君への想いを,  恋人の秘密,  第27章

恋人の秘密⑥

第27章

恋人の秘密⑥

 

 

 

次の日、山ちゃんから連絡を貰い
軽く飯でも食べようって事になって
仕事の現場からそう離れてない
焼肉店で待ち合わせした。

山 「先輩、今日は無理を言ってすみません・・・」

智 「ううん、それじゃ、適当に頼んじゃう?」

山 「コースにしましょうか?」

智 「おいらあんまり量は食えないからな。単品がいいかも。」

山 「それじゃ、好きなの頼んで下さい。今日は僕が奢ります。」

智 「本当に?悪いなぁ・・・」

山 「僕が誘ったんですから、当然ですよ。
   遠慮しないで沢山食べていいですよ。」

智 「それじゃ、ロースとタン塩・・・カクテキに
   ・・・あと卵スープかな・・・」

山 「それだけですか?」

智 「おいら、マジであんまり食えないの。」

山田は笑いながら店員を呼んで
注文をしてくれた。
なかなか気遣いとかちゃんと出来るんだな。
若いのに感心だ。

その後直ぐに飲み物が運ばれてきて
俺達はひとまず生ビールで乾杯した。

智 「えっと・・・それで?俺に相談って?」

山 「あ、実は・・・二宮先輩のことなんです。」

姿勢を正して俺を真っ直ぐに見つめて
そう答えた・・・。

智 「に・・・ニノ?」

山 「はい。僕、ニ宮先輩の事、好きなんです・・・」

智 「うっ、そ、そうなんだ・・・」

俺は目の前にあったビールを一気に飲み干した。

山 「単刀直入にお聞きしますけど、大野さんはニ宮先輩のこと
   どう思われてますか?」

智 「え、えっ?俺・・・?」

そんなの好きに決まってる!
と・・・喉まで出掛かった。

智 「ニノは仲の良いメンバーだけど・・・」

山 「それだけですか?」

智 「それだけだよ。どうして?」

山 「これは僕の直感なんですが、
   ニ宮さん見てたら、どうしても大野さんの事
   好きなんじゃないのかなって・・・
   もし、お二人の関係が仕事以外の所でも有るとしたら
   僕には入る余地が無いかなって・・・」

智 「あのさ、ニノの事、そんなに好きなの?」

山 「はい・・・好きです。」

智 「どうして?女の子と付き合ってたんでしょ?」

山 「ええ、以前はそうです。
   でも彼女とはもうとっくに終わりました。
   二宮先輩は昔から僕の憧れだったんです。
   だけど、自分でもまさかこんな気持ちになるなんて、
   思ってもみませんでした。」

智 「週刊誌のこと聞いたけどさ、
   あれは上から言われたから実行しただけの
   お芝居だったんだよね?」

山 「ニ宮先輩はそうだったかも知れませんけど、
   僕は素直に嬉しかったんです。
   相手役にニ宮先輩って聞いて・・・」

智 「ずっと前から意識してたってこと?」

山 「自分の気持ちに気がついたのは、
   ああいう事が有ってからです。」

智 「やっぱそうか・・・」

山 「え?・・・」

智 「あ、ううん、なんでもない。」

山 「大野さんが敵でないって分かったら
   なんか安心しました。
   これから、僕の味方になって貰えませんか?」

智 「味方?例えば?」

山 「最近、二宮さん、電話にも出てくれなくて。
   もしかしたら嫌われてるのかも。」

智 「それで?おいらににどうしろって?」

山 「僕、ニ宮先輩に逢いたいんです。二人っきりで・・・」

智 「あのね・・・山ちゃん。
   そういうの、やっぱおいらじゃなくて
   直接ニノに伝えた方が良いと思うわ。
   ニノが電話に出ないのなら、そこはなんとか
   俺が段取りはしてあげるよ。
   だけどそれは1回だけだよ?」

山 「本当ですか?」

智 「う、うん・・・」

山 「良かったぁ。僕、頑張りますっ。」

焼肉を頬張りながら
何とも言えないくらい嬉しそうな顔をする。
こうして対面で見てるだけでも
羨ましいくらい綺麗なビジュアルだ。
お前なんか、頑張れば幾らでも
恋愛なんかうまくいくだろうに。

悪いけどニノだけは絶対に譲れないよ。
だってニノはもう俺のものだから。

なんか、昨日ニノと二人で
考えたシナリオ通りに話を進めてはいるものの
心がざわめき立つのは何故なんだ?

智 「あー旨かったぁ。本当にいいの?ご馳走になっても。」

山 「勿論ですよ。僕とニ宮先輩がうまくいったら、
   今度はもっと豪華なのご馳走しますね。」

智 「え・・・あ、うん・・・」

山 「それじゃ、大野さん、二宮さんの件
   宜しくお願いします。」

智 「う、うん・・・分かったよ。」

俺はご機嫌な山ちゃんの後ろ姿を見送り、
直ぐにニノに電話を入れた。

智 「あ、もしもし・・・ニノ?」

和 「あっ、リーダー?もう話は済んだの?」

智 「ああ・・・たった今別れたとこ。」

和 「俺も今家に戻ったところだから、
   そこまで迎えに行きますよ。今、何処?」

智 「いいよ。タクシーで帰るから・・・」

和 「いいよ。俺が迎えに行く!何処まで行けばいい?」

恐らくニノはじっとしていられなかったんだろうな。
山ちゃんにはあんなこと言っておきながら
やっぱり本音は逢わせたくない。
ニノを待ってる間、
俺はずっとそんなことを考えていた。

つづく

   

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。