君への想いを,  映画の仕事,  第28章

映画の仕事⑫

第28章

映画の仕事⑫

 

 

 
そして、撮影はいよいよ大詰めを迎え
残すところは俺とニノのベッドシーンと
マルが絡んでくるシーンを残すのみだ。

丸 「やぁ・・・大ちゃん、ニノ」

智 「マル、久し振りだね。」

丸 「うん。嵐の番組に呼んで貰って以来ですからね。
   ニノも元気してた?」

和 「元気ですよ(笑)」

丸 「映画、急にキャスティングに加えられて、
   驚いてたんだけど、絡みが大ちゃんとって聞いて、
   ホッとしたっていうかさ。」

智 「何で俺とならホッとするんだよ?」

丸 「いやぁ、さすがにニノとは無理だよ///」

智 「ふん。まだそんなこと言ってんの?」

和 「意味が分かんない(笑)」

智 「てか、お前が医者の役って胡散臭い・・・」

丸 「そういう言い方しないでよぉ・・・なぁ、ニノ?」

智 「気易く触んじゃねえ!」

丸 「ええ?これって映画の設定でしょう?
   ガチで大ちゃんニノと付き合ってるみたいな
   言い方するね(笑)」

和 「映画の中で恋人同士だから、撮影の間はなるべくリアルに
   近付けるように普段よりも仲良くしてるんだよ。
   ねっ、リーダー・・・」

智 「そ、そうだよ。」

丸 「なかなか徹底してんだなぁ。
   まあ、そういうことならば協力するよ。
   映画はヒットして欲しいですもん。」

和 「ほら、二人のシーンの撮影でしょ?もう始まるよ・・・」

丸 「ニノ、嫉妬しないでね(笑)」

智 「どっちにだよ?」

丸 「どっちでもいいじゃん。ほら、大ちゃん行くよ。」

んー、面倒くせぇ。
だけど仕事だから仕方ない。
俺が重い病気だという事を
マル扮する医者から診察室で宣告されるという
シーンの撮影なんだけど
マルは俺に好意を抱き始めるという設定なので
内心気持ち悪いな・・・なんて思っていたら
監督からダメ出しが入る。

そんな俺の様子を袖で観てるニノが
片手で口元を覆いながら
堪らず噴き出してるのが視界に入った。
クソッ。
こんな簡単なシーンでNG出すなんて・・・
俺としたことが。

<シーン診察室>

智 「先生・・・俺、もう助からないんでしょ?」

丸 「手術で助かる可能性は極めて低いです。」

智 「光には・・・内緒にしてくれませんか・・・」

丸 「光くん?・・・恋人でしたっけ?」

智 「ええ・・・。アイツには心配掛けたくないんで。」

丸 「・・・分かりました。」

智 「お願いします。」

丸 「でも、あなたの事は・・・俺が助けます。何が有っても・・・」

監督 「ハイ、カァーット。駄目駄目・・・大野君、
    ここはもっと切ない表情で丸山君を見てくれないと。」

丸 「監督、俺の演技はバッチリだったでしょ?」

監督 「うん、丸山君はOKだけど・・・」

智 「ううっ・・・すみません」

丸 「大ちゃん、俺のこと医者だと思って演技してくれないと。」

智 「わ、分かってるよ。うっせえなぁ・・・」

監督 「ちょっと一度休憩入れようか?」
   
丸 「はーい。」

もう・・・
何でよりによってマルなんだよ?

和 「ふふっ・・・何やってるんだよ?あなたプロでしょ?」

智 「だって、どっからどうみてもアイツ医者じゃねえし・・・」

和 「相手がマルだって事はこの際頭の中から消し去らないと。」

智 「目を見て演技するのって、そうもいかねえじゃん。」

和 「頑張ってよ。あなたとマルのシーンが終わらないと
   俺の出番がどんどん遅れて撮影推して
   また遅くなっちゃうんだからね?」

智 「うう・・・分かってるよ」

和 「あっ・・・マルが呼んでるから、ちょっと行って来る。」

智 「ちょっ、ニノ?放っておきなよ。」

和 「大丈夫だってば。心配すること無いって。」

ニノが手招きしてるマルの方に走って行った。
俺は気になって、コーヒー飲みながら
チラチラと二人の様子を遠くから監視する。

何分もしないうちに
ニノが俺の元に走って戻って来た。

和 「マルがね・・・俺の携帯のアドレス教えろって煩いの(笑)」

智 「教えたの?」

和 「前教えてたのが古いアドレスのままだから、
   携帯変えてから教えてなくて。
   教えちゃ駄目?だよね・・・」

智 「そんなの駄目に決まってるっ!」

和 「ハイハイ(笑)それなら教えない・・・」

当たり前じゃねえか。
マルのヤツ・・・。
やっぱり殺虫剤持ってきておくべきだったな。

今回、マルとは今日のこの撮影シーンだけだから
とっとと終わらせてニノに近寄らせないようにしないと。
休憩が終わってセットに戻ると、俺はマルに向かって

智 「ニノに用事が有るなら俺に電話しろ。」

と、ぶっきらぼうに話し掛けた。

丸 「なんやの?大ちゃんはニノのプライベートまで
   口出しすんの?」

智 「当然だ。」

マルは呆れかえった表情だった。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。