君への想いを,  恋人の秘密,  第27章

恋人の秘密⑦

第27章

恋人の秘密⑦

 

 

 
それから暫くしてニノが迎えに来てくれて
車の助手席に乗り込んだ俺は
シートベルトを締めて
ニノの左手をギュッと握り締めた。
ニノがそんな俺の態度を不安そうに覗き込む。

和 「どうか・・・したの?」

智 「うん、いや・・・何でもない。」

和 「なんでもないって顔じゃないですけどね(笑)」

智 「はぁ~っ」

和 「どういう話だったの?」

智 「いや・・・予想してた通りというか・・・」

和 「というか・・・?」

智 「想像以上にあれはお前に惚れてるかも・・・」

和 「えっ?やだ。そうなの?」

智 「俺は少なくともそう感じた。」

和 「だけどちゃんと断るから大丈夫ですよ。」

智 「なんかさぁ、山田に嘘付いて喜ばせといてさ・・・
   可哀想な気がしてきたっていうかさ。」

和 「ふーん・・・」

智 「ふーんってお前は何とも無いのかよ?」

和 「それじゃ俺達の事話しちゃう?」

智 「いやっ、それは駄目だ・・・」

和 「それなら一度だけあいつの事抱いてやるといい?」

智 「だっ、抱いてって・・・おい!」

和 「冗談ですよ(笑)」

智 「やめろよ。今そういう冗談はキツイぞ・・・」

和 「だって可哀想とかあなたが言うからでしょ。」

智 「純粋に俺達の事信じてるから、罪悪感が湧くんだよ。」

和 「あなたは優しいからね・・・」

智 「お前は?お前も悪いって思わないの?」

和 「そりゃ思うけど・・・
   だからってどうする事も出来ないじゃない。
   二人の関係は明かせないんだし。
   同情で一晩寝て済む様な話でもないだろうし。」

智 「それは絶対許さない・・・」

和 「当たり前です(笑)」

智 「はぁ。とにかく段取りは任せろって言っちゃったからさ
   お前は近いうちに山ちゃんと逢って話をつけて来いよ。」

和 「そうだね・・・。」

智 「いや、やっぱ駄目だ!」

和 「はぁ?どうしちゃったの?」

智 「だって、俺のニノが・・・」

和 「フフフッ、大丈夫だって。
   何を急に弱気になってるんですか?俺の事信じてよ。」

智 「う、うん・・・」

和 「ほら、着いたよ。お風呂溜めてきたから入りなよ。」

智 「うん・・・ニノも一緒に入る?」

和 「何だよ(笑)そんな甘えた声出して・・・」

智 「いいから、一緒に入ろうよ?」

俺は車から降りてニノの手を握ると
そのまま身体を抱き寄せて口付けた。

和 「んんっ・・・家の中で・・・しようよ・・・」

智 「やだ・・・ここでするっ・・・」

和 「我儘言ってんじゃないよ。ほら、家に入るよ(笑)」

笑いながら玄関の鍵を開ける。
靴を脱いでリビングに入ると俺は背中から
ニノを抱き締めて首筋に唇を這わせた。

和 「うっ・・・くすぐったいよ。お風呂入りますよ・・・」

智 「やだ・・・一回するっ」

和 「あのねぇ・・・もう、何なのよ?その情緒不安定は。
   そんなに焦んなくても俺は逃げも隠れもしないから(笑)」

焦らされると余計に身体が熱くなって
止まらなくなる。
抱き締めた腰の辺りから
ゆっくりとニノの膨らんだところに手を伸ばすと

和 「んっ・・・駄目だって・・・」

智 「俺も・・・駄目だもん・・・我慢出来ねえし。」

和 「もぉ!しょうがない人だな(笑)」

くるっと身体を俺の方に向き直して
両手で頬を包み込むようにして
唇を重ねてくるから
俺は堪らずそんなニノを抱きかかえて
ソファーに降ろし
自分の着てる服を焦りながら
全部その場に脱ぎ捨てた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。