おいらの憂鬱,  君への想いを,  第5章

おいらの憂鬱③

第5章

おいらの憂鬱③

 

 

 

番組の収録中も俺はニノの事ばかり目で追ってしまう。
ハァ・・・あまりにも切な過ぎるよ。

ニノは俺と一緒に居れなくても平気なのかな?
こんな想いしてるのは俺だけなのかな?

なるべくニノの近くに居たくて
俺は距離をじわじわと縮めようとするけど
今日はニノが俺を遠ざけてるように感じてならない。

さっき楽屋であんなことしたから怒ってるのかな?
だけど少しは俺の気持ち分かってくれてもいいのに。

ス 「それでは10分間休憩入りま~す」

ニノが俺の方につかつかと近付いてくる。

和 「ちょっと、仕事中はいい加減その仏頂面はやめろよ。」

智 「ニノは平気なのか?」

和 「もう、平気なわけないだろっ。でも仕事中は考えても仕方ないよ。
いつまでもそんな顔してたら、メンバーにも怪しまれるでしょ。」

智 「わかってるよ・・・」

和 「収録が終わったら、一緒にご飯行きましょう。」

智 「ホントに?」

和 「うん。約束するから・・・」

それを聞いてたちまちやる気が出る俺・・・
なんて単純なんだろうって自分でも呆れてしまう。
だけど、今は仕事なんかよりニノの事で頭の中は一杯なんだ。

まさかここまで惚れちゃうなんて
自分でもビックリしてる。
もうさ、俺からニノ取り上げたら
何にも残んないんじゃねえか?ってなくらい今の俺はニノの事が愛おしい。

その後の収録もなんとかスムーズに終わり
ようやく帰りの時間が近付いた。

俺は足早に楽屋に戻り衣装から私服に着替えて
マネージャーの車に乗り込んだ。

智 「ごめん、今からニノも一緒に飯食べに行くんだ。
送ってもらって良いかな?」

マ 「大野さんは明日お休みでしたね。
今日はニ宮さんのお宅へお送りするとイイですか?」

智 「あっ・・・そうか。そうだよね。
おいらがニノんちに行けばいいんだ。」

そんな簡単なことも思い浮かばないなんて
俺って馬鹿だなぁ・・・。

和 「お待たせしました。」

ニノが遅れて車に乗り込んだ。

智 「それじゃ、行こうか。」

和 「何処に行きます?」

智 「お前んちに行く。」

和 「ええっ?外で食べるんじゃなかったの?」

智 「おいら明日は休みなんだ。」

和 「いいなぁ。自分ばっかり・・・」

智 「とにかくお前んち行こう。」

和 「本当に言ってるの?」

智 「なんだよ。行ったらマズイ事でも有るのかよ?」

和 「そうじゃないけど、俺んち何も食べ物無いよ。」

智 「いいよ。おいらお前んちでニノの事食べるから。」

それを聞いてたマネージャーが大爆笑。

和 「馬鹿じゃないの?」

マ 「あ・・・すみません。つい大野さんが可笑しくて(笑)」

和 「違うよ、今のはリーダーに言ったんだよ。」

智 「悪いけど何処かスーパーにでも寄って貰えるかな?」

マ 「あ、はい・・・分かりました。任せて下さい。」

ということで、急遽俺はニノのマンションへ向かう事にした。
ニノもなんだかんだ言って嬉しそうにしてる。
俺はニノの手をギュッと握ってじっとニノの目を見つめた。

ああ・・・早く抱き締めたいよ。
早くキスしたい・・・。
俺は握った手に力を込める。

マ 「スーパー、こちらでいいですか?なんなら私
買い物してきましょうか?」

智 「え?いいの?」

マ 「お二人はここで待ってて下さい。直ぐに戻りますから。」

俺は弁当やビールやつまみを適当に頼んだ。

マ 「何かあったら電話下さい。」

そう言ってスーパーの中に足早に消えていった。

和 「マネージャー、随分気が利きますね。」

智 「ニノ・・・早くっ!」

和 「えっ?何?」

智 「今のうちに早くチューして!」

和 「ええ?我慢しろよ。」

智 「ちょっとだけ。お願い・・・」

和 「マネージャー直ぐ戻るって・・・」

智 「だから早くってば。」

和 「何よもう・・・仕方ないなァ・・・」

車内はカーテン張ってあるから
外からは中の様子は見えないから
ニノは俺の肩に両手を置いて
唇を窄めながら近付けた。

だけど、焦らしてなかなかしようとしないから
結局俺の方から唇を押し当てた。

ニノだって我慢してたに違いない。
その証拠に直ぐに俺の舌を迎え入れた。

和 『んっ・・んはっ・・・んんっ』

10日も愛し合ってない俺達は
我慢の限界通り越しちゃってたから
シートに押し倒して、そのキスはエスカレートしていく。

智 「んっ・・・ニノ・・・も・・・好きッ・・・」

和 「ちょっと・・・そろそろ戻って来るって!」

ニノが起き上がろうと俺の身体を無理矢理引き離す。
そのタイミングでマネージャーが戻って来た。

マ 「すみません、レジがもたついちゃって。」

ニノが気まずそうに口の端から零れかけた
唾液を片手でゆっくりと拭った。
そんなニノを見て、マネージャーが何かを察したみたいで
コホンッてひとつ咳払いをして、

マ 「そ、それじゃニ宮さんちに向かいますねっ。」

そう言って車を発車させた。

 

 

つづく

妄想小説が好きで自身でも書いています。 アイドルグループ嵐の大宮コンビが特に好きで、二人をモチーフにした 二次小説が中心のお話を書いています。 ブログを始めて7年目。お話を書き始めて約4年。 妄想小説を書くことが日常になってしまったアラフィフライターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。