君への想いを,  映画の仕事,  第28章

映画の仕事④

第28章

映画の仕事④

 

 

 

あれこれとニノと映画のラブシーンの特訓していた俺・・・。
結局はリアルで同棲してる俺達に
芝居で愛し合うなんて無理な話だった。
それでも世間の目から
どうしても二人の関係を守りたいと考えるニノは
ギリギリまで俺に芝居としての接し方を特訓し続け・・・
とうとうクランクインが明日ってところまでやって来た。

和 「リーダー?分かってると思うけど・・・」

智 「や・・・分かりたくない。」

和 「そんな我儘はもう通用しないですよ。」

智 「だって絶対においら無理だもん・・・」

和 「前にも言ったでしょ。
   これは事務所が俺達の事試してるんだよ。
   プロとして何処までやりきれるのか。ここでもしも
   ファンの人やマスコミとかに怪しまれたら、
   何もかも終わりですよ。
   いい?普段の俺達を見せる必要なんてないんだからね。」

智 「それじゃ、2ヵ月半お預けにするっていうのは
   この場で撤回してくれるの?」

和 「え?駄目ですよ。どうして?」

智 「だって2ヵ月半も我慢出来るかよ。
   その方が仕事に影響してくるに決まってるじゃん」

和 「あなたがそうでも・・・」

智 「何?」

和 「俺が・・・」

智 「ん?お前が・・・?」

和 「いや・・・いいです。聞かなかった事にして下さい。」

智 「なんだよ?ちゃんと言えよ。」

和 「もういいよ。撤回する・・・。
   その代わり約束だからね?
   絶対に普段通りにするのはやめてよね。」

智 「ん、大丈夫だって」

ニノが何を言いかけてやめたのか・・・
俺には分かった。
多分、ニノは自分でも自信ないんだ。
俺と芝居でラブシーン演じるの。
仕方ないよ。いくら仕事だからって
俺達は愛し合ってるんだから。
そんな可愛いとこ見せるから
また抱き締めたくなった。

智 「光・・・しよっ・・・」

和 「急に?役名で呼ぶなよっ。」

智 「んふふふっ。」

和 「マジで分けわかんなくなるでしょ」

智 「それじゃ、カズ・・・しようっ(笑)」

和 「んっ・・・んはっ・・・まっ・・て・・・」

ニノの唇に吸い付くようにキスをしたら
待ったを掛けられた。

智 「え?どした?」

和 「今後はリアルで愛し合うときに役名で呼んだら、
   その瞬間にお預け開始しますから。」

智 「んふっ。大丈夫だよ。」

ニノの両腕が俺の背中に回り
俺を誘うように唇を尖らせて見せた。

智 「お願いだから、そんな色っぽい顔撮影の時にすんなよ。
   俺、マジで芝居出来なくなるからな。」

和 「そんなの知るかよ。」

そして翌朝俺達はマネージャーの迎えの車に乗り込み
いよいよ撮影のスタジオに向かった。
今日は職場での会話だけの撮影だったから
濃厚なラブシーンは撮らない。

撮影の合間に雑誌の取材など
これから、世間はこの映画の話で持ち切りになる。
とある雑誌記者が現場を訪ねてきた。
俺達に映画の意気込みを聞きたいと申し出た。
簡単なグラビア用の写真を撮って
奥に設置されてるテーブルと椅子に腰掛けて
そのインタビューに応じていた。

記者 「お久し振りですね。今日は宜しくお願いします。」

智 「ああ、いつも5人の時インタビューして貰ってたよね?」

記者 「そうですね。お二人だけって初めてですよね。」

智 「映画に二人で主演って初めてだからね。」

記者 「それじゃ、早速お話聞かせて頂きたいんですが・・・
    今回のこの映画、BL小説が原作ということで、
    お二人のラブシーンも有るとお聞きしていますが
    同性愛についてお二人は実際のところ
    どういうお考えをお持ちですか?」

智 「わかんねぇ。したことないし」

嘘ばっかりだ。でもこれも仕事だから仕方ない。

記者 「・・・二宮さんは・・・経験というか・・・」

和 「・・・」

智 「ねえ・・・どういう話?これ映画の話だよね?」

多分この記者、山ちゃんの事を探ろうとしてるに違いない。
俺は鋭くその記者を睨んだ。

記者 「勿論映画の話ですが・・・ニ宮さんには是非同性愛について
    詳しくお考えを述べて頂けないかと。」

和 「・・・いいんじゃない?愛し合ってるなら、
   男も女も関係ないでしょ?俺は全然拘らないけど。」

記者 「ちなみに、今現在お付き合いしたいと思う方って男性ですか?」

智 「おい!もうそういう個人的な質問はやめて貰っていいかな?」

和 「リーダー、いいんだ。俺、今は恋愛より仕事が大事だから。」

記者 「そ、そうですか・・・」

ニヤリと確信でも掴んだような記者の顔・・・
なんて腹立つ記者だ。

記者 「お二人は普段でも仲良しに見えますけど、ラブシーンも
    あまり考えずに演じられるのでは?」

和 「そうだね。正直なんでこの人と?って思ったけど。
   せめてこういう役どころはうちのメンバーだと
   松本さんじゃないのかなって・・・」

インタビューは暫く続いたけど
俺はこの記者にイライラしてたから
ずっと黙って下向いてた。

つづく

   

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。