100年先も愛を誓うよ,  君への想いを,  第29章

100年先も愛を誓うよ⑦

第29章

100年先も愛を誓うよ⑦

 

 

 

それから普通の忙しい日常に戻って
俺達はそれぞれの仕事して
週1,2回のペースで仕事で一緒になる程度。

だけど仕事が終わればまたいつもの様に
ニノか俺のどちらかが先に戻ってて
二人で協力して家事を両立させながら
相変わらず仲良く暮らしてる。

今日は午後から久し振りに
雑誌の企画でニノと2人だけの取材。
午前中はお互いに別々の現場に行き
昼過ぎに撮影の現場で落ち合う。

和 「リーダーッ・・・」

嬉しそうに俺を探して走り寄る。

和 「随分早かったんだね?」

智 「ううん、おいらも今着いたとこ。」

ニノがいつもの様に
俺にくっ付いてくるけど
これはもう、世間では誰もが公認してるほど
それはニノのお決まりのスキンシップだから
周りの人間も全然それを見てさほど驚かない。

『それでは、お話を伺いますね…』

和 「今日のテーマは何だっけ?」

智 「あ・・・おいらもそれ聞いてなかった(笑)」

『お二人の将来について・・・ですね。』

和 「ふうん・・・将来ねえ・・・」

『お二人は映画の共演も今年大変話題でしたよね。』

和 「はははっ・・・あれね・・・」

『実際、嵐でも2人で映画に出られるのは初めての試みだったようですが。』

和 「とても新鮮だったよね。」

智 「うん、5人の芝居は何度かやらせて貰ってたけど
   二人っていうのは今まで無かったから。」

『同性愛という設定の過激な内容でしたけど、
 実際演じてみられていかがでしたか?』

和 「実際って・・・(笑)あくまでも演技ですからね。」

智 「おいらは難しかったな。」

和 「どうかなあ・・・元々我々普段も手とか
   繋いでたりしてるから(笑)」

『本当にお二人は普段から仲良しの様ですけど
 実際にお二人で何かプライベートでエピソードとか
 あったら聞かせて頂きたいんですが。』

和 「あっ、何も無いです!」

『え?そ、そうなんですか?』

ニノは絶対プライベートを話さない。
特に俺と暮らすようになってから
口が堅くなった。

『それでは、同性愛についてお二人の考えを聞かせて貰えますか?』

智 「好きなら男も女も俺は関係ないと思う。」

和 「あれっ?・・・なんか今日語りますね(笑)」

智 「ニノがもし俺と付き合って欲しいって言ったら
   俺、迷わず付き合うと思うよ(笑)」

和 「はっ///おーのさん?お熱計ります?(笑)」

『それだけ今回の共演で信頼関係が出来たってことですかね?』

和 「我々、Jrの頃から考えると20年の付き合いですからね。」

『なるほど。それでは大野さんから衝撃発言も飛び出しましたので(笑)
 ご結婚についてのお考え等を聞かせて頂けたら・・・』

結婚・・・
まぁ、映画に因んだインタビューだから
その手の質問が多いのは仕方ないけど
流石にニノが嫌気さした顔を見せた。

和 「子供は欲しいって思うけど、結婚は全然昔から興味ないよ。
   俺は休みも誰にも邪魔されずにゲームしたいしね。」

ニノったら・・・嘘ばっか。人一倍寂しがりのくせに・・・。

『大野さんはいかがですか?』

智 「俺もニノと一緒で結婚にはあまり興味ないかな。
   あ、子供は欲しいって思うこと有るけど
   多分、父親参観とか絶対行けないだろうし
   なんか自分が親父になってるとこイメージ出来ないよ。」

『それでは嵐のグループ、または大野さんとニ宮さんの将来の関係性は
どうなってると思われますか?』

和 「多分、俺達50歳になってもやってる気がする(笑)
   コンサートとかは続けていたいよね。メンバーも進化しつつ
   体力勝負にはなってくるかもだけど(笑)」

智 「うん・・・関係性はずっと変らないと思うなぁ。
   一つだけ言える事は有るけど・・・」

和 「え?何ですか?」

智 「俺はニノには約束出来る・・・」

和 「はっ?り、リーダー?」

智 「おいらはニノに100年先も愛を誓うよ(笑)」

和 「きっ・・・気持ち悪いよお///」

『はははっ。素敵なお話聞けて良かったです。
 今日は有難うございました。』

和 「えええっ?それが締めなの?マジで?
   んもお~何なのよ(笑)」

それからスタジオでグラビア撮影してから
俺達は衣装から普段着に着替えてスタジオを後にした。
帰りの車の中で、ニノがさっきのインタビューを
振り返り、突っ込みが始まる。

和 「リーダー、あんなこと言うなんてビックリだよ(笑)」

智 「あれ、マジだよ・・・」

和 「マジなの?(笑)だったら余計怖いよ。」

智 「どうせ皆、冗談としか思わないだろうけど。」

和 「だけど、嬉しかったな。俺も同じ気持ちですよ。」

智 「ごめん、マネージャー、絶対後ろ見るなよ。」

マ 「ええっ?」

智 「1分だけ、見ないでくれ、頼む・・・」

そう言って俺はニノとワゴン車の後部座席で
濃厚なキスを交わした。

***「君への想いを」
THE END***

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。