100年先も愛を誓うよ,  君への想いを,  第29章

100年先も愛を誓うよ③

第29章

100年先も愛を誓うよ③

 

 

 
side nino

折角の半日オフ日だっていうのに
うちのおふくろが俺に話が有るからって
わざわざ家にやってくる事になって
リーダーも心配なんだろう、
午後から一度電話くれて
様子伺ったりしてる・・・。

たまには一緒に夕飯でも連れてくって
さっきおふくろに電話したら
それなら夕方4時過ぎに来るって
言うから、俺は家の片付けとか洗濯とかして
とりあえず、オフじゃないと出来ないような
家の掃除をあちこちやってた。

そして、夕方になって
時間通りにおふくろがやって来た。

和 「いらっしゃい・・・」

母 「久し振り。元気そうね」

和 「うん・・・どうぞ、入ってよ。」

母 「へえ・・・なかなか素敵な家じゃない。
   思ったよりも綺麗に片付いてるし。」

和 「だろう?2人で住むの勿体無いくらいなんだ。」

母 「それで?大野さんとは仲良くやってるの?」

和 「お陰様で・・・」

母 「あのね、かずくん・・・ちょっと母さん
   あんたに話があるのよ・・・」

和 「うん・・・待って、お茶淹れるから。」

俺はお茶を淹れてテーブルに運んだ。
そしておふくろと向かい合わせに座り
早速その話を聞いた・・・

和 「うん・・・それで?話ってのは?」

母 「あんたさ、最近ほら、週刊誌とかにも書かれてたでしょ?」

和 「え?・・・ああ~・・・」

なんだ、山田とかの事か・・・

母 「まあ、母さんは芸能界の事は分かんないから
   色々口出したりする気はないんだけどね。
   映画とかでも、ほら・・・大野さんと今度・・・
   ああいうのやってたりしてたでしょ。」

和 「同性愛でしょ?」

母 「そうそう・・・」

和 「で?何が言いたいの?」

母 「もうね、あんた達も若くないんだし、
   将来の事を真剣に考えた方がいいんじゃないかと
   思うのよね・・・」

和 「真剣に考えて今この生活してるんだけど。」

母 「大野さんだって、一応はご長男でしょ?
   親御さんだって、きっとお孫さんの顔見たいんじゃない?」

和 「あのね・・・母さん?」

母 「このまま同棲生活なんて続けていたら
   きっともう死ぬまであなた達、結婚とか出来ないのよ?
   それでも良いの?」

和 「ごめん。俺リーダーとこの先別れるつもりないから。」

母 「かずくん、あたしもこんな事言いたくないのよ。
   でもね、あんたは女性じゃないから子供も産めないでしょ。
   夫婦がね長年連れ添って居れるのは子供の存在が有るからよ。
   もしもこの先、あんた達が大喧嘩してしまっても
   繋いでくれるものがなければ、簡単に捨てられることだって
   考えられるし、そうなった時にいざ家庭が持ちたくても
   簡単に相手は見付かるものじゃないでしょ。
   あたしはそれが心配なのよ。色々手遅れにならないうちに
   考え直した方がいいんじゃないかって思うの。」

和 「母さん、子供が出来ない夫婦だって長年連れ添ってる
   夫婦も居るよ。それにこれ見てよ・・・」

俺はリーダーに貰った結婚指輪を
おふくろの前に差し出した。

和 「俺達ね、教会で結婚式を挙げたの。
   ゴメンね。忙しい中で急に決まった日取りだったんで
   身内にも連絡出来なくてさ・・・
   俺達は心配しなくてもその辺のカップルより
   絆が深いから、簡単に別れたりしないよ。
   俺に至っては、死ぬまであの人と離れる気ないから。」

母 「あんたそんなに大野さんのこと・・・」

和 「後継ぎ作れなくて、孫の顔も見せてあげれなくて
   本当に悪いと思ってるよ。でも、俺の人生だし、
   絶対にこれだけは譲れないっていうか・・・
   親不孝なの分かってるけど、許して。」

母 「あの週刊誌のことは?」

和 「ああ、あんなの信じなくていいよ。全部作られてるから。」

おふくろは大きく溜息をついて
立ち上がった・・・

母 「話はそれだけだから、母さんこれで帰るわね。」

和 「ええ?リーダーもう直ぐ戻るからさ、
   一緒に飯行こうって言ってたのに・・・」

母 「疲れて帰って来るんでしょ?あたしが居たんじゃ
   気を遣わせて悪いから、今日は戻るわ・・・」

和 「待ってよ・・・」

母 「かずくんの覚悟がちゃんと聞けて安心したから
   本当にもういいの。
   お正月にでも2人で一度顔出してよ。
   父さんも安心するだろうし。」

和 「あ・・・うん、分かった。必ず戻るよ・・・」

母 「大野さんとこれ一緒に食べなさい。」

おふくろの手料理だろうか。
重箱に詰められた包みを
テーブルの上に置いて帰ってしまった。

元々最初から食べに行く気は
無かったみたいだ。
俺はおふくろの背中を見送り
ハァっと大きく溜息をついた。

それから1時間程経って
リーダーは何も知らずに仕事から大急ぎで戻って来た。

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。