君への想いを,  恋人を信じたい,  第25章

偽装の先に待っているもの⑦

Pocket

第26章

偽装の先に待っているもの⑦

 

 

 
side nino)

俺と山田が特番での共演ともあって
スタジオ内はただならぬ空気が流れた。
スタッフ達が妙になんかそわそわしちゃって
気を使ってるのが分かる。

視聴率欲しさでこういう事態になってるんだから
当然の様に俺達は手の届く距離に座らされた。

カメラが回る前に俺は山田にひと言。

和 「収録中は変に俺に話し掛けるなよ」

山 「はい、分かってますよ。心配しないで下さい。」

それにしてもさっきからニコニコ笑ってて
随分俺とは正反対にご機嫌の様子・・・。
何かいいことでもあったのか?

お前がこのスキャンダルの発端だっていうのに
お気楽なもんだよな・・・。
やっぱり若いヤツの考えてることは
俺には理解出来ないや。

MCの芸人からカンペに沿って
色々俺達に質問が飛んでくる。
俺はとにかく普段通りを装って
山田とは目も合わせることなく
その収録を無事に終えた。

約3時間にも及ぶスタジオ撮影。
嵐の番組ならあっという間なんだけど
これはもう地獄だな。

もう、この後は仕事も入ってないから
さっさと家に帰ろう・・・。
俺は楽屋で衣装から普段着に着替えてた。
すると、ドアをノックする音がしたから

和 「はーい。どうぞ~。」

芸人さんかな?そう思って扉の方に目をやると

山 「先輩・・・ちょっといいですか?」

和 「涼介・・・なっ、何?」

山 「5分でいいから時間貰えませんか?」

和 「俺・・・もう帰るんだけど・・・」

山 「5分だけでいいんです。お願いしますよ。」

和 「う、うん。とにかく座りなよ。」

山 「有難うございます。」

和 「で?何?・・・もう、事務所からの指令は終わったよね?」

山 「ああ、もうその事ではないですよ。」

和 「だったら何?」

山 「ギター教えて貰いたいって言ってましたよね。」

和 「ええ?ああ・・・
   でもあれは俺を誘う口実だったんでしょ?」

山 「いえ、俺本当に弾けるようになりたいんです。」

和 「それなら何も、俺じゃなくたって・・・」

山 「先輩が良いんです・・・」

和 「だけどさ・・・上から言われなかった?俺との接触はNGだって。」

山 「それは・・・言われました。けど・・・」

和 「無理だよ。ギター弾ける人は他にも沢山居るしさ。
   城島くんとかにお願いしてみれば?」

山 「そうですか。そうですよね。分かりました・・・」

和 「うん・・・それじゃ、話は終わりね・・・」

山 「あ、あのっ・・・」

和 「え?まだ何か有るの?」

山 「もう、僕のことなんか・・・嫌気がさしてますよね?」

和 「ええっ?」

山 「先輩は好きな人居るって言ってたけど・・・
   その人とはうまくいってるんですか?」

和 「え、うん。まあね・・・」

山 「それって嵐のメンバーの中の誰かですか?」

和 「な、何で?」

山 「いえ・・・なんとなくそうかなって・・・」

和 「全然関係ないよ。」

山 「そうですか・・・。あの、先輩・・・」

和 「・・・?」

山 「僕にも少しはチャンス有りますよね?」

和 「えっ?」

山 「僕、先輩の事が好きです。」

和 「はっ?あ・・・ああ、有難う・・・」

それって憧れって意味だよね?

山 「僕、先輩が振り向いてくれるまで頑張ります。」

和 「あ、あのさ・・・涼介?」

山 「もう一度お聞きしますけど、先輩が好きな人って
   大野さんじゃないですよね?」

和 「ち・・・違うよ・・・」

山 「そうですか・・・良かったぁ。
   それが聞きたかっただけです。
   お疲れのところすみませんでした。それじゃ、
   僕もそろそろ帰ります。お疲れ様でした。」

和 「お、お疲れ様・・・」

山田は一人で言いたい事言って控え室を出ていった。

何なんだ?
アイツ・・・何が言いたかったの?
ギターなんて、俺じゃなくても教わる人は
幾らでもいるのに・・・
しかも俺の事が好き?それって告白とか?
いやいや・・・まさか・・・
だけど、チャンスって何だろ?

はぁ・・・マジかよ?
これってリーダーが心配してた事じゃん。

俺とリーダーの関係は口が裂けても言えないし
かといって、この状況であやふやな返事や嘘は
本気でヤバイかも・・・。

だけどあまりに咄嗟過ぎて
俺は何も返す言葉が見当たらなくて
結局アイツに僅かながらでも
望みがあるみたいに思われた?
なんか、嫌な予感しかしないよ。

どうしよう。
最初は完全な偽装工作だった筈が
まさか・・・こんな衝撃的な
シナリオの続きが待っていたなんて。
俺は頭を抱えながら
迎えの車に乗り込んだ。

つづく

Follow me!

蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。