おいらの憂鬱,  君への想いを,  第5章

第5章 おいらの憂鬱①

第5章

おいらの憂鬱①

 

 

その翌日、俺達は雑誌撮影の為に
久々のロケでとある遊園地に来ていた。

平日だし、午前中の撮影だから
人気も疎らで、俺達の貸切りみたいになってた。

和 『遊園地なんて仕事でしか来た事ないかもね』

智 『うん、久し振りな気がする』

和 『有難いですね』

智 『んふふっ。有難いよな』

なんで有難いかというと
俺達二人が関係を持つようになってから
これが初めての二人っきりのロケだし
しかもそれが遊園地だなんて
プライベートでデート出来ない俺達にとって
表向きは仕事でも
二人の頭の中ではこれ、完全にデートだもの。

普段は完全にインドアなイメージのニノだけど
本当は普通に表で堂々と出来ないから
ゲーマーになる選択肢しかなかっただけで
元々野球少年だったくらいニノは運動神経も良いし、
何も好き好んでインドア派を売ってるわけでもない。
根っからのゲームヲタとは違うんだ。

だから、今日の仕事は本当に嬉しいみたいで
何時になくテンションも高くなっていた。

今日の雑誌のテーマは
『イチャイチャ遊園地デート』
俺達はワゴン車の中で準備されてた衣装に着替えて
メークさんに髪型とか整えてもらって
見た目は完全に着せ替え人形。
衣装も今回はなかなかのペアルック感。
着せられてる感じは満載だけど、実際に恋人同士になると
こういうのはちょっぴり仕事とはいえ嬉しかったりした。
ここからは自由に遊園地の中を二人で
遊んで良いってスタッフに言われて
俺達のテンションは更に上がる。

和 『好きなようにデートしていいんだって(笑)』

智 『うん。しかもテーマがいいよな(笑)』

和 『どうする?やっぱここはジェットコースターが盛り上がるかな?』

智 『うん、その後オバケ屋敷か?・・・で最後は
観覧車の中でチューするの(笑)』

和 『ははははっ。スタッフがひっくり返るよ。
そんなサービスショットいらないって』

とりあえず俺達はフリーに遊園地を回るように言われて
当たり前のように手を恋人繋ぎにしてみたり
俺の肩をニノが抱いたりして
好き勝手にイチャイチャしながら園内を歩き回った。
仕事だからこれを堂々と出来るのも愉快で仕方ない。

俺は絶叫マシーンとか平気なタイプだから
ジェットコースターもめちゃくちゃ楽しくて、
本当にプライベートと何も変らない雰囲気で
その仕事デートを満喫してた。

途中クレープ屋さんでクレープ頼んで
お互いのをお互いで食べさせ合いっこしてみたり
何処にもそれに対してはカメラマンからの指示もなく
自然に恋人同士の雰囲気が出ちゃうから
スタッフからは「さすがですね~」なんて
驚きの声が零れたりした。

オバケ屋敷では
俺にピッタリくっ付いて離れないニノが可愛くて
俺はずっとニヤニヤが止まらないし・・・
楽しい時間ってあっという間に過ぎていく。

俺達は冗談で言ってたんだけど
最後にスタッフから観覧車に乗ってくれと指示があって
二人でさっき言ってたことを思い出して
顔を見合わせて、思いっきり噴出して笑った。

スタッフは一緒に乗り込まずに
外から二人を撮影するからと、自撮り用のカメラを持たされたりして
俺達は二人っきりで観覧車に乗り込んだ。

和 『まさか本当に乗る事になるとはね(笑)』

智 『んふふふ。おいらが言ったとおり真上に着いたら
チューしようぜ』

和 『ダメだよ(笑)望遠レンズで狙われてるんだから』

智 『いいじゃん。今日のテーマはイチャイチャなんだから(笑)』

和 『まあ、俺達のファンは喜ぶだろうけど、それ以外の人には
ドン引きでしょうね。』

智 『それにしても、仕事でこういう企画ってマジ有難いな。』

和 『そうだね。滅多に無かったよね』

智 『テレビの企画で海外ロケにも二人で行きてえよなぁ。』

和 『お互いのスケジュール有るからそれは無理だよね。』

智 『あ・・・そろそろ頂上じゃない?』

和 『そうだね。どうする?』

智 『どっちから撮ってるんだ?』

和 『ほら、あそこだよ。』

カメラマンを指差して位置を教えた。

智 『完全に映んないなら事務所からNG喰らわないだろ』

和 『ええ?』

俺はニノの肩を抱いてカメラマンの角度からは
完全に死角になるように体勢を考えて
真上に来た瞬間にブチュッとキスをした。

和 『///ちょっ・・・本当にするヤツがあるかよ!』

俺から慌てて離れるニノ。
顔が尋常じゃないくらい真っ赤になってる。

智 『いいじゃん。デートなんだから』

和 『ダメだよ、仕事だろっ』

智 『カメラには絶対写ってないから大丈夫だってば。』

和 『でも・・・流石にそれっぽく写ってるって。
なんて説明するんだよっ』

智 『チューするフリをしたって言えばいいよ(笑)』

観覧車が1周して、俺達は観覧車を降りて外のスタッフの元に行く。
何か言われるって思って構えてたけど
俺達のキスの事には誰も全く触れて来ない。
やっぱり角度からしてカメラが捕らえきれなかったんだよ。
心配して損した。

およそ2時間の仕事を利用した俺達の
ガチデートは終了した。

和 『大野さん、これから又仕事?』

智 『うん・・・お前もだよな?』

俺達は別々の迎えの車に乗り込んだ。

 

 

 

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。