君への想いを,  恋人の秘密,  第27章

恋人の秘密⑨

第27章

恋人の秘密⑨

 

 

(side nino)

そして・・・それから数日後、
俺はとある週刊誌で
またもJUMPのメンバーの1人のスキャンダル記事を目にした。

どうなってるの?アイツら・・・

これから事務所の期待を
大きく背負ってるグループだってのに。
スキャンダル多過ぎやしないか?

だけど、彼等はまだまだ若すぎて
俺もそうだったけど・・・
青春時代の一番遊びたい盛りに
色んな事を禁じられて
羽交い絞めにされるのを窮屈に感じるのも
無理は無いよな・・・

俺も年を重ねていくうちに色々と分かってきた。
そして気がつけば
俺の近くにいつもリーダーは居た。
それは俺にとってかけがえの無い大切な人。
あの人と過ごす時間が最高の癒しってことに
気付くことが出来た。

アイツらもそのうち分かる時がやってくる。
何が一番自分にとって大事なのかが。

こういう状態で二人きりで逢うのはやっぱり
危険すぎる。
また週刊誌にネタにされたりしたら
今度こそごめんなさいでは済まされない。
俺はそれでもキチンとケジメを付けないとって、
その夜、山田の携帯に電話を入れた。

和 「あっ・・・もしもし、涼介?俺だけど。」

山 「二宮先輩?もしかして・・・逢ってくれるんですか?」

和 「大野さんから聞いたよ。」

山 「あ、そうなんですね?」

和 「それより、JUMP大変だな。色々次から次に・・・」

山 「ああ・・・ええ、お騒がせしてすみません。」

和 「本当は直接逢って話そうか悩んだけど、
   こういう時だしさ、やっぱり
   電話でもイイかなと思って。
   涼介、俺ね、好きな人が居るのは話したよね?
   その人とは将来を約束してるんだ。
   実は相手は明かせないけど、事務所もそのこと
   認めてくれてるんだ。」

山 「ええっ?そ、そうなんですか?」

和 「うん。俺に好意を持ってくれるのは嬉しいよ。
   だけど、俺はそういうことだからお前の気持ちには
   応えられないよ。ゴメン・・・」

山 「・・・そうかぁ。そうですよね・・・。
   二宮先輩が俺の事相手にしてくれるわけないって
   思ってましたけど、ちょっとは何処かで俺にも
   チャンス有るのかなって、なんか勝手に盛り上がっちゃって。
   あ、でも気にしないで下さい。
   俺・・・大丈夫ですから・・・」

和 「お前は全然若いからこれから俺なんかよりも、
   ずっとイイ人が現れるよ・・・。」

山 「先輩・・・先輩の好きな人ってどんな人ですか?」

和 「えっ?・・・うーん、そうだな(笑)
   俺に似てるけど実は真逆って感じ・・・かなぁ。」

山 「へえ・・・その人が羨ましいな。」

和 「そう?」

山 「ええ。先輩、話してくれて有難うございました。
   僕、潔く諦めます。これからは事務所の先輩後輩として
   今まで通り宜しくお願いします・・・」

和 「うん・・・こちらこそね」

電話の向こうの亮介の悔しそうな顔が少しだけ浮かんだ。
今はちょっと辛いかもしれないけど
もっと大人になって振り返ったとき
きっとこれも笑い話になるんだよ。

それより、意外としっかりしてたな。
俺なんかよりずっとアイツは大人なのかも・・・

こうして、なんとか俺と山田の偽装のキスから始まった
恋愛騒動は幕を閉じた。

スマホをテーブルの上に置いて
アトリエ部屋で黙々と絵を描いてる
リーダーの様子を覗きに行った。

和 「リーダー?終わったよ。涼介のこと・・・」

智 「ん?あ・・・え?何時逢ったの?」

和 「フフッ・・・逢うわけ無いよ。たった今電話でね。」

智 「大丈夫だった?」

和 「うん・・・分かってくれた。」

リーダーが絵筆を置いて立ち上がると
俺の方に歩いてきて
俺の身体をぎゅっと力一杯抱き締めた。

智 「カズ・・・」

和 「ん?・・・」

智 「一生俺の傍に居ろよ?」

和 「フフッ・・・うん。あっち行けって言われても
   離れてやんないから。」

リーダーが凄く穏やかで優しい顔して俺に微笑んだ。
好きって想いが溢れて
俺は自分からリーダーの唇に自分のそれを重ねた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。