君への想いを,  映画の仕事,  第28章

映画の仕事⑤

第28章

映画の仕事⑤

 

 

 
雑誌記者は散々遠回しに山ちゃんとのその後の関係を
探ろうとしてたけど、ニノはうまくそれを交わして
取材を終わらせた。

和 「ごめんね。なんか余計な気を使わせて」

智 「いや、いいよ。それよりあいつ腹立つな・・・」

和 「仕方が無いよ。マスコミはまだ涼介と俺との関係が
   続いてると思ってるんだ。そのうえ主演映画が
   BLものってわけだから、丁度探り易かったんでしょ。」

智 「うん、だけど腹立つ・・・」

和 「大丈夫だよ。俺はとっくに頭の中リセット出来てるし。
   挑発に乗るだけ時間の無駄だよ・・・」

智 「俺がお前の事守ってやっから。」

和 「フフッ。ありがと。でも本当に平気ですから。」

ニノはいつもと変らない口調で俺に微笑んだ。
さすがにプロ意識が高いんだよな。
俺ときたらすぐに感情的になるからな。
俺の方が年は上だってのに
よっぽどニノは俺なんかより自分をシッカリ持ってる。

その後、明日の撮影の簡単な打ち合わせをして
その日は終了し、俺達は自宅へと帰った。

和 「明日も特にラブシーンはなさそうだね。」

智 「そうだな。シーンは序盤そう過激なのないもんな。」

和 「だけど台本では7割くらいがラブシーンだから(笑)」

智 「なんてことねえよ。リアルは9割だしな。」

帰りの車の中でそんな会話してたら
マネージャーが爆笑してた。

マ 「なんだかんだ言ってもお二人の映画、大丈夫みたいですね。」

和 「うん。最後まで終わってみないとなんとも言えないけど。」

マ 「事務所はニ宮さんにこの映画で連続の主演男優賞を期待してる
   んでしょうね・・・」

和 「俺は今度はリーダーが取って欲しいなぁ。」

智 「え?無理だよ・・・」

和 「俺がサポートするから。」

マ 「大野さんが主演男優賞取ったら、それはそれで話題に
   なるでしょうしね。」

和 「主演男優賞なんて、監督と共演者の力が無かったら絶対に
   取れないんだよ。共演者も今回なかなかのキャスティングだし、
   恵まれてると思うな・・・」

智 「そうそう。ニノの元々の恋人役って
   かなり有力の新人女優さんらしいね。」

和 「あ、うん。明日多分逢えるよね。」

そうだ・・・
ニノと少しだけその女優はラブシーンが有るんだよ。
なんか心配になってきた。

和 「何て顔してんのさ?もしかしてラブシーンを心配してんの?」

智 「べつに・・・」

マ 「大野さん、このお話は大野さんが二宮さんを
   略奪するお話でしょう?」

智 「そりゃそうだけど・・・」

和 「だったらもっとドッシリ構えといてよ(笑)」

智 「俺、そのシーンの時どっか行ってる・・・」

マ 「そうですね(笑)観ない方がいいかもですね。」

和 「バッカじゃないの?お芝居なのに・・・
   だからこの人と仕事するのはやなんだよぉ。」

智 「そんな言い方しないでもいいじゃねえかよ・・・」

俺は口を尖らせた。
ニノとマネージャーは大笑いしてた。
でも・・・本当に俺は嫌なんだよ。
芝居でも何でもニノが他のヤツに優しくしてるところとか
マジで見たくない。

ヤバイな・・・。
女からニノを奪うってシチュエーションにだけは
めちゃくちゃ気合が入ったりして。
公私混同はマズイから
ここは芝居に集中しないとって思えば思うほど
自分の演技に自信を失くす俺。

和 「差し入れ考えてる?」

智 「あ・・・そうか・・・」

マ 「明日私がお二人からという事で差し入れは準備しておきます。」

和 「うん。助かるよ。」

智 「大福とかで良いんじゃない?」

和 「二人からだとしたらしょぼすぎるよ(笑)
   大福ってお爺さんみたい。大物俳優かよ?」

マ 「ちょっと高価なのをご用意しておきますよ。」

和 「うん、そうして・・・」

智 「それじゃ、また明日ね・・・」

マ 「お疲れ様でした。それではまた明日・・・」

俺達は家に戻って風呂に入り
明日の台本を軽く読み合わせて寝る事にした。

智 「明日はロケだな・・・おいらはあんまり台詞無いな。」

和 「本当だね(笑)俺との絡みが少ないからか・・・
   あなたの方が先に終われそうじゃない?」

智 「そうだな・・・」

和 「先に戻ってていいからね。」

智 「ええ?待ってるよ。」

和 「どうして?たまには先に帰って好きな事したら?」

智 「せっかくニノと四六時中一緒に居れるのに、勿体ないもん。」

和 「普通は嫌気が差すんじゃない?」

智 「そんなことないよ。俺はニノとずっと一緒に居たい。」

和 「そんなこと言ってられるのも今のうちかもよ(笑)」

そうか・・・確かに。
今はラブシーンが無いからそう思うのかな?
だけど、俺はいつでも傍に居たいんだよ。

ハイって冷蔵庫からビール取り出して
俺に渡すその手を引っぱって
よろけるニノを腕の中に抱き寄せた。

智 「2ヶ月半もずっと一緒って今まで無かったじゃん。」

和 「そうですね・・・」

ニノが脱力して身体を預けるから
俺は躊躇うことなく彼にそっと口づけた。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。