偽装の先に待っているもの,  君への想いを,  第26章

偽装の先に待っているもの③

第26章

偽装の先に待っているもの③

 

 

 
(side nino)

リーダーにその朝は結局、山田とのことは
説明する事が出来なかった。
俺を信じてくれてるのが凄く分かるし
さすがにあの状況からは言えないよ。

だけど、隠してたとしても
世間が騒ぎ出すのは時間の問題だから
遅かれ早かれリーダーの耳には入るだろうし
俺と山田のキスの画像は見られてしまうだろう。

やっぱり自分の口から伝えなきゃ。
俺は今夜、仕事から戻ってそれを
きちんと説明しようと心に決めていた。

それからお互い別々の仕事に向かい
俺は寝不足だったけど、なんとか仕事をこなして
夕方にはマネージャーの車に乗った。

マ 「ニ宮さん・・・上からお話聞いたんですが、
   JUMPの山田くんの事、大変でしたね」

和 「なんだ。早速マネージャーには話してあるの?」

マ 「今週金曜日発売の週刊誌・・・
   かなり大きく出るみたいですよ。」

和 「そう」

マ 「大野さんも、ご存知なんですか?」

和 「いや・・・今夜話そうと思ってるけど・・・あっ・・・
   ってことはさ、リーダーのマネもこの事知ってるんだよね?」

マ 「はい。嵐とJUMPのマネージャーは全員知らされてますから。」

和 「あー、そうかぁ、そうだよね。」

マ 「どうかしましたか?」

和 「いや、仕方ないか・・・」

多分、リーダーも帰りの車の中でこの話聞かされてるかも。
寝不足で頭がイマイチ働かなかった俺も俺だけど
それにしても、朝の出来事なのに・・・もうかよ?

他人から俺と山田のキスの話を聞かされたら
リーダー、ショックだろうなぁ。
これじゃ順番が逆だよ。
自分の言葉で説明したかったのに。

マ 「副社長もニ宮さんの事褒めていらっしゃったそうですよ。
   さすがはニ宮さんだって・・・」

和 「どういう意味?」

マ 「指示したことを自分でしっかり演出して実行できる。
   とか言って絶賛されてたそうです。」

和 「ふーん。だから俺は利用する価値が有るってことか。
   さすがに俺もここから先は無計画だよ。
   マスコミやファンへの対応はまだ何も考えていないもの」

マ 「その事で、明日二宮さんと山田君には
   上からお話が有るそうなんです。
   明日は午後からのお仕事ですけど、午前10時には
   お迎えに伺いますんで。」

和 「ええ?マジで?もうそういうのシナリオだけ渡してくれたら
   それでいいのに・・・面倒だな。」

マ 「まぁ、ここをシッカリ打ち合わせしておかないと
   世間が大騒ぎしますので。」

和 「ねえ?これって勿論お芝居だけど、世間は信用するのかな?」

マ 「そうですねえ。山田君のファンにとっては
   むしろプラスかと思いますよ。女性の存在にヤキモキするより
   相手が二宮さんですしね。だけど、二宮さんにとっては
   マイナス要素の方が大きいですよね。」

和 「後輩に手を出す悪い先輩ってこと?」

マ 「なんて申し上げていいのか・・・その・・・」

和 「何?遠慮なんてしなくていいから、率直に答えてよ。」

マ 「はあ・・・これはあくまでも私の考えですが
   今回の事で、二宮さんと大野さんの関係を知らなかった
   場合の話ですけど・・・
   やっぱり、相当プレイボーイだったんだ・・・って
   イメージを抱いてしまいそうな・・・」

和 「そうか。フフッ、役者冥利につきるね。その言葉。」

マ 「あ、すみません。変な言い方して。
   勿論、私はこれがお芝居だって分かってますから。
   二宮さんは、大野さん一筋なの知ってますしね・・・」

和 「喉元過ぎれば熱さ忘れる・・・だよ」

マ 「そうですね。騒がれるとしてもほんの暫くの事でしょうね。」

和 「問題はリーダーだよ・・・。」

マ 「カメラが回っていない所でのキスシーンを果たして
   理解してくれるか・・・?ですか?」

和 「うん・・・。特にタイミング悪くさ、涼介に関しては
   過剰なまでに敏感になってるのよ、あの人。」

マ 「ヤキモチ妬いてるってことは、それだけニ宮さんの事が
   お好きなんですよ(笑)良いですね。仲が良くて・・・」

和 「だからちょっとした事でも不安にさせちゃうんだ。
   あの人がもう少し芸能人っぽかったら
   理解して貰えるんだろうけどね」

マ 「多分、大野さんがそんなんだったら、ニ宮さんは大野さんに
   きっと興味も持たなかったでしょう(笑)
   芸能人らしくないところが大野さんのいい所だと思いますけど?」
   
和 「ん・・・確かにね。
   素人芸能人にどんな言い訳もなかなか通用しないかなぁ。
   それじゃ明日10時ね・・・」

マ 「はい。お疲れ様でした」

マネージャーの言うとおりだった。
あの人のいつまで経っても素人感抜けないとこが
俺は大好きなんだ。

だから説明なんかしたところで
あの人には到底理解なんか出来る筈がないんだよ。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。