君への想いを,  映画の仕事,  第28章

映画の仕事⑨

第28章

映画の仕事⑨

 

 

 
和 「ふはははっ・・・本気にしたの?そんな事するわけないでしょ。」

人のことをおちょくって楽しんでる。
頭にきて俺はベッドに横になり
ニノに背中を向けて怒ってるってアピールをした。

和 「あれ?怒ったの?(笑)」

智 「何でそんな嘘つくんだよ?」

和 「お前が俺に意地悪するからだよっ」

智 「はっ?」

俺はニノの言葉にビックリして
ニノの方に身体を向き直した。

智 「意地悪?俺が?・・・」

和 「しらばっくれやがって!」

智 「俺が何したっていうの?俺何もしてねえし。」

和 「こうまで言っても素直に謝れないんだったら、もういいよ。」

何なんだ?意味が分かんねえし・・・
今度はニノが俺に背中を向けた。
あー、もう面倒くさいっ・・・
俺はニノの肩を掴み
仰向けに寝かすと、彼の上に跨って見下ろした。

ニノは俺と目を合わすまいと
プイッと顔を横に向け俺から視線を逸らした。

俺はそんなニノの顎を掴んで
無理矢理正面に向かせて
不機嫌なその瞳を無視して
強引に唇を重ねた。
だけど今日のニノは頑固だ。
唇の隙間から強引に舌を忍ばせようと試みるも
口を真一文字に結んで必死で抵抗するし
両手で胸を推し返そうとして
イヤイヤと顔を横に振る。

えっ・・・何で?
強情だな・・・
俺はそれでも更に強引に
ニノの両手をガッツリ捕まえて
再び彼に口付けた。

それでもまだ俺の下で抵抗しようともがくニノ。

和 「んー・・・んんっ・・・」

智 「んはっ・・・かず・・・いい加減にしろや!」

そう言った瞬間
ニノの身体の力がフワッと抜けて
鼻でフフッと笑ったかと思ったら
俺の首にニノの腕が捲きついて
強烈なキスされた。

何なんだ?

俺はコロコロと変るニノの態度をおかしく思って
ニノから身体を離して彼の顔を覗き込んだ。

和 「どうしたの?続きをしましょうよ(笑)」

智 「な、何だよ?拗ねたりふざけたり・・・」

和 「明日のキスシーンですよ。」

智 「キスシーンがなんだよっ?」

和 「今の、なかなか上手でしたよ(笑)」

え?あ・・・そういうこと。
抵抗するニノを捕まえて強引に奪うって設定だったから
俺の事を試したな?

智 「・・・わざと、拗ねたの?」

和 「えっ?あ・・・わざとでもないよ(笑)」

智 「おいらが何をお前に意地悪したんだよ?」

和 「それは胸に手を当てて考えろよ・・・」

智 「だって何もしてねえじゃん。今日だってちゃんと
   掃除、洗濯しといたじゃん。」

和 「うん、そうだよね。そこまではいいんだよ・・・」

智 「何だよ?俺なんかお前にしたか?」

和 「早く白状しなよ。何処に隠したの?」

智 「えっ?」

あ・・・俺が指輪隠したこと気付いてたんだ。
最初から分かってたのか?

智 「知ってたの?」

和 「当たり前だよ。あなたが考える事なんて全部お見通しです。」

智 「つまんねえな・・・」

和 「何処に隠したの?俺の大切な指輪・・・」

智 「教えない・・・」

和 「はぁ?馬鹿じゃないの?あれ失くしたらあなただって
   頭に来るでしょ?」

智 「うん。だから、なんであんな所に置いてるんだって思った。」

和 「言っとくけど、忘れてたんじゃないですよ。」

智 「苦しい言い訳しなくてもいいよ・・・」

和 「あそこは所定の場所なんだから・・・わざと置いてたのに。」

智 「ふう~ん・・・」

和 「いいから教えろよっ。何処に隠したの?」

智 「俺を嵌めた罰だ。俺を満足させてくれたら教えてやる。」

和 「はぁ?いつからドMキャラになったの?」

智 「早く脱げ!」

和 「いいですよ(笑)
   あなたを満足させることなんて朝飯前ですから。」

そう言いながらシャツを脱ぎ捨てて
上半身裸になり、俺に覆い被さるように
唇を重ねて、荒い吐息を零しながら
俺に激しく舌を絡ませた。

最初はされるがままの俺だったけど
やっぱり、俺もニノが欲しくなって
上下を入れ替わり
柔らかいニノの肌を味わってくと

和 「んっ・・・ああっ・・・駄目っ。
   指輪の在り処を教えないなら
   最後までイカセてやんないから。」

智 「マジか・・・」

俺は仕方なくローチェストの引き出しから
隠してた指輪を取り出しニノの左の薬指に嵌めた。

ニノは俺の顔を見てクスッと笑い・・・

和 「そこに隠してる事も、俺は実は知ってましたよ。」

智 「えええ?」

笑い転げるニノが小悪魔にしか見えず・・・
コイツにはマジで敵わないなって思いながら
疼いてる下半身を彼に教えて
続きをお願いした。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。