輩すみません。先にお風呂使わせて貰いました。」

和 「いいけど、何でそんな色っぽい格好してるんだよ(笑)」

山 「気にしないで下さい・・・」

気にするなと言っても気になるだろ・・・
なんか、芝居だって言ってるのにヤダな。

和 「それじゃ、俺もシャワー浴びて来ようかなぁ。」

山 「はい、ごゆっくり・・・」

和 「ああ・・涼介、事務所に一応今の状況をお前から
   電話で説明しといてよ。後からじゃ面倒だからさ。」

山 「あっ、はい。分かりました。今から電話入れておきます。」

俺もとりあえずバスルームに行ってシャワーを浴びた。
事務所にはアイツから連絡させて、ひとまず
週刊誌とかネットとか騒ぎになるだろうから
その対応については、ある程度事務所側に
考えて貰えば事は意外と簡単に済むかもしれない。

ところが・・・
俺がシャワーを終えて部屋に戻ると
山田が深刻な顔で電話を見つめてた。

和 「どうしか・・・したの?」

山 「先輩・・・」

和 「事務所、話したんだろ?なんて?」

山 「アイデアとしては全然問題ないそうです。」

和 「そりゃそうだろな。」

山 「だけど・・・」

和 「ん?」

山 「そんなんじゃ、記者はまだ信じないって・・・」

和 「ええ?だってホテルのスイートだよ?十分じゃないの?」

山 「俺もそう言ったんですけど・・・」

和 「それじゃ、どうしろっていうの?
   さすがにアイドルがラブホとか無理な話でしょ。」

山 「それがその・・・車の中で・・・俺と二宮さんが
   キスしてるところをカメラマンに撮らせろって・・・」

和 「はあ?」

山 「む、無理ですよね。そこまでするなんて・・・」

和 「ふ、ふざけやがって・・・
   誰だよ?そんな無茶苦茶なこと言うの。」

山 「副社長です・・・」

和 「マジで?」

山 「だから困ってるんです。話が違いますよね?
   お芝居ってそういうことなんですかね?」

和 「さぁ・・・どうしよ?」

山 「無理ですよ。そんなこと。」

和 「嫌だ、で済まされることなの?」」

山 「だって、俺は構わないけど・・・
   これ以上幾ら何でも先輩に迷惑掛けられません。」

俺はこの話をしている最中
ずっとあの人の顔がチラついてた。
俺を信じてると言ってくれてるのに
ここにきて、まさかそこまで
巧妙な偽造工作をさせられるなんて。

どうしたらいい?
さすがに俺もこれには逃げ出したくなった。
だって、映画でもドラマでも
なるべくそういうシーンは避けたいと思ってた事だし
同性同士でキスなんて・・・
リーダーとしか考えられないもの。

それより、その画像が世間に流れたとして
あの人がそれを見て・・・
果たして冷静でいられるの?

絶対そんなの無理に決まってる。
ただでさえ、俺を奪われちゃうんじゃないかって
不安に押し潰されそうなあの人に
これ以上追い討ちを被せちゃって大丈夫なのか?

和 「ゴメン。それはやっぱり少し考えさせて貰っていいかな?」

山 「いえ、断りましょうよ。もっと他に・・・
   マスコミを信じさせる方法は有るかもしれませんし。」

和 「例えば・・・?」

山 「あ・・・いえ・・・直ぐには思い付かないですけど。」

和 「くそっ・・・何の為に外泊までしたんだよ。
   これっきりで終わらせるつもりだったのに・・・」

山 「俺がいけないんです・・・。本当にゴメンなさい」

和 「もうさ、謝んないでいいよ。謝ったってどうにもなんない。
   そうでしょ?」

山 「でも・・・」

和 「うん・・・芝居だよ。どこまでも芝居だと思えばいい。
   俺達はBLものの映画の配役に抜擢されたんだ。
   そう考えようよ・・・。
   別に、ガチでヤレって言われたわけじゃないんだしさ。
   キスなんか目を瞑って数秒我慢すれば終わりでしょ。
   うん、相手を俺だと思わなければいい。
   俺もそれならやれるよ・・・」

山 「そんな・・・」

和 「だけど、これで最後にしたいから、手は抜かない。
   マジでするんなら、ちゃんとするよ、俺は・・・」

山 「本気ですか?」

和 「お前も良く覚えとくんだな。
   今後、スキャンダルを起こした時は
   こんな事では済まされないかも知んないよ。
   俺も後輩のお前に偉そうに言えた立場じゃないけどさ
   俺だって何時までもお前の為の偽造工作には
   付き合いきれないよ。だから今度がマジで最後な。」

キスか・・・。
好きでも何でも無いヤツと、
そういうことしなきゃなんないのは
俺がタレントって仕事してるからだもんな。
べつに、映画だと思えばやれるよ。
だけど・・・
あの人がそれを納得してくれるかは別問題。

ホント・・・最悪だ。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。