100年先も愛を誓うよ,  君への想いを,  第29章

第29章 100年先も愛を誓うよ①

第29章

100年先も愛を誓うよ①

 

 

 
ニノと暮らすようになってそろそろ1年が経つ。
ずっと一緒に居ても全然俺達は変わらない。

仕事の現場でも相変わらず
仲がイイからメンバーにもいい加減
呆れられてるというか、完全にスルーされてる。

今はコンサートのリハーサル中で
汗まみれで振り付け覚えてるんだけど
休憩に入れば途端にニノが俺の横に駆け寄り
当たり前みたいにくっ付いて座る。

潤 「あなた達よくまぁ飽きないね(笑)」

智 「何が?」

潤 「はははっ。だって自宅でもずっと一緒で仕事でも一緒だろ?」

和 「飽きるわけないよね・・・
   俺達はそれが普通なんだもん。」

翔 「そうそう、時々あなた達が双子に見える時があるよ。」

潤 「それは似てるからってこと?」

相 「ん、でも最初から似てるんじゃなくてさ、
   それってずっと一緒だから似てくるんじゃないの?」

翔 「あー、それ分かるような気がする。
   夫婦って似てくるとかいうもんな・・・」

和 「でも、俺どう頑張っても船とかいまだに
   乗りたいと思わないけどな・・・」

智 「そこが似てくれると一番嬉しいんだけどなぁ」

和 「どうして?」

智 「休みの度に一緒に釣り行けるもん。」

和 「嫌です(笑)」

潤 「それリーダー、俺でも嫌だわ(笑)」

智 「ええ?釣りの楽しさを知らないから
   君達はそういう事言うんだよ。」

和 「だったら、釣りが好きな人と結婚すれば?」

智 「うん・・・確かに。」

和 「はあ?あったまきた!俺、絶対に別れてやんないから!」

翔 「おおっ、こわっ(笑)」

潤 「リーダー、ニノから思いっきり高額な手切れ金を
   要求されるかもよ(笑)」

和 「それも一生掛かったって払えないくらいの
   高額の支払いを請求します(笑)」

智 「えええ?マジか・・・身体で支払うから勘弁してくれ。」

相 「おおちゃん、生生しいよ。うぃひひひっ」

翔 「しかし、幸せそうで羨ましいなぁ・・・
   俺もパートナーが欲しくなったかも。」

智 「翔ちゃんには相葉ちゃん居るじゃん。」

翔 「えええっ?待って、何それ?」

相 「あ、それ多分靴がおそろだから言ってるんだよ。
   ね?そうでしょ?リーダー。」

和 「だけど、毎晩お相手しなきゃならないよ?
   翔さん耐えられます?(笑)」

翔 「まっ、マジで?それは無理だな・・・
   若い頃なら分かるけど・・・」

潤 「なんだ?その話、面白いな・・・」

相 「俺達、適齢期超えてるのに誰も結婚しないなんて
   世間から思われてるけど、実際ここには
   既婚者がまとめて二人も居るからなぁ」

智 「お先してゴメンね・・・」

相 「いや、年功序列でいいんじゃない?」

和 「リーダーももう直ぐ36だって(笑)」

智 「なんで笑うんだよ?」

和 「もう、俺は昔からそれくらいだと思ってたから。」

智 「お前は本当に変わんないからイイよなぁ。」

潤 「若い嫁さん貰うと、気苦労が耐えないね(笑)」

智 「どういう意味だよ?」

翔 「ニノは永遠の17歳だからね・・・
   狙ってる輩が多いかもって事でしょ?
   大野さんも頑張らないと、知らないよー(笑)」

智 「マジか・・・」

和 「頑張んないでいいですよ。ほら、リハ戻るよ・・・」

俺達は仲良く手を繋いでリハーサルに戻る。

智 「ニノ・・・おいら頑張るからな。」

和 「え?いいってば。あれは皆冗談で言ってるんだから
   真に受けなくていいんだよ・・・」

智 「だって・・・」

和 「あなたが年を取れば、幾ら俺だって同じように年は取るの。」

智 「でも・・・」

和 「俺、例えあなたがお爺ちゃんになっても好きですよ。」

智 「ニノ・・・おいらも。」

もう、そんなこと言うから
ギュって力一杯抱き締めたくなったけど
スタッフもメンバーも皆居るから
また家に帰ってからだな。

ニノはあんなこと言ってくれてるけど
これから10年後も20年後も
変らずに愛し合えるように
俺も少しは努力しなきゃな。

リハーサル終わって帰りの車の中でも
俺達はいつもと変わらず
手を繋いでラブラブにしてると

マ 「ホントにお二人って仲イイですね(笑)」

って言われて俺達はお互いの顔を見合わせて
フフッて笑った。

誰にも不快に思われない俺達の関係は
きっとこれからもずっと続いていくんだ。
誰がなんと言っても
俺達はお互いが愛おしくて仕方ないんだからさ。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。