君への想いを,  恋人の憂鬱,  第4章

恋人の憂鬱②

第4章

恋人の憂鬱②

 

 

どうしたら忙しいニノに逢う事が出来るんだろう?
俺はずっとそれを考えてた。

ところがある日さすがに俺達の異変に気付いてたマネージャーが、俺が一人の時に
ニノとの事を聞いてきた。

マ 「大野さん?あのぅ・・・最近、二宮さんよく大野さんちに
泊まられてますよね?」

智 「えっ・・・あ、うん。それが?」

マ 「あっいえ、昔からお二人は仲が良いとは思ってましたが・・・」

智 「ほら、この前さ一緒の仕事の時だと送迎一度で済むから助かるとか
言ってたじゃん。だからだよ・・・」

マ 「そうでしたか。私が余計な事を言ったものだから、もしかして
大野さんにご迷惑掛かってるんじゃないかと思って。」

智 「ええっ?そんなことないよ。迷惑だなんて。俺達さ、兄弟以上に仲がいいんだ。
全然迷惑とかじゃないよ』

マ 「はぁ・・・」

智 「それとも何?ニノが俺のうちに泊まるのって何か問題でも有るの?」

マ 「あ、いえ。そういうわけでは・・・」

智 「もうさ、俺達一緒に暮らそうかと思ってんだ。」

マ 「えっ?えええっ?」

智 「ダメかな?」

マ 「え、あ、あの・・・大野さん?」

智 「やっぱダメだよな~うふふっ」

マ 「それは、あの・・・つまりですね、お二人は・・・」

智 「ん、何?」

マ 「ニ宮さんて、本当はどういう関係なんでしょうか?」

智 「おいらの恋人だよ。」

マ 「えええええ?」

智 「そんな驚くこと?」

マ 「あの・・・本当ですか?」

智 「うん。あ、でも事務所には内緒にしてよね。
絶対怒られんだから。」

マ 「はぁ。あの、大野さん?その事はメンバーは皆さんご存知なんですか?」

智 「ううん。まだ誰にも話してないよ。」

マ 「そ、そうですか・・・」

それからマネージャーは黙り込み、
何か考え事しながら運転してた。
やっぱりマネージャーに相談したところで
ニノと一緒には暮らせないよなぁ・・・。
ちょっとだけうたた寝してる間に車は仕事の現場へと到着した。

マ 「あの、大野さん。」

智 「ん?ああ、もう着いたの?」

マ 「私でお力になれる事があれば、何でも言って下さいよ。」

智 「え?あっ、もしかしてニノの事?」

マ 「はい。またこの話はお迎えの時にでも。」

智 「うん。ありがとう、それじゃ、また帰りにね。」

ちょっとまずかったかな?
マネージャー本気にしちゃったみたい。
まぁ、本当の事だから良いけど・・・

でも事務所にバレたりしたら絶対引き離されちゃうよな、俺達。
そんな事になったら俺、ニノからすげー怒られちまう。
それよりも、せっかくうまくいってるのに上にバレたりしたら
2ヶ月どころかずっと逢えなくなっちゃう可能性だって有る。
そんなのは絶対に困るよ。

これはマネージャーにちゃんともう一度
口止めしておく必要があるな。

そして俺はその日の仕事を終わらせて
再び迎えの車に乗り込んだ。

智 「お疲れ~。あのさ、今朝の話だけど・・・」

ワゴン車のスライドドアが開いた時
俺の視界に飛び込んだのは
見たことあるとびきり可愛いアイドルスマイルのニノだった。

智 「え?あれれ?どうしてニノがここに?」

和 「わざわざ俺まで迎えに来てくれたの。」

智 「ええ?でも明日レギュラー収録の日じゃないよな?」

和 「あなたはホントお気楽な人だね(笑)」

智 「えっ、何?どういう事?」

マ 「大野さん、明日の午前中はニ宮さんとお二人で雑誌の取材ですよ。」

智 「あっ・・・そうか。忘れてたわ(笑)」

和 「ダメだよ、自分の仕事なんだから。マネージャー任せじゃ。」

智 「そっか・・・だけど今日は逢えないって思ってたから
ラッキーな気分だな。」

和 「ちょっと、何恥ずかしいこと平気で言っちゃってるのさ///」

智 「だって本当の事だもんよ。」

マ 「二宮さん、お二人の事はお聞きしてますから、大丈夫ですよ(笑)」

和 「えっ?そうなの?」

智 「あっ・・・その事だけど、絶対上には内緒にしてよね。」

マ 「勿論、分かってます。」

和 「ちょっと・・・どうして話しちゃったの?」

ニノが小声で俺に聞いた。

智 「話したっていうか、もうバレてたのと同じだよ。」

和 「だけど、幾らなんでもマズイでしょ。」

智 「上にばれなきゃ平気だってば。」

マ 「お二人はグループ内でも特に仲がいいのは有名ですから
今まで通りになさってても問題無いと思いますけど
お互いの家を行き来なさってるのを週刊誌とかにスクープされたり
なさっては、さすがに事務所も黙ってないと思いますから。」

智 「メンバー同士仲いいねってそれだけで納まる話じゃないの?それとも二人で逢うの我慢しろってこと?」

マ 「いえいえ。だから、自分に出来る事はご協力しますので
遠慮なく言ってくれって事です』

智 「マジか。そりゃ色々と助かるよ。なっ、ニノ?」

ニノは俺の上機嫌とは正反対に
ハァッと深い溜息をついた。

 

 

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。