君への想いを,  怖がらずに,  第3章

怖がらずに②

第三章

怖がらずに②

 

 

智 「俺はお前の事好き、じゃなくて・・・そう、愛してるの。」

和 「それ証明してくれます?」

智 「えっ、証明って・・・」

和 「そんな安々と愛してるなんて言われても、今どき証拠も無しに
信じるヤツなんて何処にも居ないですよ。」

智 「証拠とか言われても。愛してるものは愛してる。それは本当だもの。」

和 「うん、信じるよ。だったらキスしてよ。」

智 「え///いいの?」

和 「良いも悪いもないでしょ?
証拠を見せろって言ってるのは俺ですよ。」

智 「いや、いいよ。恥ずかしいから・・・」

和 「愛してるなんて言う方が恥ずかしいと思うけど(笑)」

智 「ええ~いいから信じてよ。」

和 「ダーメ、信じない。あーやっぱりふざけてるんだ?」

智 「ふざけてなんていないよ。真剣に言ってんのに・・・」

和 「そう?いいですよ。だったら信じないから。」

もう、やっぱりおちょくってるのかよ?
でも、俺は大真面目なんだ。
そこまで言うならもう遠慮なんてしねえし。

智 「もう、どうなっても知らねえぞ。」

俺は立ち上がってニノの腕を掴むと、
ニノもその場に立ち上がって、いつになく真剣な表情でお互いを見つめ合った。
俺はその身体を引き寄せてゆっくりと胸の中に抱き締めた。
そして、もう一度見つめ合い、まるで磁石みたいに吸い寄せられる唇。

頭の先から電流が流れるみたいに痺れてく。
後ろから支えるようにしてニノの頭に手を添えながら
深く忍ばせていくと、何の抵抗もなく迎え入れたニノの舌が
俺に激しく絡みついた。

和 『う・・・んんっ・・・ハァッ・・んっ・・・』

智 『んっ・・・ハッ・・・んんんっ・・・』

ああ、どうしよう・・・。
これはもうブレーキが効かない。
完全に、自分に身を委ねてくれてるニノが、もう堪らなく愛おしい。
ニノの全部が欲しい・・・俺のものにしたい。
一つになりたい。

俺はニノから一瞬離れてその顔を覗き込む。
そしたら、彼もうっとりとした表情で目を細め
まるでお替りを強請るみたいに色っぽくその唇を尖らせてみせる。

智 「ね、信じてくれた?」

和 「ん・・・大野さん、意外とキス上手だね。」

智 「そう?ニノだって上手いよ。」

そう言ったらニノの顔が真っ赤になり、
恥ずかしそうに堪らず俺から視線を逸らした。

俺はニノの手を掴んで寝室へと誘い導くと、ニノも全く抵抗する事なく着いて来た。
セミダブルのベッドの縁に2人で腰掛けてから
リモコンで部屋の灯を暗くした。

智 「あのさ・・・」

和 「なに?」

智 「お願いだから、おいらのこと嫌いにならないでね?」

和 「え?俺に嫌われるような事でもするの?(笑)」

智 「うん、今からするっ!」

和 「それってさ、嫌われないようには出来ないの?」

智 「わかんねえ。それを判断するのはニノだから・・・」

和 「そっか、いいですよ。その代わり俺、結構判定厳しいから覚悟してね(笑)」

智 「うっ、マジか・・・」

俺達はお互い顔を見合わせてフフッて笑った。
それからニノの肩に腕を回して優しく抱いた。
ニノも俺の首に両腕を回して自分から唇を近付けた。
さっきよりも激しいキスを繰り返すと
二人の熱い吐息がどんどんそれをエスカレートさせてった。

俺は興奮して思わずニノをベッドの上に押し倒し
その身体の上に覆い被さった。
そして再び甘い口付けを続けながら、
シャツの下から滑らかな素肌に触れた。

急に怖くなったのか、ニノは躊躇いがちに俺の右手を掴んで拒む仕草をみせた。

だけど俺はもうとっくにその気になってるから、今更中断とかは絶対に有り得ない。

「大丈夫だから・・・」

俺はニノの耳元でそう囁いた。

 

 

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。