100年先も愛を誓うよ,  君への想いを,  第29章

100年先も愛を誓うよ⑤

Pocket

第29章

100年先も愛を誓うよ⑤

 

 

 

 
俺達が一緒に休めるって事は厳しくて
それから数日後にようやく半日だけ
午後から一緒に帰れる日があったので、
俺はマネージャーに頼んで
その日の仕事帰りにそのままニノと
ニノの実家に行く事にした。

マ 「着きましたよ。お二人ともお疲れ様でした。」

智 「あっ、ちょっと待ってて!おいら着替えるから。」

和 「着替えるって?いいよ。
   どうせそんな改まる人達じゃないから」

智 「ダメダメ。こういうことはキチンとしとかないと。」

俺は事前に用意しておいた
スーツにネクタイ姿に着替えて手土産も準備万端。
いつになく緊張して襟を正すと
ニノの実家へと向かった。

和 「なんかこっちまで緊張するじゃないの(笑)」

智 「だって、こんなことは一生に1度有るか無いかなんだもん。
   ビシッと決めないとダメだろ。」

和 「もう、リーダーはいちいち大袈裟なんですよ。
   それじゃ、行くよ・・・」

ニノがそう言って玄関を勢いよく開けた。

和 「母さ~ん、戻ったよぉ・・・」

って普通に呼びかけたら
奥からニノの母ちゃんがバタバタと小走りで出てきた。

母 「あらあら、いらっしゃい。どうぞ・・・
   散らかってるけど。」

智 「ご無沙汰してます。それじゃ、お邪魔しまーす。」

和 「姉ちゃんは?」

母 「出掛けてるの・・・ほら、突っ立ってないで
   そこ座ってもらいなさい。」

智 「あ、もう、ホントお構いなく。」

母 「ふふっ・・・どうしたの?
   大野くん、なんか今日決まってるけど?
   ネクタイとか珍しいじゃないの・・・」

智 「え?あ、ハイ・・・」

和 「ちょっと、ガチガチじゃないの(笑)」

母 「結構似合ってるわよ。ほら、なんだっけ?
   社長役のドラマ?あれ凄く面白かったよね。
   スーツも似合ってたわよ。」

和 「へえ~観てたんだ?」

母 「あんた達の出てるの、結構これでもチェックしてるのよ。」

和 「チェ、チェックって、怖いよ・・・」

智 「あ、あの・・・おばさん・・・」

母 「今日はゆっくり出来るんでしょ?
   ご飯うちで食べてくよね?」

智 「え・・・ああ・・・」

なかなか何処のタイミングで切り出そうか
難しいところだ。
ドラマの台詞みたいにはいかないもんだな。

和 「リーダー、母さんに話し有るんだよね?
   ちゃんと聞いてあげてよ・・・」

母 「え?あら、ごめんなさい(笑)何かしら?」

智 「いえ・・・あの、本当ならもっとこういう事は
   早く来なきゃダメなの分かってたんですけど・・・
   こんなに遅くなってしまって本当に
   すみませんでした・・・。」

そこまで言い始めたら
ニノも空気読んだみたいで
俺の隣に姿勢を正して並んで座ってくれて

智 「おいら、ニノ・・・あ、和也くんの事、
   一生大事にするって約束します!
   なので・・・その・・・和也くんを
   僕に下さいっ・・・」

俺がそう言っておばさんに頭を下げたら
ニノも同じように頭を下げた。
おばさんはビックリしたのか
ちょっと沈黙が続いて、その後少し涙ぐんで
俺達に優しく微笑んでくれた。

母 「大野さん、こんな息子だけどかずは本当に心の優しい子です。
   どうか、かずのこと私からも宜しくお願いしますね。」

和 「母さん・・・」

智 「おばさん・・・約束します。おいら何が有っても
   ニノの事幸せにします。」

母 「なんか、息子が増えたみたいで嬉しいわ。
   今度大野さんのところのご両親にもご挨拶を
   しないとね・・・」

和 「ねえ、お正月に家族皆で温泉にでも行こうよ。」

智 「うん。それ、いいな・・・」

和 「ねっ・・・早速旅館探しとくからそうしよう。」

母 「温泉かぁ・・・いいわね。それじゃ、夕飯の支度するから
   あんた達は一緒にお風呂でも入りなさいな・・・」

和 「風呂沸いてるの?」

母 「仕事終わりに来るって聞いてたからね・・・
   沸かしておいたのよ。気が利くでしょ?
   ほら、いいから一緒に入って来なさいな。」

智 「えっ///」

和 「な、何言ってるの?リーダー先に入りなよ。」

智 「いや、お前先に入れよ・・・」

和 「ええ、いいよ・・・」

母 「ええ?今更恥ずかしがらなくていいじゃないの。
   あなた達夫婦なんでしょ?
   さっさと2人で入って来なさい(笑)」

マジか・・・
さすが、ニノの母ちゃんだけあって?
あっけらかんとそういう事を平気で言っちゃうんだ。
ニノはこのおばさんから
本当に育てられたんだろうか?
不思議で仕方ない。

だけど・・・
気持ちが優しいところは親譲りというか、
一緒だなって、なんだかここに居ると
ほっこりとした気分になって癒される気がした。

和 「もう、分かったよ。リーダー、風呂入ろう。」

俺は開き直ったニノに
引っ張られて風呂場に連れて行かれた。

つづく

   

Follow me!

蒼ミモザ

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。